私はいつまでも進めてないな
可哀想だった私に酔ってる

レン

Facebookのメッセンジャーをなんとなく開いたら今まで気にも止めてなかったとこに通知が何件もあって、見たら、レンからたくさんのメッセージが入っていた。
2013年の5、6月頃と2014年の10月頃。
今まで全く気付かなかった。
いや、気付かなくてよかったんだ。
レン本人の名前のアカウントからも来てたし、違うアカウントからレンの後輩を名乗ってのメッセージもあった。
怖いもの見たさか、メッセージは全部読んだ。
「○○の笑顔も泣き顔も全部大好きだった」
「○○は最高な女性でした」
「○○は幸せになってね、祈ってます」
「ごめんねとありがとうを言いたかった」
その一方で、
「○○のこと待ってられないかも」
「結婚して子供もできたけど妻は出てっちゃった、離婚するかもw」
「人間は変われる、いつまでも逃げてたら幸せになれないよ?」
「新聞に載って留置場まで行ったよ、すごくない?」
と。
最初の方で「けっこう優しい人間になったつもりです」と言っていたけど、結局言ってることは昔とそう変わらない。
縋って貶して押し付ける。
彼は何を学習したのかな…
私だって変わってはいないけど、レンはきっと一生変わらない気がする。
何かが根本的に欠如してる。
一般的ではない。
去年はメッセージ来てない。今年も。
また女ができたんじゃないかな?
誰かと離れて寂しくなると(自分の中で未完結な)美化した思い出を掘り返して私にメッセージをよこすんじゃないかなー。
もう来ませんように。
だって未だに動悸がするよ。

悪夢

夢が
レンがでてきた
レイプされて子供ができて
産んだはずなのに子供がいなくて
私が受けたのは中絶手術で
援助金みたいのをもらうために
レンが細工したことで
反論したら殴られて
髪引っ張られて首しめられて
叩かれて川に突き落とされて
泳げなくて
死ぬと思ったら目が覚めた

こわい
息切れしながら起きて
泣いた

ネックレス

レンにもらったネックレスが未だに家にある
捨てたいんだけど
自分で選んだわけでもあり
なかなか捨てられず
誰かに処分してもらいたい


くそ、思い出すなぁ……

メッキ

メッキが剥がれたアクセはもう用済み。
輝いていないやつは用済み。
見た目ね、大事だよね。
外見だけ磨いて中身クソだったらいつかメッキみたいに剥がれるの。
そしてあらわになった自分を、見て認めて受け入れて私が必要でしょ?なんて、なんで言えるの?
ホンモノは欠けたってなにしたってシルバーはシルバーなの。
渋いの綺麗なの。
メッキには用がないの。
私は、メッキすらないけど、誰かを着飾ることもできないし、中身で勝負なんてとてもできないけど、ひとりの人間だよ。
外見じゃ勝負できないから中身を磨くの。
こんな中身でも好きだって言ってくれる人はいるよ。
もう貶されたくないし、価値がないなんて、生きてる意味ないなんて、言われたくないよ。
メッキなのはあなたでしょ。
日焼け止めでかんたんに剥がれちゃうほどの外見でしょ、哀れだね。
少なくともあなたよりマシな人間だと思ってる。
さっさと記憶から消えて下さい。
<<prev next>>
カレンダー
<< 2018年08月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アーカイブ