1週間前

ケンカして、嫌気がさして出ていこうとしたら引き戻され、私の生き方を全否定され、私はもうホントに死にたくなった。
生きてる意味なんてない。
カミソリを取り出して腕を切ったら皮膚と肉が裂けて血が溢れだした。
彼が呆れたように救急車を呼んだ。
朦朧とする意識は、血が溢れて止まらないからじゃない。
現実が受け止められない弱い私の脳みそがフリーズしたせい。
しんでやりたかった
もういやだった
運ばれてる最中も涙が勝手に落ちた。
なんで私は愛してもいない男といっしょに居なきゃいけないの
私を病気だって言う前に自分はどうなの
重症じゃないか

うざい

自分は仕事行く間際までぐーたら寝てられるから、夜は早く寝たいとか思わずにだらだらこんな時間まで話し込めるんでしょ。
私があんたより睡眠時間短いの知ってるでしょ?
思いやりとかないわけ?
話の途中でちょっと寝ちゃったくらいでそんな怒るなんてうざい。
時間考えてよ。
レンは自分の寝たい時間に眠れていいわねー。
私は合わせてんのに。
うざい、うざい

早く別れたくなるわ。

ため息

結局、仔犬は動物病院に1ヶ月入院。
仔犬が居ない間、レンは何だかんだ私より仔犬の心配をしている。
呆れる。

私の給料はレンが管理していて、月にもらえるお小遣いは5000〜10000円。
でも貰って一度も全額自分のために使えてない。
なにかとレンがうばっていく。
自分で稼いだのに…
私の今の生き甲斐ってなんだろ。
レンは私とこの先も一緒に居る気みたいだけど、私は特に予定はない。
どうでもいい。
レンと別れることを何度も考えた。
違う道を行けたら、今度こそ私は自分のために一人で歩いていこう。
心の中で何度も思った。
でもレンと居る私は、多分、レンが好きなんだろう。
嫌いな部分が多いけど、レンの好きなところが分からなくなるまでは、一緒に居ようと思う。

仔犬

ダルメシアンの仔犬をレンが欲しがったので飼い始めた。
矢先、躾をしていたら骨折。
上から投げたらそりゃ仔犬なんだから骨折するかもしれない事くらい分からないのかな。
今まで何匹も飼ってきたくせに。
犬なのに走れなくなったら不憫だ。
まだ2ヶ月なんだから犬年齢にしても赤ちゃんみたいなものだし、そんなに厳しくしなくてもいいのでは?
骨折させたくせに「ざまぁみろ、俺に牙を向けるからこうなるんだ、むかつく、死ねよ、今まで飼ってきた犬のなかでこんな奴いなかった、俺もう面倒みたくないからお前外で飼えよ、○○が病院に連れてけ」とか言って最低だと思った。
結局、一緒に行ってくれたけど「これで走れなくなったらもう知らないからな」と言ってる。
うんざり。
ダルメシアンなのにあんなスパルタしていいの?
信じらんない。
自己中やろー。
<<prev next>>
カレンダー
<< 2010年10月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アーカイブ