ンキは愛情に飢えて育ったから
愛に包まれて育った私に
あげられるほどの愛を持ってなかった
自分を守って生きてきたンキは
自己防衛が当然で
ずるくやらなきゃ生きられなかった

可哀想だけど
分かり合えない人だった
全く違う道を歩んできたふたりだから
分かり合うにはきっとすごく時間もかかるし
疲れてしまうこともたくさんあるだろう
それを乗り越えられなかった
私が強くなかった
ンキはそれでもいっしょにいたい、またいっしょに暮らしたいって頑張ってくれてた
私は
ンキのめちゃくちゃな言動に振り回されながら好きという気持ちだけで渦に飲まれたけど
やっぱり泳ぎ疲れて
へとへとになって気持ちが死んだ
好きなだけじゃだめだった
私に足りない強さ、相手を信じる強さ、相手を導く強さ、自分を保つ強さ、
強い意志がなかった
ンキのおかげで私は笑顔を健康を取り戻せた
すごく感謝してる
私は彼になにをしてあげられたんだろう

彼は「たくさん愛してくれてありがとう」と言っていたけど
私の愛は彼に届いていたのかな

少しでも
人に与えられるくらいの愛を蓄えてあげられたかな

ンキがいつか
本当に幸せになれますように…

別れ

ンキと別れたんだ
ケンカからの
LINEで
来週、最後に会いたいって言うから
私も顔が見たいし、会う


ごめんね
ンキ

自分から言ったのに
いっぱい悲しくて泣いた


嫌いでも恨んでもない
たくさん感謝してるし
今でも幸せを願ってる

でもンキの束縛や
嘘を思い出すと
やっぱもうダメなんだ、って思う

気持ちが
ンキをもう信じられなくなってる



ごめんね
幸せにできなくて…

無題

私もうわかったよ
あなたの曲がらない性格も
不憫な防衛本能も
不器用なくせに頑固なとこも
人一倍強い嫉妬と独占欲も
ただ自分の彼女に固執して
縛り付けた存在があることで得る安心も
全部愛しかったけど
今じゃ苦しいだけだよ


終わりにしなきゃ…

拍手返事

1月に拍手コメントくれた方に今更ですがお返事を…

確かに結婚生活は理想ばかりじゃうまくいきませんよね、現実的に金銭面での苦労も考えなくてはいけないな、と思いました。好きなだけじゃ乗り越えられない壁だってあるんだろうな、と。自分の幸せを願って、誰を選ぶか、を視野に入れようと思います。



私はきっと自分が嫌いで自信がなくて
昔から個性的な癖のある人にばかり憧れてきた
自分にないものを持っている人が眩しくて
例え変な人でもキラキラして見えた
私にはなにもないから
私はこんな虚しい人間だから
このキラキラした人のそばで
この人の支えになれたら助けられたら
意味の無い私にも価値が生まれるんじゃないか
意味のある価値のある人生になるんじゃないか
無意識か意識的なのか
ずっとずっとそんなふうに生きてきたのかもしれない
だから自己犠牲が得意で
虚しくありながらも誇りに思ってたのかも
私は
人のために生きることができる、なんて
おこがましく思ってたんだ
それしかなかったから
私の人生なんだから私のために生きてもいいよね
綺麗なもの正しいもの
全部私が決めていいんだ
私がしたいように
私のために
自分を肯定して自分の幸せのために
誠実に堅実に
生きてみたいな…

やけくそ

ンキは終電でこっちに来る予定だったけど乗り換えで時間食って間に合わなくて来れなかった。
次の日の始発で行くよって言ってくれたけど
なんでそんな初歩的なミスをしてしまうのか理解に苦しむ
結局ンキは、最初から来る気がなかったんだ
と思ってしまった
それか、誰かに引き止められて来るのを辞めたんだ
一気にそんな考えが巡って
来なくていい、と言ってしまった

もういいよ…
ンキが来るから遅めのバレンタインとしてクッキー焼いたのに
車も借りたのに
予定も空けたのに
話すこともやりたいことも考えてたのに
そんなんならもういいよ

やけくそにもなるよ

もういいんだぁ
もう
<<prev next>>
カレンダー
<< 2018年02月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
アーカイブ