貴重

エムブロで知り合った人とリアルでもLINEしたりしてるんですが、これまたいい人でね。
喋るといつの間にか1時間近くなってたりするんですよ。
向こうから色々話してくれるので口下手な私でも笑って聞いてられる。
こうやって人間の輪が広がるのもいいなぁ、なんて思ったりしてね。
出会い厨ではないですよ?
私のブログ見て、それでも接してくれるって、すごいことだな、と思います。
普通こんな根暗おんなと絡もうなんて絶対思わないですからね。
大切にして行きたいと思います。

無題

私なんか、いなくなればいいのに
私なんか、なんの価値もないのに
なんで生きようとするの
怖いからだよ、死ぬのが怖い
でも存在がくだらな過ぎて
自分に幻滅する
期待をしたわけじゃないんだけどね
でも、ね。

無題

夜と朝は気分が優れない。
どうせ私なんかとか、こんな私じゃあとか、そういった類いの言葉しか浮かんでこない。
こんなネガティブくそやろーに神様が微笑んでくれるわけもなく、代わりに悪魔が耳元で唄う。
差し出される真っ黒な手を掴んで溺れて行くことになんの抵抗もなく、躊躇わず握る力が強くなる。
もっと、もっと、死にたくなるまで追い詰められたい。
この中途半端な思いをドス黒く染めてくれる何かを期待して。
ああ、頓服どこだっけ、飲まなきゃ。

もし私が真っさらな精神で綺麗な心を持ってたら、
もし私が美しいものを美しいと言える余裕があったら、
きっと世界はもっと色とりどりな鮮やかさで私のすべてを洗い流してくれただろう。
こんな真っ黒な心では、誰の目にもとまらない。
それこそ本当に死んだって気付かれない。
まあ、こんなんでも死ぬつもりはさらさらないけどね。

仕事

今日診察日でさ、私の病気は自立しないと治らないって言われたよ。
劣等感とか罪悪感は、自立しないととれないものらしい。
だから障害者枠の仕事探して、そこからやって行こうと思った。
突然普通の仕事は無理がある、続かないよって言われたし。
ゆっくり一歩踏み出したのか踏み出してないのかわかんないくらいからやって行こう。
塵も積もれば山となるってね。
先生の言う最終的なゴールは、私が一人暮らしすることらしい。
何年もかかるだろうけど、あと四年はここに居るから、その内に出来たら最高なんだけどな。
出来るかな、四年経ったら市外に引っ越さなきゃいけないのよ、それについて行きたくないからさ。
がんばろ。
<<prev next>>
カレンダー
<< 2014年08月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アーカイブ