そーろー

剛は3つも下だけど、私の周りにいる男の子より落ち着いてるし大人びてるし包容力がある。
いけめそではないしお洒落でもないが、やっぱりオーラはあるからなんか好きだ。
ちなみに私はショタコンではない。
剛はかなりの早漏。
だから本番はホントに少ししかできなくてちょっと寂しい。
優しく口に入れて舐めただけで「やばい、気持ち良い…あ、イッちゃう」どぴゅ。
挿入してゆっくり2、3回動いただけで「ダメだ…イク」どぴゅ。
だから前戯に時間をかけてくれる。
いい男だなー。
ちょっと加減が強いけどそれは若さのせいだ。
帰る時間までずっといちゃいちゃしてた。
剛は何回もイッちゃってかなり疲れてた。
バイトなのに。
電車で新宿まで送ってくれて、ふたりで音楽を聞いてたんだけど、ある曲の途中で剛が曲を飛ばした。
隣をみたら剛は涙目だった。
思い出深い曲だったのかな。
よく聞いてなかったから、なんの曲だか分からなかった…。
うーん、感慨深い。

一泊。

みんな近づくほど疑わしい。

剛に会ってきた。
一泊した。
サンシャインでデートして、ふらふらして、ちょっとカラオケ行って、ほんとは日帰りだったんだけど何となくホテル行こうかってなって。
結局ホテルには行かずに剛の家に泊まった。
当たり前のようにセックス。
デート中、行くとこがなくて、優柔不断なふたりだから歩き回っただけだった。
何か会話で盛り上がったわけではない。
始終手は繋いでいたけど。
剛には地に足ついた、ふわふわ感がある。
ふわふわじゃなくて、すい〜って感じかな。
テンションは低めで一定だけど、でも冷たくはないし、優しいし、リードもしてくれる。
大人になったらいい男になりそう。

9時間放置に近い。

ブログ購読が二人も…。
何事でしょうか。

レンとは大きな公園に散歩しに行って、動物と戯れて、
18〜03時まで寝て、帰ってきた。
セックスしなかった。
私はそんなに眠れなかったので、たまっていた食器類を洗っておいた。
何回かこういうことをする。
するとレンは「おれと結婚したいと思う?」と惜し気もなく訊いてきた。
笑って誤魔化したけど、「いや、結婚したらどうなるかなーって考えてた」だって。
なんだよ結婚したいって言ったらしてくれんの?(笑)
レンはどう思うのよ、私と結婚したいですか?
でもレンはまだ正式に離婚していないから、そういうことは訊けなかった。
レン「○○(私)がいたから爆睡できたんだよ、ありがとね」
ほんとだったら嬉しいけど。
でも私じゃなくたって、
レンは結婚したいかどうか訊くだろうし、爆睡だって出来たと思うよ。
まぁ…今は私に対して言ってるんだから、いいけどさ。
レン「群馬に帰らないで〜っ」
帰りたくない。
レンが心配だから。レンが好きだから。

明日は東京

レンを待っている最中。
今日はなんで会うんだろう。
セックスか?

明日は、もうひとつのブログで知り合った男の子と会ってきます。
東京に住んでるから会いに行くー。
…なんであたしが会いに行かなきゃいけないんだ。
まぁいいけど、暇だから。
これが2回目なんだけど、前は話してセックスして終わりだった。
今回はデート。
私は堂本剛の独特なセンスが好きなんだけど、その男の子も堂本剛が好きらしい。
だからこのブログでは剛と呼ぶ。
剛は私の真っ暗なブログも生き方も好きだって言ってくれた。
優しい奴だから信用はしてる。
でも付き合うとかじゃないのよ。
お互いに何か違うと感じている。
それでいい関係。

キス

話題:キス

キスは好きな人とじゃなきゃ楽しめない、味わえない。
濃いキスはホントに好きな人とじゃなきゃ出来ないんだ。
気持ち悪くなっちゃうから。
変だよね、セックスはできるのに。
ああ、でもただの性交だからなぁ…
もうずっと愛し合うようなセックスしてない。
淡白なセックスだけ。
しながら目合わせて「愛してるよ」って言われたい。
あの人は元気かな…
今の彼女にも、愛を囁いているのだろうか。
んー
暗くなってしまう…
<<prev next>>
カレンダー
<< 2009年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ