病気

性病のカンジダになってしまった。
まぁ誰かからもらったとかじゃなくてよかった。
女性の身体の不調から発生するものらしく、10日ほどで治るそう。
薬を入れてもらった。
レンになんて言おう…理解してくれるかな。
どうしよう。
セックスしないなら私なんか居る意味がないのに。
下手したら誰からも必要とされなくなる。
人間性に面白みのない私が居ていい理由なんて。
不安が…

重い

「離れないでね、離さないけど。」
小栗くんの言葉が重い。
「大好き」と言われるたび罪悪感が募る。
早くしなきゃ、傷が深くなる前に。
あなたが思ってるほど私はきれいな心を持ってないよ。
純粋でもないし、あなたを好きじゃない。
利用したの。
一個しか違わないのに小栗くんは随分純粋で、素直で幼い。
考えが少し子供。
やだな、影響させたくない。
傷つけたくない。
傷つけたくない。
あなたに見せてるのは嘘の私なの、本当じゃないから。
私が優しくするから、それが心地好いから好きなんでしょ?
私のなにを知ってるんだよ。
胃が痛む…
自分で撒いた種なのに…

レンと私

レン「○○…
結婚したぃくらぃ好きかも
ドキドキしてる…」
今日いきなり言われて、びっくりした。
動揺した。
小栗くんに好きって言われるより何倍も嬉しくてドキドキした。
レンのこと好きなの? 私。
どうしよう。
どう返信していいか分からず、なんとなくで返信してたら、「どっちかって言ったら付き合いたい!?付き合いたくない!?」と訊かれた。
結果、流された。
流されたー!!!
レンと付き合うことになった。
自分ばか?
でもレンは憧れだったの。
だからいいのかな。
これは言い訳?
流された自分への言い訳?
レンに抱いてた不安定な気持ち。
この距離だから好きだと思ってたかもしれないのに。
てか小栗くんのこと片付いてない。
どうしよう。
だらしない女、絶対にいつか痛い目みる。
レンに殺されるかも。
小栗くんを最大に傷付けるかも。
最終的にまた独りになるかも。
どうにかしなきゃ…これって一応二股みたいなものだ。
二股はいやだ、割りきれない関係はめんどくさい。
どうしよう。

契約違反

半年だけの関係だって言ったのに、「別れないしずっといっしょだもん」だって。
どーしちゃったのかな。
付き合ったばかりの熱に浮かされているのかも。
「マジ本当に大好きなんだよ
そういうこと言われると、困る。
どうしていいのか分からない。
私なんかを買い被りすぎだし、遠恋なんて続くわけないでしょ。
もう懲り懲りなの、会えない距離で神経を磨り減らすのは。
必要とされるのは嬉しいよ。
でもなんか違うの、これは私の我が侭だけど、君を愛せる自身がない。
可愛いけど、優しいけど、嬉しいけど、ごめんね。
私には事を荒立てる勇気がありません。
早く私に飽きてくれ。

無題

やばい、落ちる
死ねる
思い出に苦しむのはもう嫌だ
誰の好意も受け取る資格無し
生きたいのに
あなたがいなきゃ生きてる意味なんてない
あなたの心が欲しい
勇樹の腕の中で死にたい
<<prev next>>
カレンダー
<< 2009年07月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アーカイブ