サンファン二期円盤一巻感想

『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』の円盤一巻を視聴したので感想をば。
当然のようにネタバレします。

三期楽しみですね!


・第一話
一期に引き続き、雨から始まるのですね。
のっけから「下から手を入れて動かしている人形」が天井にぶら下がるバトルシーンがあるのですが、どうやっているのでしょうこれ…。
この時点で浪巫謠達に一番危ないという評が出ているのですね。
ああ、やはり殤殿は搦め手に弱い…。蠍瓔珞が真っ向から来ない限りは相性が悪い、ような…。
搦め手というか策謀というか、そういうのは嘯狂狷も担当なのですが…。凜雪鴉が傍にいる事典で何かしらの酷いことにはなるだろうという予測だけは立つのが酷い話です(#なお)
どうしてただ名乗るだけなのにこうもポーズを決めるのか鬼鳥という男は。

・第二話
目録から盗られたのが二本で良かったと言うべきか、全部ばら撒かれたらそれこそ天を騒がす落とし物になってしまいますよ。OPの剣が飛んで行くシーンでちょっと連想しました。禍々しいデザインの魔剣しかないのか。
丁寧な目録の修復シーン。
蠍瓔珞の隠れ家が思った以上にボロい農家の家でびっくりと言いますか。そして甘い囁き!聞いたら絶対ロクなことにならないやつ!この時点で蠍瓔珞に今回の被害者フラグが立ったようか(この作品、程度の違いはあれ基本的にみんな被害者では?)(加害者でもある)
エキストラ・喪月の皆さん。戦闘シーンえぐみ増してません?人形だからレギュレーション大丈夫ということでしょうか?

・第三話
災厄が友達面してやって来ました。今回はこれに尽きます。内容全部吹っ飛びましたどうしてくれる。背景無駄にキラキラしてんの笑えます。というか「友」て。そんなにバディ物がやりたいのですか。
殤殿にも毒は効く…。え、嘘でしょう?ってなりました。気功ではそこまでなんとかならないのですね。
諦空さんの顔立ちが他のキャラクターと比べても彫りが深くて、まるでガンダーラ仏のようですね。中国の伝統的な顔立ちをした人形の中に一人だけオリエント風の顔立ち。異質なキャラクターです。うつくしい。でも肌の色は悪い。
これでメインキャラクター全員登場しましたね。

・第二話コメンタリー
どうしてコメンタリーが全話収録じゃなくなったんですか!?ついでに脚本集も付けてくれなくなったんですか!?楽しみにしてたのに!という感情を抑えつけます。きっと漠然とした大人の事情。
虚淵さんの語り口調、聞き取りやすくて結構好きです。完結した作品の続編を書けと言われて苦労した話、あの作品のことだろうかといくつかの作品名がよぎりました。

・ラジオCD
主人公二人がゲストを呼んでラジオ風にお喋りするコーナー。
今回のゲストは愛され眼鏡の中の人こと「琉球泡盛」新垣樽助さんです。語呂が良い…素晴らしい…。
みんなの友達殤不患。友達…殺無生…うっ頭が。

『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』感想

劇場版サンファンをようやく視聴しました。
思ったことを書いて行きます。ふんわりとしたネタバレがあります。


「殺無生編」
凜雪鴉が下種野郎だよ、ラストが胸糞悪いよ、という評判のみを知った状態で視聴したのでそのこと自体はそれほどでも。いや十分に酷い話なのですが、観る側の覚悟ができていたので…。あと殺無生が「凜に目を付けられる程の悪」ということを忘れてはいけません。
殺無生って本名だったのですね。そして本人もその名前を嫌っていたと。その名は父からの呪詛。誕生の経緯が凄惨すぎて吃驚しました。
仮面つけたあの人の登場で笑っていたのですが、よく考えたらその行為の意味が通らないわけで、だから凜雪鴉の手引きと考えるのが自然の流れだったのに思い至らなかった自分の未熟さよ。展開を読む力が弱い…。
指が飛ぶ、首がへし折られる、肉体がバラバラになる、血飛沫が舞う。いやー酷い。これ映像で見せていいんですね。もっと隠すかと。人形だから映倫関係なし?
凜雪鴉が大会のことを「気分が悪い」と言っていたのもさりげないポイントです。

「殤不患編」
一期の総集編(大嘘)です。捏造とほんの少しの真実を織り交ぜて、主役は…誰だお前。ちょいちょい元の映像に演出やらを寄せて行くのずるいですね。こんなの笑います。
店主の異様な存在感。顔も他の人形と違うような?というか何だそのコミカルな動き。
冒頭の凜雪鴉の恰好、何ですか?無駄に似合いますね??日銭稼ぎする必要もないでしょうし、何故そんなことを…と思ったところで父が「殤不患に会いたかったからだろう」と一言。健気か???いや健気という表現でいいのかこれは…?
凜雪鴉が登場する度に「何お前…何?」と困惑する私です。二期だと尚の事。
殤不患は今回も恰好良かったです。蔦ウイップでも強い!撮影は大変!
玄鬼宗に秘術を教えた妖魔はやはりあの人でしょうか。
まさか偽殤不患の事情がああだったとは。途中でヒントは出ていたので、気付く人は気付けるだろうなと。
二期のキャラクターも顔見せ。この時点で二期をテレビで視聴済につき、懐かしいという感慨を得ました。
この映画を通して観ると「別の何者かになりたかった者の話」ということで纏まっているんですよね。上手いと思いました。流石プロ。

メイキング
やたら濃い店主は会社のお偉いさんの顔を3Dプリントした人形とのこと。成程。
楽屋(人形部屋?)入った時に丹翡殿の御髪をお兄様が梳いていたのが凄く好きです。本編ではもう叶わない兄妹のやりとりですよ…。
CMのためにねんどろいどを持つ凜雪鴉を見て悔しがる殤不患。「気に入ったのかね?」「ならそれは君にあげよう」と背後で左右にシュッシュと揺れる凜雪鴉の動き。お前はそういう奴ですよ。

石ノ森章太郎の特番

私「石ノ森章太郎の特番を観てたら『コンレボ』の爾朗さんがよぎってしまう」

弟「ダメダゾ」

覇窮二十三話

最終回でしたね。
覇窮から入った漫画未読者はぜひ漫画版を読んでください。

構成が。脚本が。そこのエピソードとあのエピソードをつなげてミスリードと混乱を誘っていますねー。

聞仲が封神される時にはまだ紂王様はバリバリ働いていたんですよ…。覇窮では改変されましたが。

雷震子の出番があったのでそこはスタッフにお礼を言いたいです。きっちりオチをつけていきましたよ…。

そして花狐貂がかわいい。

と、思っていたら、最後の。何。
凄いな…。どんな判断でしょうか。アニメは仙界大戦メインで作るとなったらまず聞仲のエピソードを拾って、聞仲に一回負けるイベント戦闘があるから四聖は出番あるとして。仙界大戦を普通に時系列通りにやって、エピローグっぽい話も漫画版にあるからそこで終わっておけばいいのに。女を盛り込む意味がわかりません。これ何回書いたかわかりませんね。

太公望は少なくともこんなキャラではなかったです。
何度もブログに書いていますが、一番好きなのは太公望なんですよ…。その好きになった今巻を改変されるとやはりきつい。
二番目は申公豹で三番目は趙公明です。申公豹は変なタイミングで解説を始めた以外はまあまあ、趙公明は出番があっただけ感謝、というスタンスですが太公望の積み重ねを組み替えられるのは看過できませんでした。

良かったところ探しをしながら視聴するアニメでした。
静止画とBGMと声優の演技は良かったです。
再燃した人やご新規さんが増えたのも嬉しかったです。
十五話が一番好きかもしれません。戦闘がっつりやっていましたから。
一話で放心して、普段アニメ感想なんて書かないのに毎週書いてしまいました。それくらいパワーがあるアニメでした。

漫画版を読んでください。

覇窮二十二話

開幕からまた鏡かと戦きましたが違いました。でもこのシーンは前にも観たような気がします。
記憶が混濁しているから誰が初登場か、前にも放送したシーンなのか、情報が既に開示されているか否か、判別がつかなくなっています。あと単純に疲労のせいで内容が頭に入らない。連日の寝不足で視界が点滅して見えます。

王亦が宇宙人みたいな色でした。

楊ぜんが変化した王天君の声が良かったです。

次回最終回ですかね。俺達の封神計画はこれからだ!
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2019年08月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アーカイブ