納車

車買った!新車!
念願の愛車…
手元に来た時はさすがにへらへらした
今まで色んなことがあって、車買ってもらえるはずがなくなり、
そのあと母親のおさがりを貰って運転していたけど、事故って廃車になり、
病気のせいで収入もなく新車なんて無縁で、親の車を借りながらの時間制限のある外出…
それが、なくなった!
これからは自分の好きな時に乗り回して好きなもの飾って、自分だけの空間!
とっても嬉しい…
これからも仕事がんばろう…保険とか駐車場含めての出費は大きいけど
なんか頑張れる気がする
人生は楽しんだもん勝ちだなぁ

ンキと付き合ってた時も車買おうとしたけど、全然自分好みじゃないbBとかセダン型のヤンキーぽい車の予定だったから気が進まなくて
でも今は自分の好みの車を買えて、ほんとによかったと思ってる
ナンバーを自分で決めなかったことと、4駆にしなかったことは多少後悔してるけど、まぁ…高いし、諦めをつけよう…

お付き合い

今まで勘違いしてたけどオタ君は前カノと付き合ってた年数が長かったんじゃなくて(まぁ長いと思いますけど)独身でいた期間が長かったんだと
だから逃すまいと必死なのかなぁ
この間一応彼女になったわけですが
あんまり実感ない
でもオタ君は自慢の彼女だーってわめく
オタ君が愚痴ばかり言うから慰めたり励ましたりしてると、こんなに好きでいてくれる彼女がいるんだから前向きにいかないとね!って言う
こんなに好きでいてくれる…?
うーん
うんまぁ好きだけど
めちゃくちゃ好きぃー!ってわけじゃないから
そこまで言われると気持ちが萎える
相思相愛ってやつにオタ君は憧れが強くて
そういう表現をたくさんするけど
私は何故か優位に立ちたくて、俺想われてる!って表現されると、はぁ…まぁ…って感じになってしまう
おかしいなぁ、ンキの時は好かれてるって自覚を持ってほしくて必死だったのに…
続く続かないは流れでどうにでも転ぶだろうけど
今回私が決めてるのは
自分を持つこと、尽くしすぎないこと、貢がないこと、自立した大人同士のお付き合いをして、無茶をしない、職場恋愛だけど、公私混同はしないこと
結婚もしてないのにふたりでひとつの人生、なんて甘いことは考えてない
私はオタ君に養って欲しいわけじゃないし
金銭面や精神面で頼りっぱなしになるのは御免
オタ君はそうしたがるけど
私は君より、冷静になれてるから
冷められない程度に距離は保とうと思う
せっかく好きでいてくれてるから、大事にはするよ
でも加減は気をつけようと思う

優しい人

私は優しい人じゃない
優しくなりたい人だ
してもらったことをすぐ忘れて、自分がしたことばかり覚えてる
自分を可愛がり守り、嘘をつき、甘やかす
本当に優しい人に憧れる
芯があって時に人を叱り注意してその人の為を思う
自分がどう思われようと目の前の人を思いやる



難しいな…
私を優しい!っていう人は
ただの甘えたい人にすぎない
私は甘やかす人だから
最近は人の愚痴やネガティブなニュースばかり耳にする
ンキは心配されたくて不幸なことばかり言うし
オタ君は埒のあかない愚痴ばかりこぼす
会社ではパワハラに近い強制シフトに嘆く人
家では弟や父親が金銭面の問題を持ち込む
どうしてネガティブな事柄ばかり耳に入るんだ??
そういう時期なだけならいいのに
私が呼び込んでるんだとしたら
解決策はなんだろう

無題

言い訳はいらないんだよ
体裁も屁理屈も嘘も
自分を守ってばっかりで
本当に相手を思うなら
そんな言い訳出てこないから




今の私は子供みたいに素直で
ある意味危ないかもしれない

友達

金曜日は有給とってたから久しぶりに友達とごはん行った
うららんにも誘われてたけど、なんか…好意を寄せられてる相手と会う気分じゃなかったから断った
Y君とはもう結構長い付き合いの友達だけど近すぎず遠すぎずなごはん友達で良好な関係だと思う
過去含め体の関係もないしね
昔からの付き合いの友達は肉体関係怪しい友達もいるけど、Y君とは本当に何にもなくてお互い貶したり気遣ったり適当だったりの普通の友達
こういう友達がもっといればいいのになぁ
今のとこ定期的に会えるのは片手で数えられるだけ
ママになった友達はなんとなく疎遠になっていくし、二交替やってるせいか、12時間勤務だからか、時間の合わない友達も離れてく
Y君とは仕事の話と恋愛の話を少しして、かいさーん
女同士のよいしょごっこがない分楽だった
よいしょごっこがない女友達は2人しかいない
まぁ、いてくれるだけありがたいけどね
新しい友達って
どうやったら作れるのか
社会人になるとわからなくなっちゃうんだなぁ…
<<prev next>>
カレンダー
<< 2018年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
アーカイブ