店員は虎縞の猫で、彼女の茶色い毛並みは清楚なエプロンドレスの白に似合っておりました。
珈琲の注文を受けるにあたり店員からあれこれ珈琲豆を見せられましたがわからなかったので、店員に任せました。
珈琲豆はどれもわたくしの拳くらいの大きさで、これが丁度一杯分になるのだそうです。中央の機械に豆を入れると、すぐさま管の中を湯が巡り始めました。豆の投入口や管は九つくらいあり、同時に違う種類の珈琲を淹れることが出来るということです。
さて、店内の混雑により相席となりました。先に座っていたのは身なりの良い犬でした。それも、体格や仕草から判断するなら自分で獲物を追いまわす類いの猟犬です。わたくしは内心冷汗をかきました。