レン

レンは私が気に入らないらしく
会いに来なくていいと言った
残業の後毎日会いに行ってた
日曜日しか休みがないからデートは忙しかった
仕事とゲームで腱鞘炎になりぎみの私
毎日モンハンやりたくない休みたい
でもレンはそれが気に入らない
仕事辞めれば?会う時間少ないしデートは疲れるしモンハンも進まないし貯金も出来てないし
結局一人暮らしするとか言ってしてないし一緒に住んでもくれないし
俺を一番にしてくれない
俺はこんなに○○のこと想ってるのに○○は何にもしてくれない
いつも口だけ
何のために生きてるの?
私が何してるかって?
毎日会いに来てるじゃん
疲れてても具合悪くてもニコニコしてるじゃん
指痛くてもゲームしてるよ
食費だってデート代だって出してるし
毎月お小遣いだってあげてる
会いに来るガソリン代は全部私持ちだし
部屋の片付けだってしてる
痛いセックスだって演技してるよ
レンを想ってやってるよ
何がいけないの?
なぜ怒るの
会いに来なくていいと言うの
わたしが悲しい時苦しい時何もしてくれないのはレンじゃん
私が悪いのかな
全部。

どうしたいのか本当は分かってるのかもしれない
でも認められない現実から逃げるように目を逸らしてどれが本音なのか分からなくしてる
本当は、本当は、本当はね

欲求は愚かしい
自分の欲を抑えられない曲げられない
中途半端に諦めた振りをしては隙をみて叶えようと足掻くから上手くいかない
本当はどうしたいの?
なんで隠すの?貫かないの?
だって、だってさ、ただの我儘だから
筋を通すには頭が足りなくて周りを納得させられないの
だから下手くそだけど地味にバレないように、目を盗んでは手を伸ばすよ
大概失敗すんだけどさ
諦めが良ければ丸く収まるのに
足掻けないほど追い込まれたいよ
絶望するほど打ち砕いてほしい

私なんか壊れればいいのに
なかなか頑丈でそこがまた気に入らない
無様で滑稽だね

無理

本当は家族を大切にしたかった
レンも同じくらい大切にしたかった
でもレンの理想は
家族より自分をとって欲しくて家族にかける時間や労力すべて自分にかけて欲しいんだろう
上面では家族を大切にしなとか何とか言ってるけど
最後には
俺は?
って感じだし
毎日残業で疲れてても会いに行ってるのに当たり前みたいに
両親が断固反対してるの知ってて
むしろ一緒に住めば良いのに、と言ってくる
生活保護なんだから私を養えないくせに
仕事辞めれば?とか言ってくる
疲れたよ
私がレンをとったんだから耐えなきゃいけないのに
疲れたよ…疲れちゃった

何ヶ月も

なんにも上手くいかない

悩み

悩みごとを誰かに相談するのは得意じゃない
結局決めるのは自分だし
誰かの時間を奪ってまで相談したくない
第一、快く聞いてくれるとも思えない
本当は聞きたくもないんじゃないか、とか、私は話下手だから途中で訳分からなくなってしまうんじゃないか、とか、私の悩みの小ささを指摘されたくない、とか、そもそも悩みじゃなくてただの愚痴になってしまうんじゃないか、とか…
とにかく色々思って、いつも一人で悶々としてる
愚痴もね、上記のような理由で誰にも言えない
ブログとかだったら独り言みたいなものだから書けるんだけど
愚痴なんか更に、一般的な解決策が見えてるから愚痴れない
不満だったら改善すればいいだけだし
でも本当は誰かに聞いて欲しいし分かってもらいたい気持ちもある
出来ないけど
話したら話したで、何か言われて納得出来ないと思うし
頑固だから自分で自分の首を締めてるんだろうな
くだらないな

いま

家族よりレンをとった私
いまだ迷惑をかけながら中途半端に生きてる
両親にはとても心配されてるけど、忠告を聞かない私に半ば疲れているよう
申し訳ないけど私は現状を維持するのに精一杯で、何かを変えようなんて思ってない
レンに染まりきれない自分に苛立つ
いっそ洗脳されてしまえば善悪の基準だって変わるのに、自分を捨てきれない、捨てたくないと思ってるあたりまだ悪足掻きをしてると思う
会社の同年代の人の、飲み会に行ったとか欲しいものを買ったとか旅行に行ったとか、普通の若者がするような話を聞くと正直羨ましくて、胸が苦しくなる
私はなんで出来ないんだろう
レンを選んだからだ
そう思うとレンが憎くなったりする
でもそんなのただの八つ当たりで、自分で選んだのだから自業自得なんだ
欲を捨てきれない自分に嫌気が差す
もう悟りを開くために僧侶にでもなろうか
結局死にきれないんだから
どうにかして変わって行かないといけないのは分かってるけど
変化も終わりも新しきも全部怖くてなにも出来ない
私はいつ死ねるんだろ?
全然、簡単じゃないな。
<<prev next>>
カレンダー
<< 2012年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ