ばか

男とか女とか考えたくない同じ人間だし
学生の時は好きなだけで良かったのに大人になったらそれだけじゃダメになった
昔は婚活アラサーを見て、そんな必死にならなくても、とか、経済力にこだわりすぎでしょ、とか、文句言えるほどだったのに
今では、まぁたしかに、と納得してしまう
もう恋愛で結婚できるほど夢が見れない
現実的過ぎてそうなってしまうのはわかる
明確に、具体的に、確実に、と将来を不安がるためにそんな考えになってしまうんだろ
でも男性のようにこの子を守りたい、幸せにしたい、というモチベーションだけで結婚できたらいいな、と思う
具体的な例がなくてもモチベーションだけで乗り切れる方が生きやすいのは確かでしょ
「好きだから頑張る」「何故好きでどう頑張るのか」「幸せにする」「どういった面でどの様にどの定義で幸せにするのか」
こんなやりとりはしてるだけでモチベが下がる
なんとなく生きてる方が生きやすい
男性がバカとか浅はかとか言ってるんじゃなくて
凝り固まってる女性は苦悩も多いし生きづらい
男性のがよっぽど利口ってこと
もちろん育児家事で頭を使うのは必要不可欠だけど、そこはまた難しい問題で
男性が浮気をするのは真剣な女性は自分に夢見てくれないからで
若い浅はかなくらいがちょうどいいんだ
真面目は馬鹿を見るんだよ
だったら気を張ってるほうが馬鹿らしい
そう思ってしまう私も凝り固まった女性なのだ

ママ

友達が彼女に振られて凹んでた
振られた理由がパートナーとして相応しくなかった、だそうで
彼女は結婚を意識して付き合ってたんだろうなぁと思う
彼氏としては好きだけど結婚していっしょに生活するのは無理だったんだろうなぁ
ただ遊んでる時は好きだけど結婚は…っていうのはよくわかる
支えたいとか助けたいとか思うけど
彼氏のママになりたいとは思わない
家事のひとつもできてないでどうやっていっしょに暮らせと?金銭的にルーズな人とどうやって協力しろと?
よく言い訳で聞くのが「家にお金入れてるからやってもらってる、感謝はしてる」
金銭面で自立してるのも親に感謝できてるのもよく分かったけど、経済的な自立と生活能力の自立はイコールではないじゃん
自分の生活能力の無さを補ってもらうために親にお金渡してる、偉いでしょ、よりも、親に助けてもらわないと生活できない自分が情けない、と思わない限り自立するのは難しいだろうね
彼女が結婚したら仕事辞めて家を守るなら彼氏は経済的な自立だけでもいいとは思うよ
でも今のご時世共働きも多い
お互い働いてて同じ家に帰って彼女が世話を焼くなんて酷だと思わないのか
理想はお互い協力して支え合って生きたいのに、それが叶わない相手だと分かったから彼女は離れていったんだろうね
結婚して突然家事ができるようになる人なんていないもん
普段からやってないなら、やってもらって当たり前という感覚になるのは時間の問題だしね
お世話してもらいたいならママが死ぬまでずっとママに甘えてればいいじゃん
ママが死んだら家政婦でも雇えばいいじゃん
多くの女性は「セックスできるあなたの母親」になんてなりたくないよ
女は家の事やって当たり前と思ってるなら、
男は金、と思われてもしょうがないよね?

だいぶ感情的になってしまった…クールダウンしよ…

疲労

なんだか煮え切らない
不満が山ほどあってもどれもこれも未解決
ムカついても矛先をどこにやればいいのかわからずモヤモヤが溜まる
何に不満があったのか分からなくなって睡眠がどんどん浅くなる
なんだか
なんだか元気が出なくて
疲れてくる
はぁ…
<<prev next>>
カレンダー
<< 2019年02月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
アーカイブ