デイリーミッションだけ

シャニマス二百五十一日目。

今日はデイリーミッションだけです。
明日からのイベントで編成ミッションがありそうなので…。

そして凄く眠いです。

準決勝で

シャニマス二百五十日目。

第2形態アーマードタイプがBランクフェスアイドルになりました。
準決勝ビジュアル一位を満足させられず負けました。
ダンス値は691です。当初の目標は達成しました。

でもグレードフェスで手札事故を起こすんですよねー。フェスリハーサルであれだけ思い出リンクアピールできたのが嘘のようです。

寝起き十連で小さな夜のトロイメライが来ました。ちょこ色×きらきらロマンが二凸しました。

もそもそ

シャニマス二百四十九日目。

第2形態アーマードタイプで第四シーズン。
ダンス値が目標よりも足りません…。これからサポートコミュいっぱい出て欲しいです。

一次創作小説「戦闘」B

ミーナが筋骨隆々とした巨漢に易々と持ち上げるのをケトルは見た。大の大人よりも遥かに背が高く、腕の太さは子供の胴回りくらいある。眼光からその感情を読み取ることは出来ない。鎧に身を包み、巨大な戦斧を携えた姿は歴戦の戦士のようだった。
懸命にもがこうとするミーナの爪先が石畳を離れた。巨漢はミーナをぶら下げたままローブの男の前に進む。
ローブの男は怒りを押し殺した表情で言った。

「プリンセス……随分と手間を掛けさせてくれましたね。おとなしくしていればいいものを」

「わたしは、あなたのしようとしていることに協力する気はありません」

苦しそうにミーナが答える。
ローブの男は溜息を吐いた。

「貴女のワガママにも困ったものだ。おい、サイード。そのまま抑えておけ。逃がすなよ」

「はい」

のそりと、巨漢が首肯する。

難しい

シャニマス二百四十八日目。

第2形態アーマードタイプで第二シーズン。
グレードフェスの編成の都合でダンス値600超の果歩が必要になりました。

グレードフェス、勝てはするのですが記録が更新できません。

SR以上確定チケットで先生のお時間が一凸しました。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2018年12月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アーカイブ