トラウマ

もう怖くないと思ってた
でもだめだった
意図的な荒い運転
急ブレーキ
送迎から降りて、ンキたんに「やだ、やだ…」と漏らしたあとわあっと泣いてしまった
私はいつまでトラウマに縛られてればいいんだ?
トラウマっていつまで続くんだ?
いい加減長すぎるでしょ

無題

子供がえりというか、幼児化というか…
これがもともとの私なのか、覚醒したのか…
実はずっと病気で人格がおかしかったのが治っただけとか?
でもレンに影響されてできたとこもあるし
レンの効率房なとこはかなり私の中に根付いてる

ううん変に考えすぎないほうがいい
高校の時に鬱みたいになってずっとずっと元気なかった頃に支えてくれた勇樹
ンキたんは勇樹に似てる
独占欲と嫉妬と二人の世界
私は結局そういう人が好きなんだ
でもそういう人は自信が無いから、外からの好意に弱い
女が近付いたら全力で阻止して、二人の世界に連れ戻して、ずぶずぶに溺れさせなきゃ
私もヤンデレだな
読み物とかに影響されやすい私
今の私には絵本とか合ってるんだろうけど、中学時代に小難しい小説など嗜んだあの感覚をまた味わいたい
幼児にはきついw
人の目を気にしすぎてた幼い日々
今でもその心境はわかる
色んな理屈がある
でも芯がしっかりしてないから、簡単にブレて結論なんかなくなる
枝分かれ状態
結局わたしは誰になりたいんだ





なんだかおかしい

せっくす

昨日2週間ぶりくらいにンキたんとせっくすした
生理やら仕事が忙しいのもあってご無沙汰してた
忙しくてもスキンシップは欠かさないし仲良しバカップルなのだけど
残業が続いててしんどかったから昨日は定時で上がったんだよ
で、ンキたんのムラムラが暴走したんだけど
前戯はしっかり丁寧にしてくれる優男
おなにーもしてなかったから久しぶりに触られて舐められておかしくなりそうなくらい感じた
指が入ってきて中でなにをしたのか知らないけど気が変になりそうだった
激しく動いてたわけではないのに
私をいじくり回した後はンキたんのを舐める暇もなく挿入
思ったんだけどンキたんピストンが早いわ
ウサギのごとく
挿入中のことはあんまり覚えてない
あれよあれよと絶頂に
お互い達したのにンキたんは余韻を楽しむかのようにその後も何度も入れたり出したり
してる間に高ぶったのかまた激しいピストン
終わって私がぐったりしてたらンキたんの指が私のあそこを弄り始めてさすがにほんとうにほんとうに頭狂いそうだった
ンキたんイかせたがりなのかな
可愛い可愛い言いながらずっと触ってるんだよ鬼畜だよ
私の頭にはもうおま○このことしかなかったよ
私も私で淫乱だわ
土曜も私は出勤だというのに長い時間快感に浸ってましたとさ
ちゃんちゃん

久しぶりに

そういえばゆーくんから久しぶりに連絡があったよ
Facebookのメッセージからだったけど
離婚して新しい人生を始めたみたいだ
よかったね
彼女できたみたいだけど、なんか不満?があるみたいだ
まぁこれから色んな人と出会っていくんだろ
色んなことを慎重に選んで色濃い人生を歩んでほしい限りですわ

ダメ人間

昔に比べて今は自分を甘やかしすぎだし堕落しすぎだと思う
言い訳ができるなら、「昔あんなに嫌な思いをたくさんしたんだから今は嫌なことなーんもしなくていいじゃん」と言ってしまいそう
嫌な思いは確かにしたけどそれは讃えられるものでも褒められるものでもなかったのだから、今は今で精一杯努力して誰もが「頑張ってる」と認めてくれるような行いをしていかなきゃいけないんだ
それはわかってるけど…
頑張るだけではなにも得られない
そりゃ頑張らないとなにも得られないけど、ただ耐え忍ぶことと頑張るのは違うもん
今の私はどーだ
毎日なんのやりがいもない仕事をして、耐えているだけで、頑張っているわけではない
でも職場からしたら、残業休出休まず出ているだけで「頑張ってる」と評価される
へんなの
そんなの耐えてるだけじゃん
意味があるのかな?
お給料が増えるだけ
ほかにはなにも得てない
そんな文句があるなら自分が「頑張れている」と思えるような仕事に就けよってはなし
公私混同しないで仕事こなして、プライベートの時に頑張れるようなこと探せば?
というはなしなんだけど…
仕事のせいで疲れてそれどころじゃ…とか
家にいたら家でやらなきゃいけないことがあるし…とか
ンキたんにも合わせて行動しないとだし…とか
体調が悪いだのやる気が出ないだの
言い訳並べてだらけてる自分を誤魔化してる
開き直れないから誰かに許してもらおうとしてる
責任持てないから責任転換しようとしてる
ダメなとこばかり浮かぶ
どーして私はいつまで経っても逃げ腰なんだろう…
ばかみたいだよなぁ…
<<prev next>>
カレンダー
<< 2016年11月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
アーカイブ