過去

昔のケータイに電源を入れて、レンや、レンに振り回されてる私や、その周りのメールを読み返したら、今はなんて贅沢で恵まれてるんだろうと思った。
家に居れる幸せ、友達と遊べる幸せ、恋人との程よい距離感、家族との繋がり。
昔は全部レンが管理してて、私はそれに従ってきた、それが幸せなんだと思い込んできた。
でも、そんな愚かな私はもう居ない。
居なくなって良かった。
あの地獄から、私は今、天国に居る。
そんな感じ。
幸せ、これが幸せなんだね。

Kさんち

Kさんちに泊まってきた。
Kさんちは二階建てなんだけど、二階にもリビングやら部屋やらがあってとても広かった。
父親は出張、母親は夜勤、おばあちゃんは一階ということで泊まらせてくれたんだけど、Kさんはハイテンションで、YouTubeでラッスンゴレライの流して踊ってた。
なにやってんだ。
テレビ観て、部屋着に着替えて、一階のコタツでモンストやりながら寝ようとしたんだけど、やっぱ二階行こうと言われて、二階へ行ってKさんの部屋で喋ってた。
そしたら抱きしめられて、久しぶりにして良い?て聞かれて、いーよーてオッケー出したら、Kさん全裸になった、相変わらず細い。
てか服着てる方が好きなんじゃなかったのかな?
私も脱ぎたくなかったけど全裸になって、ベッドでじゃれて、すぐ挿入ってなったんだけど相変わらず挿入となると萎えてしまって、Kさん笑いながらめんどくせーちんこだな!って笑ってた。
しょうがないので私が上になってフェラして、立たせてから騎乗位してたらKさんが中でイったら困るでしょ?て言って、抜いた。
それからまたフェラして、Kさんをイかせて、おしまい。
セックスってこんなんだったっけかなー?
でもいーや、なんかそこまで執着しなくても、付き合っていけるし。
大好きだって言ってくれるし。
程よい距離感なのかな。
早く働いてピル飲めるようになりたい、そしたら遠慮なく中出し出来るし安心して出来るからな。
まー今だって1年近く生理きてなくて妊娠する可能性なんてほとんどないんだけど。
それから服着て、私は薬の効果で眠かったので寝て、Kさんはベッドから出たり入ったりして朝を迎えた。
結局あんまり寝てないのかな?
LINE既読にならないから寝てるんだろうな。
初、Kさんち泊まりだったけど、楽しかったな。
朝からテンション高くてビックリだけど。
私は8時半くらいの電車で家に帰りましたとさ。
ちゃんちゃん。

いちゃいちゃ


話題:いちゃいちゃ

いちゃいちゃってなんぞ。
彼氏がいない期間からKさんと付き合って、いちゃいちゃってなんぞ、て感じ。
Kさんとはいちゃいちゃしないし。
今更いちゃいちゃに持ち込もうものなら鳥肌モノだし。
え、え、どうしよう。
いちゃいちゃはしたいんだけどKさんとじゃなくて、別の誰かと…ってまたビッチに戻っちゃいかん。
Kさんとは今更手を繋いだりキスをしたりって考えられないし。
まだ半年くらいしか付き合ってないのにいちゃいちゃしてないからいちゃいちゃの仕方が分からなくなった。
ピンチ!

心境

1週間ぶりにKさんに会ったんだけど、今日は長くいっしょに居る予定だったのにKさんに予定が入り、急遽解散。
もっといっしょに居たかった、なんて、珍しく思って、自分きもっ!て思って鳥肌立った。
でもKさん、大分心を開いてくれてるようで、笑い方とか仕草とか色々変わった。
今日会いたいと言ってくれたのもKさんだし、てか大体会いたいって言うのはKさん。
今月で付き合って半年になる。
Kさんは生涯のパートナーと言ってくれたことがあったけど、いつまで続くかな。
セックスしない恋人ってスキンシップや肌のコミュニケーションがない分言葉で愛情表現するものなのかな、なんて思ったり、セックスしないのによく続いてるなぁと思ったり。
いちゃいちゃしたいよ、たまにはさ。

軽く

どうしても今の自分と決別したいから、なんでもプラスに考えるようにしよう。
基盤は変わらないよ?
私でも気に入ってるから。
ネガティブだったところを少し見方を変えていこうと思うんだ。
デブは直さなきゃいけないけどね。
体重変動なしってなんなの。
まぁそこは置いといて、ポジティブになろうってんじゃないの。
ネガティブだけど、そこだって個性だから、穏やかに受け入れたい。
あ、そうそう春になるし、気分転換に髪染めようと思うんだ。
明るく。
アッシュ系がいいんだけど、そこは美容師さんと相談しながら。
黒髪がポリシーだったけどそんなものポイよ。
何か変わるかもしれないことにはチャレンジしていこうと思って、簡単なことからね。
髪染めるの久しぶりだなぁ、大学生以来かな?
まぁ、デイケア期間だけだから、すぐ黒に戻すんだけどさ。
人生楽しまなきゃねー。
<<prev next>>
カレンダー
<< 2015年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ