女を捨てる

髪をばっさり切った。
イケメンパラダイスの堀北真希なみに短い。
男の子みたいだ…。
いい機会だからセックスとかに依存すんのはやめようと思う。
外見が女っぽくないのに女らしく接するのは気持ち悪いから。
レンにも会いづらい…
妹が弟になっちゃったよお兄ちゃん。
もーセックスできない!
だって男の子みたいなんに可愛く喘げない!
自立しないと…
可愛くなりたかったのに、気分でばっさり切っちゃって、
しかも段カットが激しいからほんとに男の子みたいだ。
後悔…
早く伸びてー

愛をしたい。

普通に、
出会って、
話してるうちに仲良くなって、
段々好きになってきて、
相手も同じ気持ちで、
告白されて、←重要
付き合って、
初々しくデートとかして、
手を繋いで、
部屋に遊びに行って、
抱き締められて、
キスして、
何回か繰り返すうちに、
セックスもするようになって、
記念日やイベントをお祝いして、
楽しくて幸せで…
ケンカをするたび絆が深まって、
何年かして結婚を意識するようになって、
ある日突然プロポーズされて、
籍を入れてから結婚式をして、
新婚生活を楽しんだら、
子供が生まれて、
子育てを四苦八苦して、
成長過程を見守って、

そんな、普通の恋愛がしたい。
普通の愛がほしい。
一般的な、愛をしたい。

浮き沈み

やっぱレンは分からない。
私は週末、毎週のように地元に逃げ帰ってる。
昨日も地元に帰るために電車に揺られていたら、レンがメールで「寂しいから帰ってきなよ〜(笑)」と言ってきた。
レンには帰ることを内緒にしていたから、「しょーがないからレンに会いに行く〜^^」と返して、会ってきた。
…毎週帰ってるなんてカッコ悪くて言えない。
夜10時頃に会って、家に行ってじゃれて遊んだ。
レン「ほんとに俺に会いに帰ってきたの?(笑)」
私「うん♪」
レン「えぇーっ(笑)まじで!?重いわぁ…」
私「…でも明日美容院行くから、それも兼ねて」
レン「あ、なんだぁ、だったらいいけど」
重いなんて聞きたくなかったのよ。
そう言ったら嬉しいかなぁと思ったけど、帰ってきたのは聞きたくなかった言葉だった。
機嫌とりなんてすんじゃなかった。
そんなに気にしないけどね。
レンにとって私はそんな重要じゃないことは知ってるから。
そのまま泊まって、昼まで寝て、ちょっと掃除して、出前とってご飯食べて、セックスして、テレビ観て、横になって話して、レンのバイトの時間になったから家まで送ってもらった。
レンはそんなに性欲旺盛じゃないらしく、一日一回出来ればいい感じだ。
いつも正常位以外しないんだけど今日は横にされて奥がんがん突かれた。
奥好きだからきもちよかった…。
バイト前にごろごろしながら話してる時に、「俺に彼女できてもこーやって会えばいいじゃん。あっ、えっちはしないけどね?(笑)」とレンが言ってきた。
前も言われたけど、私が彼女だったらそんな彼氏いやだ。
レン「でも俺、彼女ほしいけど、まだ大事にできないと思うから彼女つくっちゃいけない気もするんだよねー。まず出会いがないし!」
出会いなんて、バイト新しく始めるみたいだし分からないじゃない。
あ、レンが私の手の甲にボールペンで落書きをした。
桜のマークとLoveって描いた。レンはタトゥーのデザインをするのが好きだから気まぐれで描いたんだろうけど、Loveって、おい。
勘違いしちゃうから描くな!
怖くて訊けないんだ。
自分のことをどう思ってるか、とか、どんな存在だとか。
怖い。

深み

「寂しいよー」
レンがメールをしてきた。
もし私が地元に居たら、すぐに会いに行くのに。
だから「よしよし^^すきだよー」と送ってみた。
好きって言われると、安心すると思ったから。
私は、遠恋してるとき、そう言われると寂しさが紛れたから。
でもレンは「ぞっこん!?」とか言って、伝わらなかったようだ。
まーいいけど。
レンは何回も「俺に惚れすぎたらダメだよ^^」と言う。
わかってるよ。
惚れたって、きっといいことない。
遠恋もいや。
それに、私、まだ彼のこと引きずってるから。
レンに本気になることはないよ。

好きの意味

レンは時々、なんの前触れもなく「スキだよ」と言ってくる。
会ってる時にスキと言われた時は、私は「うん^^」と笑って返すんだけど、レンは毎回「ちゃんとスキって言ってー!」と甘えてくる。
かわいいけど、何を意図してそんなこと言って、言わせるのか。
ただ安心したいのかな…
メールでも時々「スキ」と言ってくる。
さすがにメールで「うん」だけだと可哀想だから私も「すき」と返す。
ちなみに私は、ハートの絵文字は彼氏と女友達以外には使わないと決めているから、レンにも一切使わない。
レンは気付いてるのかな。
今日メールで「俺に彼女ができたら嫉妬する?」と訊かれた。
私は「嫉妬より悲しいかも。でもお兄ちゃんが幸せになるならいーや♪」と返した。
私だって嫉妬くらいするかもしれないけど、今のところ本気で好きにならないようにしてるから多分大丈夫。
するとレンは「幸せにしてくれるんじゃないの?」なんて冗談めかしく訊いてきて、本気とも嘘ともとれないから困った。
レンが私をどう見てるか知らないけど、少なくとも、本気で好きじゃないのは確かだ。
私とレンの間に、これ以上の何かはきっと芽生えない。
愛されないし、愛せない。
レンは私を求めているわけではなく、誰でもいいから愛されたいだけ、幸せを与えられたいだけ。
そんな相手を幸せになど出来ない。
幸せにする自信はない。
色んな意味をこめて
「ゼロから幸せを作り出せるほど強くないよ」
と返したら、
「ばかめぇ〜」と返された。
意味わからん!
レンは私なんか居なくても、生きていけるくせに。
いちいち言動がずるい男だ。
<<prev next>>
カレンダー
<< 2009年04月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アーカイブ