灰色

誰にヤられてもなにも思わなかった私は消えてしまった
好きでもない男とキスをするのもせっくすするのも気持ち悪くて反吐が出る
得体の知れない人間とするのはもっとやだ
レイプで傷付く女性の心理が理解できなかった私はいなくなってしまった
今ならあすかちゃんがあの日に泣いていたのも理解出来る
私はクズなことしたんだ
風俗で働いてる人たちは心のどこかが麻痺してるのかも
自分を守って大切に思う心とか
自分の価値とか
偏ったプライドや建前で気丈に振舞ってるけど
心のどこかは壊れてて識別がついてない
あくまで想像だけど
簡単にヤラセる女は自分が大事じゃないんだよ
語彙力がなくて上手く言えないけど
そこに女である価値を見出してたり人として必要とされてると勘違いしていたり
下品な目で見られないと、それ以外なにも持ってないから、そんな自分にも気づきたくないしもう見てすらいないけど、バカで下品な目の中に映ってるのは確かに自分自身だから
気持ちいいから誰にでも股を開く、そういうんじゃなくて、気持ちよくなくても誰にでも股を開くんだ
単にお金がいいから風俗で働ける、わけないよ
絶対どっか壊れててなにか失ってる
私はそうだったよ
私は、お金なんてもらってなかったけどほいほい誰とでもやってた
でもその時は大してそんな重大なことだと思ってなかった
下品な男はバカだから、女の方の心が欠如してることなんて見てなくて、ただ外見と穴だけを見て生きて動く人形と一発やって満足してる
女が傷ついてようとなにしようと関係ない
女も女で、失っていってることにも気付かないまま自分の価値を信じている
でも最近の私は違って
無闇に触られれば不快だし合意なくやられたらきっと泣くだろうな
今の私清いから
好きでもない人とは、もうほんとに吐き気がするほど無理だ
でも好きな人とするのはすごく嬉しくて気持ちがいい
普通の感覚に戻れてうれしい反面
男が怖くなったりもする
30手前にしてこんなふうに普通になってしまって売れ残るだろうなとは思う
でもなぁ
なんとなく目を上げたら灰色が広がってるようなあの感覚に戻りたいとは思わないんだ
健常すぎてたまに不安になるけど
どうにもできないよもう。

清々する

△さん仕事辞めるって
愚痴地獄からは解放されるけど、△さんは結構ここの職場で優遇されてたし甘やかされてたのに愚痴ってばっかりだったから、きっとどこ行っても同じなんだろうな
ここの職場は自分で効率や率先してやることを見つけるような自主的な職場なのだけど、自分からは仕事しない△さんには向いてなかったんだろう
暇だ暇だってスマホいじってばっかりだったけどやることはいくらでもあるよ
「〇〇さんは仕事いっぱい任されて私は要らないですよね」なんてよく言ってたけど雑務は山ほどあるのに…
日勤の間に頼まれた仕事を夜勤の△さんに譲っても△さんは「これ私の仕事じゃないんですけど」みたいな態度だったから譲らないでやってたけど
知らないからやらないとか言われてないからただぼーっとしてるってのはここでは間違い
少なくなった現品票のコピーとってくるくらいできるだろうが
私よりここ長いんだから社員がそれをやってくれないことくらい知ってるだろうが
じゃあ誰がやるんだよ、手が空いてる派遣だろ
夜勤ばっかりで体がおかしいから夜勤はやりたくない、でも日勤は社員が多くてやりづらいから日勤には移動したくない。
夕勤になったらなったで今度は12時間拘束がいやだ、私は何すればいいですか、私必要ないですよね?やりがいのない職場だから早く辞めたい、でも私が必要ですよね?私は真面目だから言われたことしかできない、何か頼まれたら頼まれたでなんで私がこんな仕事しなきゃいけないんですか、、、、
はー????
ってことがいっぱいあった
お前それ本気で言ってんの?ってことばっかり
どっか感覚がおかしいんだろうな
そのくせ誰も私の辛さをわかってくれないって定期的に泣く
悪いのは全部周りで自分は可哀想でなにも悪くない
ほんと、もっと早く居なくなってくれてよかったよ
毎回変なこと聞かされ続けてストレスやばかったんだ
△さんはきっと環境や性格からそんなクズになっちゃったんだろうけど
誰もそれを気付かせてくれないような人望しかないんだろう
自分でもなにも改めないし
35にもなってあれじゃあ今後変わることはないかもしれないね
さようならー。

拍手返事

遅くなりましてごめんなさい。
感性を認めてもらえるとほっとします、ありがとうございます。
空拍手の方々もいつもありがとうございます。

△さん

リスカの跡っていうのはどうしても消えなくて、それはもうやっちゃったことだから自分の一部として認めなきゃいけない
今日職場の困ったお姉さん(仮に△さん)にリスカのあとに気づかれてしまって、自分が精神を病んでたことを軽く言ったんだ
そんでもって「△さんはリスカどう思いますか」って聞いてしまったんだ
あいつなんて答えたと思う?
「私も昔ハサミで腕を切ろうとしたことはありますけど血が出るまでは切りませんでした、あー、私ももっと派手にやっとけばよかった」
だって


お前ほんと自分がかわいいんだね
そうだよなお前が優しいって言う人ってだいたい自分に甘い言葉かけてくれる人のことだもんな
大丈夫?△さんはすごく頑張っててえらいよ。って言ってもらいたいからいつも自分は疲れてて頑張ってて可哀想だって周りに言いふらしてるんだもんな
口を開けばあの人がやだこれがやだあれがムカつくこれが気に入らない疲れた疲れたもうやだやだやだばっかり
もっと派手にやっとけばよかった?
かまってもらえるから?哀れんでもらえるから?自分が可哀想な人だって認めてもらって可愛がってほしいから?
ほんと心底嫌いになったよ
大嫌い
ただの弱虫、未熟なまま
切れなかったからじゃないよ
自分の弱いとこ悪いとこから目を逸らして周りの人間環境にばかり文句たれて
自分は不幸だって訴えて
くそむかつく
見直せよ見習えよ改めろよ自分が変わらなきゃ周りなんて微塵も変わらねーよ

本気で後悔した
聞くんじゃなかった
流せばよかった
少しでも共感して改善が見込めればと期待した自分が本当に馬鹿だった
お前の腐った甘ったれた脳みそなんか一生直らねーよ


人は見た目から入るんだよそれは変えられないんだよ
中身を見て欲しいなら興味を持ってもらえるような外見になれよ
話しかけやすい雰囲気を作れよ
そんなぶーたれた無愛想な顔でいられても声なんてかけてもらえねーから
周りに身勝手に期待して応えてくれないから嫌われる前に自分から嫌って守ってるつもりなのかもしれないけど我が身可愛さにそんなことばっかりしてるやつに誰も同情なんかしねーし
ほんときらいだいきらい
顔も見たくない
心底がっかりした

もう二度と優しくなんてしてやらねーからな
私はお前がほんとーに心の底からきらいだ

18祭

18祭を観た
なんかテレビつけたらやってた
私は18の時あんなに情熱的になれなかった
大人はみんな別の生き物だと思ってたし
自分より長く生きてるくせに知ったかぶりで18の私を決めつけて
くたびれた世の中のレールから外れないように守るふりして縛り付けるだけの存在
可能性や冒険を許さないおとなしい生き物
おとなしい、とはまさに大人のことなんだと思ってた
世界は曇ってて虚しくて
知りたくもないことを毎日のように学び
同級生はみんな仮面を被っててくだらない共感を得ようとくだらない悪口ばかり
ちょっとグレてるやつが偉くてオシャレでイケてて、垢抜けなくても真っ当なやつほどバカにされた
自分を持つより人に合わせることでしか生きられない
学校は狭くて醜くて心を押し込められるようなところだった
社会の縮図とよく言われるけど、私からしたら社会に出たほうがよっぽど心は軽くなった
青春、なんて微塵も感じられない18歳だった
18祭に出ていた人たちは、一歩踏み出すために、変わるために、未来に希望をもつために、動機は違えど同じような志で集い歌っていた
涙、躍動感、感動
歌ってすごいなぁ、改めて思った
それよりも18歳ってこんなにキラキラして希望に溢れてるんだなぁ、と
眩しくて希望に溢れた若者がいる現代を目の当たりにしたようで、感涙した
いいなぁ、よりも、すごい、素晴らしいな、と思った
仕事で疲れてたせいもあるのか、18歳が流す美しい涙を見て、自分も泣いてた
歳とったなぁ、涙脆くていかんわ
<<prev next>>
カレンダー
<< 2018年12月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アーカイブ