ギスギス

オタ君にはキャパがない。
仕事以外のストレスをひとつでも抱えると仕事に支障が出るくらいキャパがない。
支障が出ると更に悪い方向にしかいかない。
それはいっしょに過ごしていくうちにわかった。
だから私はストレスを与えない。
大事なことも言えない。
休みの日でも言わない。
平日も休日もストレスばっかりだ、ってなるから。
真面目な話や考えるべき現実を、仕事をしてるとできない人なんだろうな、と思う。
昨日LINEですこし真面目な話を振ってみたら案の定、考え込んであんまり眠れなかったから眠い、遅刻した、と言われた。
お前のせいだ、って言いたいんだろうね。
昨日のギスギスは昨日で終わったと思ったよ、だって仲直りしてたし。
朝また蒸し返してきてそれで私がごめんって落ち込む様子を見せると、気分転換しよ?だと。
お前が蒸し返してきたくせに随分横暴だな。
わがまま勝手な人だな。
なんかそんな相性ならいらないかな、
楽しいことだけしか共有できないならセフレとかでいいよ。結婚は無理。
うーん
むり。

新年愚痴

うーん、生理前だからか、オタ君の子ども具合にイライラする…
もう28なのに、今年で29なのに、家の事なんもしないの。
料理も洗濯も掃除も…自分の部屋を掃除するくらい。
全部ママ。
ママがごはん作ってなかったらごはんはカップ麺だし、トイレ掃除なんてしたことないだろうし、シンク周りなんてもちろん…、お風呂掃除はたまにするみたいだけど、カビ取りとかはしたことないだろうな。
28歳ってそんなもんなのかな?
料理は全然できないみたい。東京で働いてた時はいったいどうしてたんだ???
オタ君は結婚を匂わせてくるけど、それは嬉しいけど、家の事なんもできない人と結婚生活なんて真っ平御免だよ。
オタ君が収入安定してたら話は別だけどただの派遣だから結婚しても私はもちろん働くし、そしたら私がたいへんなだけじゃん。
支えるとか幸せにするとか夢見がちな妄言はいらないから行動で示して欲しい。
年始にふたりで旅行に行ったけど女より荷物が多いし乗り換えもおろおろしてるし…切符買うのも時間合わせできてないし、世間知らずというか…
やってもらってたんだろうな、ってイメージ
ここで引っ張ってあげよう、って私が思えればいいけど、頼りないなぁ…としか思えなくて、怒りはしなかったけど、お子様だね、とやんわりイジった。
純粋で素直ないい人だけど…
ちょっと緊張するような場面ではすぐテンパって上手くいかないと怒って拗ねて
頼りがいがある、とはお世辞にも言えない
ただ私が弱ってる時は一生懸命慰めようとしてくれる、ちょっと怪我すると大袈裟に心配してくれる、でも自分のかすり傷にも敏感だから、オーバーリアクションなのかな、とも思う
すぐ病気するし、体力ないし、か弱くて、痩せっぽちで、色白で、世間知らずで、素直でよく笑う…女の子だったらモテたかもしれないけど、男だからプライドもあるし、それを守ろうと取り繕う。
母親への態度を見てて思う、なにもかもやってもらってるのに態度がでかい、照れもあるだろうけど…店員さんへの態度もでかい、何故かタメ口。お客様だから?赤の他人なのに。年上でも年下でもタメ口。自分がされたらどうよ?やでしょ。
あー、嫌なとこばかり目がいく…
素直でわかりやすいぶん、私を慰めてる時ですら、あ、自分今いいこと言ってる、って言うのが目に見えてわかる。例えそれが論点からズレてても気づかない。


私恋人作らない方がいいのかなぁ
助け合いたいのにフォローしてばっかりな気がする
たまにそれに疲れてLINEもしたくなくなる
もちろん助けてばかりなわけじゃないけど
関心を持ちすぎなんだ、距離を取りたい
他人なんだから、求めてないものだって持ってるさそりゃ
気に入らないことだってしてくるさ
私が言いたいことばっかり言ってたらケンカばっかりだろうな
それは望んでない
あら探しはやめたい
でもさ、オタ君が怒ってたり拗ねてたりしてる内容はほぼほぼ自分のミスで招いたことなんだもん
それでムスッとされても…そんな機嫌は自分でとって欲しいわ…

うーーーー、やめ!!

ごちゃまぜ

私の中に心の奥底にいつまでも居座り続けるのが、ゆうきと、レン、ンキのことも覚えてる。
高校の時に付き合ってたゆうきは、嫉妬心が強くて、優しくて、いつもいっしょにいてくれて、似たもの同士で、慣れすぎた私が大学進学と同時に遠距離に踏み入って、ゆうきが地元のバイト先で知り合った女の子と恋に落ちて、破局。
狂ったみたいに苦しかった。もうあんな失恋はしたくないと思う。失恋ごときで死にたくなる自分が信じられなかった。ごはんも喉を通らなかった。今会ってもなにも思わないけど、久しぶり、くらいは笑って言いたい。
レンはほんとに糧になったよ。ありえないくらいトラウマも残されたけど。人生のドン底を見た気がする。
ンキは、私の中で転機だったけど、生きてる世界が実は違ったんだろうね、今更そう思う、愛しても尽くしても報われない人だった。

オタ君のこともいつか懐かしむ時が来るんだろうな、そして私はまた、尽くしても報われない、と被害者ぶるんだ。
私変わったと思うんだけどな、そんなに尽くしてないし、金銭だって出してもらってる方だし、依存してないって言ったら嘘になるけど…友達とも遊びに行ってるし、自分の趣味もあるし、前よりは彼氏彼氏!になってないと思うんだけど…
また別れるんだろうな…いつかは、終わる
モテない、というわけではない
でもこんなこと言ってる30に限って売れ残る
必死になりたくないけど内心必死な私がいる
養われたい気持ちはあるけどそれにこだわると良くないことも分かる
世話を焼かれるのも世話を焼くのもいやだ
向かい合って生きるより同じ方向を見ていたい
同士みたいな人が欲しい
そこに愛があってほしい
妥協と譲歩は似てる…
ただ心の底でどう思ってるか、だけ
本を読みたいな、小説より人文とか哲学がいい
知識がほしい
私の周りに尊敬出来る他人はいないから
本の中に見つけたい、参考にしたい
浅ましく生きないためにはどうしたらいいのか
独身女のための、とかじゃない
人生を楽しむにはどうしたらいいのか
孤独を感じる暇もないくらい…
ほんとは仕事に打ち込みたいけど、やはり勇気がない
この歳で就職も難しい
ちょっと安心するために知識だけでもほしい
…ん?これが妥協か。

風邪?

謎の食あたりに苦しめられ三連休の三日前からお休みしているので実質六連休になってしまったなんだこれお給料減りまくりへこむ。
二日前の朝お母さんが下痢と嘔吐に苦しんでいたので看病する為に休みをとったらその日の昼前くらいから私も嘔吐下痢。
1日経ってようやく落ち着いてお母さんを連れて病院に行って処方箋をもらった。
と言ってもノロウイルスでもただの食あたりでも対処法は水分補給してひたすら出すしかないらしい。
病院には脱水になったら来ればいいんだって。
おかげで体重と給料はかなり減ったよ。
医者が言うにはカロリーなんて1週間取らなくても平気なんだとか。
じゃあ体重減らしたかったら栄養のサプリと水分だけ補っておけば一日で2キロは減るんじゃないか?と思ったけどあまりにも不健全な気もする。
でもびっくりするほどお腹は凹んでた。
吐きすぎと出しすぎで背中とお腹が激筋肉痛で昨日までまともに立てなかったよ…年末にこんなに苦しむとは思ってなかった…
とんでもなくポジティブな母は「今年の汚いもの全部浄化されたんじゃない!?」と元気に洗濯を始めていた。
母は強し……

灰色

誰にヤられてもなにも思わなかった私は消えてしまった
好きでもない男とキスをするのもせっくすするのも気持ち悪くて反吐が出る
得体の知れない人間とするのはもっとやだ
レイプで傷付く女性の心理が理解できなかった私はいなくなってしまった
今ならあすかちゃんがあの日に泣いていたのも理解出来る
私はクズなことしたんだ
風俗で働いてる人たちは心のどこかが麻痺してるのかも
自分を守って大切に思う心とか
自分の価値とか
偏ったプライドや建前で気丈に振舞ってるけど
心のどこかは壊れてて識別がついてない
あくまで想像だけど
簡単にヤラセる女は自分が大事じゃないんだよ
語彙力がなくて上手く言えないけど
そこに女である価値を見出してたり人として必要とされてると勘違いしていたり
下品な目で見られないと、それ以外なにも持ってないから、そんな自分にも気づきたくないしもう見てすらいないけど、バカで下品な目の中に映ってるのは確かに自分自身だから
気持ちいいから誰にでも股を開く、そういうんじゃなくて、気持ちよくなくても誰にでも股を開くんだ
単にお金がいいから風俗で働ける、わけないよ
絶対どっか壊れててなにか失ってる
私はそうだったよ
私は、お金なんてもらってなかったけどほいほい誰とでもやってた
でもその時は大してそんな重大なことだと思ってなかった
下品な男はバカだから、女の方の心が欠如してることなんて見てなくて、ただ外見と穴だけを見て生きて動く人形と一発やって満足してる
女が傷ついてようとなにしようと関係ない
女も女で、失っていってることにも気付かないまま自分の価値を信じている
でも最近の私は違って
無闇に触られれば不快だし合意なくやられたらきっと泣くだろうな
今の私清いから
好きでもない人とは、もうほんとに吐き気がするほど無理だ
でも好きな人とするのはすごく嬉しくて気持ちがいい
普通の感覚に戻れてうれしい反面
男が怖くなったりもする
30手前にしてこんなふうに普通になってしまって売れ残るだろうなとは思う
でもなぁ
なんとなく目を上げたら灰色が広がってるようなあの感覚に戻りたいとは思わないんだ
健常すぎてたまに不安になるけど
どうにもできないよもう。
<<prev next>>
カレンダー
<< 2019年01月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アーカイブ