ゆーくんてば鬼なんだよ
普通に交わって、終わりかと思いきや指で私の中掻き回して撫で回して私がイこうが何しようがお構いなしに続けるの
腕に力入ってるのが分かる
私の中を弄ぶゆーくんは下向いてどんな表情してるのか分からなくて、でもなんか懸命に行為を続けるから
よくわかんないけど萌えて
ゆーくんの舌が指が私を悦に酔わす
もう自分がどんな声ではあはあしてるのか分からないし聞いてる余裕なくていっつも後からうわぁ…ってなる
指が終わったと思ったらゆーくん入ってきてうひゃあぁあもうわけわかめ!!
だめだめだめと思ってもその熱を帯びたもののカタチがわかるようなわからないようなとにかくとろける快楽に襲われてびゃーーっと頭まっちろ
ゆーくん果て、
記憶が正しければ確かもっかい指で弄ばれシャワーで流そっかと誘導され今度はシャワーで虐められ記憶ふっと消え髪びしょびしょになりベッドでぐったりしてリアタイの方にゆーくん鬼だった…と呟いた気がする
もう、もう、ゆーくんに仕返ししてやりたい
くそう……

かっこよさ

私「ゆーくんのかっこいいってどんなの?」
ゆ「浅尾きゅん!」

きゅん…?
検索検索
なんだゆーくん似てるじゃん
ナルシストなのね素敵

上塗り

ゆーくんと2日間いっしょにいたけどすごくストレスフリー
なんでもかんでも許しすぎだよ甘えるぞ
それにしてもこれでもかってくらい寝たぞ
私としてはあり得ないくらい寝た、なに
いっしょにぐだぐだダラダラしてたら時間とかあっという間で寝てたらいつの間にか時間経っててはーーー幸せ
いやほんと近年まれに見ない睡眠
ぐっっっすり
ゆーくんに腕枕されてぬくもりを感じてゆーくんの寝息を聞いてるとふっと意識が飛ぶ
いつの間にかゆーくんのが先に起きるという失態
うそやろ
ゆーくんの寝顔撮り隊なのに

ネカフェの思い出が覆りそう
お互い我慢できなかったね
したい触れたい挿れたいやりたい愛したい
まさかのネカフェでやってしまったー
なんかゆーくんとならどこでもできるしやる気になっちゃうんだよなぁ
気持ちいいことが分かってるからさ
ただ出すためだけの行為じゃないし
カーセックスも不快度ゼロだったしなぁ
ゆーくん不思議ね…私に信頼されてる証…
そんな証いらないか
でもねぇ思い出塗り替えてくれてありがとう
どんどん思い出しておれに吐き出してそして忘れろ!
そうね
できそう
時々ね、昔を思い出してあの時の自分はほんとに自分だったのか分からなくなるよ
今の自分は昔を積み重ねて出来たものなんだよ
昔の私がいなかったら今の私だっていないの
今愛されてるのは過去にレンと関わっていたという事実がある私であってもしレンと関わってなかったら今の私は愛されてなかったかもしれないと思うと
そう
よくわからなくなる
言ってることも支離滅裂
昔の自分なんて嫌いなの
でも昔ありきの私で、ゆーくんもそれを受け入れようとしてくれてて、それは分かってるんだけど受け入れがたいことで
はーーなに言ってんの
よくわかんない
頭回らない
とりあえず今日も頑張る

呪縛

ゆーくんがおれと居るときレンのこと思い出すこと増えたよなと言った。
そうだね。
ごめんよ。
全面的に押し付けすぎたかもしれない、てかゆーくん優しいから甘えすぎた。
私こんなに素になれたの初めてだからさ。
加減が分からないよ。
レンからはいつ逃れられるの?
そもそも逃げようとするからいけないの?
向き合うべきなの?怖い。
ごめん嫌だよね、あ、自過剰かな。
ゆーくん愛してゆゆゆゆゆゆゆ。

げろりーな

そういえば今朝チャリ乗りながら吐いたな
水買って流しに行かなきゃ汚いな
そう思って水買って吐いた場所まで行ったけど何もなくなってた
蒸発…!?
まぁ固形物吐いてないからありうる

リーダーさんとちょっと仲良くなって冗談話したりした
オネェかよ、と思うくらい言葉がってか声がオネェ
やっだーん!とかオネェ!
しかし具合悪いのとか私メンタル弱いのとかリーダーさん達には情報が回ってるようでやたら気遣いされてちょっと申し訳なかった
こんなん雇ってくれてありがとよ…
申し訳ないじょ…
休む時は休むぜ…
<<prev next>>
カレンダー
<< 2015年08月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アーカイブ