今日

今朝、もう入院でもいいや…と呟いたら
父親と一緒に病院へ行くはめに
で、先生と父親が話し合った結果
とりあえず入院は保留ということに
その代わり毎日デイケアにくること!
毎日注射を打ちにくること!
だと……めんどくさぁ
ほっといてよ……
その後ホットペッパーで予約した美容院へ
とりあえずショートにしてください
と頼み
どんな感じがいいのか話し合った結果
男の子に変身……
Facebookのプロフ画はロングの時のだから
自撮りして変えたのね
そしたらイケメン言われた!
複雑!
メイクすればちょっとは変わるわよ!
にしても
ほんと前のゆーくんと同じような髪型に…
ゆーくんのが長いんじゃない?
ビフォーアフターは後でリアタイにうぷします
そして今日は食べ過ぎでお腹痛い……
ヨーグルトとおにぎり二つと酢豚と豆腐…
気持ち悪いなり……

入院

なんかよ……入院をオススメされたよ…
転覆してるし良くなろうとしてないじゃん!
て言われてグサァーっときた
はぁ、まぁ、良くなろうと努力はしてない
むしろそんな元気もない
ふふ
でも入院は嫌なのでどうにかしなきゃ
規則正しい生活すればいいの?
デイケア来れば満足?
まず金がねぇっつってんだろ
2、3ヶ月も入院とか笑えない
くそ笑えない
でもゆーくんにも会えないし
この際入院でもいっかなぁ……
いっかぁ
そうなると髪が邪魔なので
バッサリ切りたいとこだが
みんなロングのが似合うって言うし
12月の友達の結婚式は出れるのかな?
出たいな
髪も染めないと
いや
入院しないためには
どうしたらいいのか考えなくては
誰か相談に乗ってよーーー

無題

私だけきみの色んな過去や夢ばかりにすがって
私だけ現実を受け止めきれなくて
私だけ取り残されて前を向けなくて
私だけこんな思いして卑怯だとか思ってて
なんにもあたたかさを感じない自分がいる
そういう時はどうしたらいい?
なんかそれすらわからない
好きな人と自由に会えないことがこんなにもツラく悲しく虚しいことだとは思ってなくて
今まで頻繁に会ってきてた人たちの気持ちを考えたら頼るものが他になかったのね、て感じで
勇樹もレンも愛情に乏しい人ばかり
私に執着してがんじがらめにしていたのね
ゆーくんにはそんな思いはしてほしくないけど
時々苦しくなってきみを手放したくなる
こんな想いはいらないんだ、てね
ねぇ好きなの?
なにが?どこが?
実際重くね?めんどくさくね?
今普通に生活できてるみたいだし
そりゃ嬉しいけど妬ましいです
ゆーくんは私を手放しても帰るとこがある
私はゆーくんを手放したら無一文になる
これはおかしな考えか?
私にはなにもないよ、それはいい事でもあるけど生きる目的のない私が明日を望んだところでまた虚しく夜を越えることになる
クソみたいな毎日
どわぁあぁあ
毎日が長くて特に当てもなく生きて
誰のことも信用できない
どうせあなたはあれでしょ?
きみはこうでしょ?
お前はそれなんだろ?
はー?
ぱどぅーん?
そんな不信な毎日を送ることが億劫で
死にたくなる
わたしはだれなの?
自分のことすら分からなくなる
ただの人間と
ただの幽霊が
ひとつの身体を取り合いしている
そんな妄想
………………疲れたよ

変な夢
3年後くらいの話
みんなみんな大人になっててなぜかゆーくんはまるっと3年ムショに居たみたいで
みんなと久しぶりに再会する感じで、夏で
田舎に集まって、みんなでゆーくんを待ってた
久しぶりに会えたゆーくんは
いつもと変わらないゆーくんだった
でもぜんぶ片付けたんだって
ぜんぶきれいにしてきたんだって
だからもう自由できれいでなにもなくて
一からのスタート
って感じの変な夢
私の願望か?
でも回想でゆーくんは途中別の女性と付き合ってて自転車の後ろに座る私は、ねぇもう別れなよ!って言ってたけどゆーくんは無言だった
3年…なが……
私はどーしたらいいの?

悪夢

すごい夢みた
私が男装して通勤してるパナソニックに
ある日突然オーディションみたいのがあり
なんとhyde様登場
でもそのオーディションはhydeのセフレを
探すためのオーディションで
男装で通勤してた私は珍しがられ
一夜限りhydeとふたりで会うことを許された
でもよく聞けばおかしな噂ばかり
実はhydeはカニバリズムの持ち主で
可愛い女やかっこいい男と交わりながら
食う=殺す、ことを目的としていて
お金で解決しているので捕まってはいない
私には彼女がいて
彼女もオーディションに受かり
hydeとふたりで会う約束をしていた
次の日hydeと夜会うことになり
カニバリズムの核心を得た言動を繰り返すhydeに私はただ怒りとこの犯罪を止めたい一心で自らこいつを止めなくてはならないと警察と掛け合ってhydeを現行犯逮捕することにした
どうしても彼女を守りたかった
hydeは都内ではヤらない
県外の色んな各地でカニバリズムを楽しんでは死体を捨てて行く
普通の友達のように待ち合わせて
都内から出発
サービスエリアなどでちょいちょい休憩を挟みながら目的地に向かう中
警察もこっそりと尾行
んでそろそろ目的地に着くかなーと
いうとこで目が覚めた!
ををををーーーーー
怖い夢だったぞ
なんだったんだ
こわ…カニバリズムこわ……
<<prev next>>
カレンダー
<< 2015年09月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
アーカイブ