模写【緑の筋のあるマティス夫人の肖像】

模写しました。
画材はクレヨンと水彩絵の具です。

緑の筋のあるマティス夫人の肖像
アンリ・マティス

これは模写です。
完成してみたら、あまり似ませんでした。
GW中に絵が描きたい欲が高まったので、かねてより描きたかった模写に挑戦。一ヶ月ほど暇を見つけてはぽつぽつと描いていました。
仕事と家事の繰り返しで毎日のソシャゲも一時凌ぎで、精神の疲弊を自覚し「そうだ、精神の強そうな人物を描こう」と思い至ったのが動機です。まあ精神が死んでいるから描き始めるまで数カ月かかったのですが…。
いけるかと思いましたが肖像画って難しいですね。似ません。何かが決定的に違います。描いている最中は楽しかったんですけどね。

一次創作小説「風の魔物」@

サルファーは斧の刃が己の毛並を掠めていくのを見た。
術が揺らぐ。相手にはサルファーがテロルと入れ替わりで現れたように見えただろう。斧使いの大男が呻く。

「化けて、いたのか……!」

違う。風を操り光の像を生み出し、己にテロルの姿を貼り付けていただけである。
だがサルファーはいちいち否定する気はなかった。既に次の呪文の詠唱に入っていたからである。
気流が渦巻く。
再度降り下ろされる斧をかわし、翼の被膜を拡げ、力強く羽ばたく。
わざわざ光球を生み出したのはケトルを戦いやすくするためと、出来る限り敵の注意を惹き付けるため。
天井近くまで飛翔し、サルファーの術が完成する。
風が十数人の敵を呑み込み、竜巻と化して巻き上げた。

一次創作小説「防衛戦」F

少年が悲鳴を上げながら吹っ飛び、自分が入って来た扉に激突して動かなくなる。
サイードはいつの間にか扉が閉まっていることに僅かな引っ掛かりを覚えたが、それ以上は気にせず雷火の魔女に向き直る。ちらりと見えた閂は綺麗に元通りになっていた。
風切音が響く。雷火の魔女が立て続けに風の刃を放ち、一対多で戦っている。

「怯むな! 常に二人以上で攻撃しろ!!」

叱咤――祭壇に行かせまいとする鎧兜の男。

「邪魔よあんたら!」

怒声――雷火の魔女から迸る旋風。

「こいつ……まだこんな力を!」

一人一人確実に圧倒されていく。
手薄になった広間を雷火の魔女は走る。ジグザグに動き回り、包囲されまいとする。
祭壇の手前に立つ二人が矢をつがえた。

「くっ……!」

雷火の魔女が身を翻す。
近接戦闘役の傭兵の人数が減るまで待機していた弓使い達――その矢が魔女のマントを、長い髪を、掠める。
どんどん後退を余儀無くされる魔女――暴風で矢を打ち払う。
ばらばらと落ちる矢――サイードの足元にも。
魔法を放った直後に出来る絶対的な隙――サイードはその無防備になった背に駆け寄り、魔女が振り向くにも構わず斧を袈裟懸けに降り下ろした。

「――――!?」

だが、

「……手応えが、無い!?」

サイードは驚愕に目を見開く。
魔女の姿が陽炎の如く揺らぎ、蝙蝠の翼を持つ黒猫が現れた。

一次創作小説「防衛戦」E

雷火の魔女が掲げた腕から光球が生み出され、広くを周囲を照らし出す。
壁際で燃える松明の揺らめきと頭上の魔法の光を受け白刃が煌めく。

「ミーナはどこだっ!!」

少年が吼える。その動きは風の後押しを受け、先程の戦闘よりも、

「精度が上がって、来ている」

サイードは戦斧で少年の攻撃を受け止める。彼の剣筋は真っ直ぐで、決して基礎鍛練を疎かにしていないとわかる。
だがサイードは先程の戦闘で少年の戦い方を見ていた。対し、少年はこちらの戦い方を知らない。
だからサイードは懐に入ろうとする少年の動きを見切り、斧頭で胸元を突き上げた。

サイトを更新しました

サイトを更新しました。
レイの紹介画像とブログに載せた落書きを数点。

四か月振り今年二回目、改元後は初の更新です。
今年は更新頻度を高めていけたら良いなぁなどと思います。これ毎年思っていますが。

ブログに載せたカラーペン一発書きシリーズが溜まってきたので、別口で纏めるか考え中。
カテゴリー分けるか悩むんですよ。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2019年06月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
アーカイブ