NHKスペシャル アイアンロード〜知られざる古代文明の道〜

近年、シルクロードよりも古い交易路が発見されつつあります。それが西アジアから東へ伸びる鉄の交易路、アイアンロード。

興味深い内容だったのでいつか国立博物館で特別展をして欲しいです。
遊牧民族が鉄の伝播にほとんど一役買っていたのですね。彼らはギリシャやエジプトが残した記録では(漢も含む?)蛮族扱いでしたが、高度な文明を築いていたのに驚きました。記録を残すのは大事ですね。(でもギリシャやエジプト側からすれば農耕などの苦労もせずにただ奪いに来る連中なんて腹立つでしょうし、そう考えると後世にネガキャンしたくなる気持ちはわからなくもないです。


以下、自分用に内容を箇条書きでまとめました。

@スキタイ
・衛星写真でユーラシア大陸の草原地帯に遺跡を発見した
・その遺跡はスキタイ人という遊牧民族のものだった
・ミイラから判明、スキタイ人は金髪=アジア系ではない
・副葬品などから判断するにスキタイ人は高度な製鉄技術(金の加工技術も)を持っていた
・スキタイ人がハミを作ったから人と馬の意思疎通が容易くなった
・ギリシャの文書は「スキタイは文化が無く野蛮」と語るが、文字が無いだけで文明はあったことが判明

Aヒッタイト
・鉄の交易ルートを遡るとヒッタイトが最古だった(木材を求めて北方の森林地帯を伝って伝播したらしい)
・ヒッタイト人は荒地を吹く強風を利用して製鉄用の火力を得ていた
・ヒッタイトもまた遊牧民族
・エジプトと戦うのに鉄が活躍→関連:カデシュの戦い
・現在のトルコ付近では鉄に関連する苗字の人達が暮らしていて、彼らはヒッタイト人の子孫

B匈奴と漢
・鉄の鏃(羊の背骨を貫通する強さ)を開発した匈奴
・万里の長城と戟で匈奴に対抗する漢
・漢から日本(弥生時代)に鉄が伝来し農耕や建築に役立てられた

鉄伝播の流れ
・ヒッタイト→森林地帯→スキタイ→匈奴と漢、漢から日本

ダーウィンが来た ネズミ特集

『ダーウィンが来た!』
「チューもく!干支のネズミ大特集」

干支にちなんでネズミ特集です。
世間では「汚い」「迷惑」「息子のテストの答案をボロボロにされた」とマイナスイメージのあるネズミですが、実は「子孫栄」「豊穣」のシンボルでもあるのだそうです。

私も実際に被害を受けてからネズミ(イエネズミやドブネズミなど、あの辺)に対して未だに憎悪があるのですが、カピバラは好きなので視聴。

いきなり『麒麟が来る』の俳優さんをスタジオの隅に呼んでコタツに上げるところからスタート。もっとちゃんとしたスタジオがなかったのでしょうか…緊急で撮り直した?
齧歯目の中で一番小さいハツカネズミと、一番大きいカピバラのサイズ比較。カピバラ触れるの羨ましいです。感触がタワシのようってそりゃあそうでしょう。その見た目なのですし。
ネズ美さんの演者を!見せるんじゃない!(笑)

「子孫栄」って子沢山だけじゃなくて、ここでは齧歯目が南極大陸以外の大陸で多様に進化した結果、哺乳類の半分を占めるくらいになったことも指すようです。
飛ぶモモンガ。刺すヤマアラシ。ダムを作るビーバーなど。

「千客万来」は巣穴に色々な生き物が訪れるプレーリードッグ。こういうリスっぽい見た目のは好きですよ。
勝手に巣穴をシェルター代わりにされていますがそれはいいのですか?

そして出た、老化しにくくガンになりにくい細胞を持つ「無病息災」のハダカデバネズミ。なんなのこいつ。生物として強すぎるのですが、いくら何でもこの見た目になって生き延びるのはちょっと…超能力を身に付けた新人類に家畜同然に扱われそうで…(『新世界より』は漫画版しか存じ上げません)

ネズミ全般が凄いのはわかりましたが、個人的には余計に恐怖というか畏怖?が高まっただけのような気がしないでもないです。
やはり小さくなくて素早くなくて甲高く鳴かないネズミの仲間が好きです。…特徴抜き出すと完全にカピバラですね。

ネコメンタリー 元日SP「ますむらひろしとモンとハテナとコマ 特別編」

去年八月に放送されたネコメンタリー「ますむらひろしとモンとハテナとコマ」が追加撮影を加えた拡大版で帰ってきました。八月の放送は途中からしか観れなかったので嬉しいです。

漫画家の美しい庭と、そこで暮らす三匹の猫。夏の日差しの中、緑が瑞々しく輝くさま。映像を見るだけで癒されるよう。この映像群が素晴らしすぎるのでとにかく観て頂きたいです。老夫婦の生活としては私の中ではこれが理想です。
そんな穏やかな生活を送る傍ら、『銀河鉄道の夜』の三度目のコミカライズを始めていると!なんとエネルギーに満ちていることでしょうか。
現在の作風からは想像もできませんが、上京したての頃は人間への怒りがあって、それを猫に批判させていたと。これは『理科室の地下で』や『人間が人間でなくなる日』に如実に現れていると思います。作品が描かれた1970年代当時の世相を考えると面白いですね。

というか本棚にある著作、大体実家にありますねぇ…。父のコレクションです。
人生で初めて触れたファンタジー作品は父の持っていた『アタゴオル物語』でした。なので個人的に物凄く思い入れのある漫画家さんです。私は当時小学二年生で、しばらくヨネザアド大陸に意識を持って行かれました。到達していないのに帰って来れないという、不思議な状態でした。

それにしても、ますむらひろしの外見が完全にオクワ酒屋の店主でじわじわくるんですよねぇ…。若い時の近影しか知らなかったから、あまりの「作中に登場していそう」という外見の説得力が凄いです。年齢の重ね方として納得しかありません。

いだてん総集編待機

炬燵よし!
ソルティライチよし!
昼御飯も食べたし歯磨きもしました。あとはぶっ通しでテレビを見て体調を崩しませんように。なお風邪。

食の起源第二集「塩」

『食の起源第二集「塩」 人類をとりこにする“本当の理由”


塩は美味しい上に生命維持にも必要。しかし本来ならほんの少しの摂取だけで生きていけるはずなのに、現代人は過度に塩分を取りすぎるようになってしまっている。どうしてこうなったのか、生命誕生まで遡って解明。

以下、内容をまとめます。
@生命誕生
当時、生命は周囲の海水から塩分…ナトリウムを取り込んできた。だから人類もナトリウム無しでは生きていけない。

A生命が陸上に進出
陸上では塩分が不足するため生命の危機に。そこで舌を鋭敏にして僅かな塩分でも感じ取ることができるようにし、肝臓を進化させて体外に塩を逃さないようにした。これで微量の塩分でも生きられるようになった。

B8000年前に人類が海水から塩を取り出し始める
農耕が広まるのと同時期に各地で塩作りが行われるようになる。穀物や野菜には塩分が殆ど含まれていない。また、野菜などにはカリウムが多く含まれるが、過剰に取り過ぎると健康に良くないので体内のナトリウムを使って排出するようになった。

C人類に塩ブーム到来
塩が「ナトリウムを補うためのもの」から「調味料」に変化したのは2500年前と考えられる。何故なら、ペルシャ帝国時代に岩塩を採集していて生き埋めになったミイラが発見されたから。彼は純度の高い塩を求めて2〜300キロも離れた故郷からはるばるやって来た人物だった。


そもそも何故こんなにも塩の虜になったのか?
それは、塩を取り逃がさないため、少しでも塩分があれば「おいしい」と味蕾が脳に働きかけるから。もはら我々は塩なしではおいしさを感じることができない。
その本能のままに食生活を送っていると、だいだい五十歳くらいで腎臓が音を上げる。昔の平均寿命ではそれでも良かったが、寿命の伸びた現代人の腎臓は百歳を見据えた頑張りを強いられている。
なので、健康に長生きしたければ若い頃から減塩した方が良い。


感想。
塩鮭とか好きなんですよね私…。料理する時もつい塩を入れ過ぎてしまいます。でもこれを観て気を付けようと思いました。
塩を求めて塩漬けになって死んだミイラの話が怖すぎました。教訓話などに出てきそうな末路です。しかも後世で「ソルトマン」とあだ名されるとか嫌すぎます。
いや本当に、気を付けたい、です、ね…!

前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2020年02月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アーカイブ