変化を恐れては進展はない
今この瞬間を積み重ねること自体がもう変化してて、明日へと繋がっていく
時が止まることはない
怖いよね、望んでないよね、私もやだよ
明日いきなり
きみが消えてしまうんじゃないか
この瞬間を過ぎたら
もう二度と手に入らないんじゃないか
二度とこの幸せを味わえないんじゃないか
私は怖い
いっしょに居ること
嬉しいよ、楽しいよ、幸せだよ、でも次の瞬間
ある日突然
きみが消えてしまったら
私立ち直れないよ

数日

ゆーくんと過ごすたび、嬉しくて、楽しくて、惹かれて、安心して、さらけ出せる自分がいることに気付いて、あー幸せってコレかーと思う。
まだ出会って数日なのに昔から知ってるみたいだねって話す。
ゆーくんには事情があるけど、そんなの関係ないっちゃ失礼かもしれないけど、これは、うん、そんな軽々しく言いたくないんだけど、必然かな。
何気なく見る景色にゆーくんを映したり、生活の中に自然に溶け込んでくる彼を、私はただ愛しく思う。
いいんだ、これで。
今をすごく大切に思うよ。
毎日に刺激と安心を与えてくれるゆーくん。
今は車の中でぐーすか。
やっぱり起こすのは苦手だなー。
でも寝顔を見てると、うーーってなるから何も出来ず、たまに中途半端に起こすんだけど…
あっ、またへーこいた。
なんか微笑ましい。
記事にしたいことたくさんあるけど、言葉にできないこともたくさん。
言葉にしたくないこともたくさん。
なんで、なんでこんなに、こんなに、
こんなにーーーーーーー

事実

ゆーくん既婚者で、子供もいて、浮気もして、仕事もやで、でも私のこと好きなんだって。
私も好きだよ。
ただこの瞬間をあなたと生きたい。
話を聞いても、嫌いにはならなかった。
だって私だってクズだし。
でもちょっと寂しくなった。
家庭があるんだね、そこまで愛した人がいたんだね。
私は…今まで誰ひとり幸せになんて出来なかったから、そう思ってるから、きっとゆーくんの救いにもならないんだろうな。
でも、ただ好きで。
この人の悲しみを、苦しみを食べたい、なんて思った。
笑っていてほしい。
あなたの笑顔は温かい。
もし半分でも背負えるなら、いっしょに乗り越えたい。
でもね、私こんなんだから、きっと途中で覚められたりするんだろうなって分かるの。
私には誰かを魅了し続けられるものなんてないからさ。
ゆーくんはいつまでそばに居てくれるかな。
飽きるまででいい。
いっしょにいて欲しい。

Kさん

Kさんと会った。
何度も抱き寄せられた。
なにか葛藤しているようだった。
ホテル行こう?っていうのは、冗談じゃなかったのかな。
あなたが抱いたのは性欲ですか?
それとも愛欲ですか?
Tちゃんが好きなんじゃなかったの?
違うと言われた。
Kさんのキスが、泣きたくなるほど切なかった。
どんな想いでキスをしたの?抱き寄せたの?
わからない。
私にはKさんの考えてることがわからない。
じゃあ、なんで振ったの?
なんで会ったの?
ホテルに行くため?
性欲処理?
どんな思いで、私に話しかけるの?
悲しいのは、誰だろう。

愛はお金じゃ買えない
時間かけて育てて、やっと手に入る代物
愛おしいとは違う
愛してる、はとても危険なドラッグ
手に入らない
希少価値の高いもの
どうせ、

私とは無縁なものだ



<<prev next>>
カレンダー
<< 2015年06月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
アーカイブ