創作メモ 昨日の記事の続き

取り急ぎ、キャラクターメモ。
夢から読み取ったこととなのでまだ設定を煮詰めていないです。

・ヨハンナ
ターキッシュアンゴラ。
目を奪う豊かな金髪、少し目尻のつり上がったペリドットの瞳、わりと派手な顔立ち。やや背が高くて細身。瑞々しい青春を凝縮したような美しさ。
ピアノを愛し、ピアノに愛された娘。
自由奔放な天才肌という、今まで自分の中にいなかったキャラクター。…なので、果たしてちゃんと書けるのだろうか心配です。

・シャルル
サルーキ。
クセのある銀髪、ブルートパーズの眼差し。スラリとした長身の美男子(ヨハンナもですが下手に美形設定つけると私の画力では表現しきれないので止めて欲しいです。でも美男子でした)
異国から来た医師。冷たい死のにおいを纏っている。
物静かで落ち着いた性格。内向的。物憂げ。
常識人なので容赦無くヨハンナに振り回される。


初夏の花が咲く庭園の隅で膝を抱えた。結婚。その単語が渦を巻く。
父は反抗的な娘を認めはしない。これまでも反抗してきた。しかし今回は極めつけだった。全ての退路は絶たれ、閉塞感に肺が潰れそうになる。まさかここまで強攻策に出るなんて。
いっそ笑ってやろうか。ヨハンナは細く吐息した。
「ここにいたのか」
声がした。顔を上げるとシャルルがしゃがみこんでこちらを見ていた。
「……気分でも悪いのかい? なら、」
気遣わしげに伸ばされた手を、ヨハンナは静かに振り払った。
「気分は悪いさ。ああ、最悪だね。わたしの話は聞いたんだろう? 自分のことながら、全く以って冗談じゃない!」
自分でもわかるくらいに乾いた笑みが浮かんだ。
「……あんなやつと結婚するくらいなら、君と結婚した方がましだ」
「君は、僕のことが嫌いじゃなかったの」
「嫌いだよ。君はいちいち口煩いし、わたしと趣味も合わない。……でもさ、それでもなんでかな。君のことは気に入っているんだ。本当だよ」
ヨハンナはシャルルに手を差し出した。シャルルはその手を取らずにじっとヨハンナを見つめている。
「はは」
ヨハンナは手を下ろした。
「いや、すまない。今の発言は忘れてくれないかい……。ここから連れ出してくれるなら誰でもいいだなんて……気弱なことを考えたものだ。よくないね、これでは。どうやらわたしは自分でもびっくりするくらいに憔悴しているらしい」

夢はここで終わったのですが、どうすればいいんですかね、これ。

昨晩見た夢を頭の中でこねくり回している

昨晩見た夢の内容がそれだけで小説をひとつ書けそうでした。
しかし、なんとか思い出しながら物語を追っていくと、全体的にダイジェスト風味な夢だったせいか整合性がガバガバで、場面飛び飛びで、ご都合主義で、これを小説に纏め上げるのは大変そうだなと。流石夢。
細かい部分があやふやでも「夢だから」で済ませられますが、小説にするなら骨組みをしっかりしないとなーと思うのですよ。

ざっくり内容を書くと、ヨハンナという名前の娘が青春時代を終えて歩き出す話でした。
ざっくりしすぎである。

舞台は街並みや服装から推測するに数世紀前のヨーロッパっぽかったです。
見た感じナポレオンの時代より後、かつ、まだ第一次世界大戦が起きていないらしい雰囲気があったのできっと十九世紀。

なんで十九世紀なのかさっぱりわかりません。
貴族でも聖職者でもない市民階級が台頭するようになった時代で、まだ女性の社会進出は厳しかった時代という知識しかないのに。好きな時代を上げろって言われても完全にノータッチな時代なのに。
とりあえずわからないことだらけなので調べ始めたのですが、前半と後半で様相が違うので悩みますね。とっかかりが欲しい。
あと時代考証あんまりやりすぎても付け焼刃ですし詳しい人にはツッコミどころになるんでしょうからもう「それっぽい異世界」で…いいかな…って気分です。

異国の若き医者との恋愛要素も入っていて、おいおいマジかよラブロマンスなのかこれ!?なんでこんな夢見たんだ自分!?てなりました。

ナイトのげやま

日曜日の仕事終わりに、ぶらっと野毛山動物園に行って来ました。
夏の間だけ開かれる、夜の動物園です。

孔雀など、だいたいの鳥達は寝ていました。でもペンギンは泳いでいました。
ならば夜行性の動物、虎はどうかというと、水浴びしていました。そう虎、五月に行った時はまだいなかった女の子です!
あの時虎の分もサービスしてくれたライオンは、今回は座ったままたくさんのお客さん達の被写体になっていました。カメラ目線を欠かさない、サービス精神溢れる男の子です。

前回食べなかった野毛山ソフトクリームも食べて満足です。

昨日のアポクリファ

昨日放送の『Fate/Apocrypha』の話。

視聴中に入室してきた弟(一話だけ見たことがある以外に知識無し)が、カルナさんを見て一言。
「あれ、なんか格好良い人がいる」

同性から見てもカルナさんは格好良いという認識なのかと感心、ちょっとほっこりしました。

ついでにインドの太陽神の息子だと教えたら「インド人に見えねぇ」と。
そういえば私も最初に見た時にはヴィジュアル系ロックバンドのボーカリストだと思いましたよ。あの鎧ってなんなんでしょうね。

そんなカルナさんですが、元ネタの『マハーバーラタ』では三人の息子がいて、インドネシアの人形劇ではおしどり夫婦の面を強調されているという事実を噛みしめていきたいです。Fateではどうなっているかわかりませんが。
なお、カルナさんの息子の名前は『インド神話大事典』に載っていました。

『左門くんはサモナー』

沼駿


最終巻です。
一巻を踏襲する表紙の構図、しかしあの頃よりも格段に賑やかになりました。

「いい人だね」から始まって「悪い女だな」で終わるお話。


ううん…、まだ上手く呑み込めていないです。最終回が唐突に数年後に飛んだように、取って付けたように思えてしまって。

ネビロスさんと左門くんの関係性の描写やその決着、アンリさんと左門くんの関係の掘り下げなんかは良かったのですが。あと九頭竜くんとの友情の発展も。
天使ヶ原さんとの関係性がよくわからないまま終わったなと。アンリさんのいつか抱いた「こいつら気持ち悪っ」という、なんとも言語に変換しにくいものから変化したようには見えなくて、でもそれで良かったのかもしれないとかなんとか。上手くまとまりません。
とにかく、天使ヶ原さんがどんな人生を送ろうと最期には左門くんが現れて一緒に地獄へ行くのが確定ということで良いんですよね。ここを読み違えていたら恥ずかしいですね。

中盤以降から好みではない話が増え、それとは別にネタ切れやマンネリ化や中弛みを感じずにはいられませんでしたが、これは自分の趣味嗜好だからどうしようもないです。でも私が惹かれたのは間違いなく一巻のあの雰囲気でした。
毎週感想文を漁っていると、男女で感想が割れていたのが面白かったです。自分のマイノリティさが浮き彫りになってのたうち回った日もありましたが。

思うところも結構ありましたが、何だかんだで楽しんだのもまた事実。ロジックで作られた作品は正直読んでいて気持ちが良かったです。
主人公のキャラ特性的に少年漫画として連載するにはかなりのバランス感覚が必要だったのではないかと思いました。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2017年08月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アーカイブ