落書き:猫耳


話題:お絵かき


ぬこだよー



シームルグ召喚


ザールさんのお母さんが漸くやってきた。
息子共々味方のスキルターンを短縮するところは、流石親子といったところ。

しかし、属性やらタイプやらの都合上、編成に組むのが難しいので共闘する機会はあまりない。

元ネタによると、捨て子だったザールさんを拾って自分の巣で雛と共に育てたり、ザールさんが独り立ちした後も知恵を貸したりとちょくちょく助けていたそうな。

仔シームルグの兄弟に囲まれて、もふもふしてるザールさんとか可愛いなぁ…という妄想をしてみる。


ところで、シームルグのデザインはもののけ姫に登場するモロの君がモデルだったりするんだろうか。
鳥の王という割に山犬っぽい見た目をしているし、捨て子を育てて云々が被っているんで何となく。



ジャンヌ召喚


現在D2メガテンで行われているベヨネッタコラボのコラボ召喚を運試しにやったら、防魔のジャンヌが出てきた。
☆付きのではないので専用スキルは無いが、防魔なので破魔無効、プレミアムスキルにスピードスターを所持しているので、プレスキを足の速い仲魔に継承させても良し、ジャンヌ自体をクエストやアウラで使っても良いかもしれない。

とは云いつつ、やはり☆付きのジャンヌが欲しかったなぁ。
イベントが終わった後は間違いなく観賞用になりそうだし。


D2ベヨネッタコラボ


D2メガテンリリースから一周年。
遂に初のコラボイベントが今日から始まった。

コラボ作品はベヨネッタ。
悪魔として登場するのはベヨネッタとジャンヌ、ビラブドの三体。

ベヨネッタはキャラは知っているものの、どんなストーリーのゲームなのかは知らないのだが、イベントストーリー等を見ている内にどんなゲームなのかちょっと興味が湧いたので、機会があったらプレイしてみたいなと思った。

ところでイベントストーリーで、ベヨネッタに自ら踏まれるミートバルーンのシーンがあって笑った。
もう少しで何かに目覚めそう…!と恍惚の表情を浮かべていたが、もう目覚めてますがな。
あと戦闘BGMが格好良い。BGMが良いと戦うのも楽しくなる。

コラボイベント自体は普段のイベントと同じく、ミッションやクエストで手に入るアイテムを集めて報酬と交換するのだが、今回はランキングが追加されており、集めたアイテムの数によってランク報酬が貰えるので、究極召喚札を目指して頑張ってみるつもりだ。

因みにベヨネッタとジャンヌは事前予約件数達成のプレゼントとミッション報酬で貰える☆4素体の他に、召喚によって手に入るアーキ付きの☆5のものも手に入る。
此方は強力な専用スキル持ちなのだが、メガテンのガチャはしょっぱい事でお馴染みなので、なかなか当たらないだろうな。

なのでコラボ召喚は運試しにやる程度にして、☆4の方を育てようと思う。
折角のコラボキャラだしね。

そう云えば、ホームもコラボ仕様になっているのだが、クーさん達とベヨネッタの頭身の違いが凄まじくて並べると物凄く違和感。
クーさんもタムさんもスタイルが悪い訳ではないのに頭が大きく見える。
八頭身と十頭身の差って凄い。


落書き:師範代


話題:お絵かき


サモンズボードで師範代を務めているキャラ。
どのモンスターにもさんを付けて呼ぶ。

リンカの色違いとか云ってはいけない。


落書き:リンカ


話題:お絵かき


サモンズボードの狐娘。
獣耳は良い。



劇場版シティーハンター


話題:今日観た映画



相方に付き合ってシティーハンターを観に行ってきた。
シティーハンター自体始めて見たのだが、なかなか面白かった。
所々ギャクパートも入っていて笑わせてもらったが、個人的には緊張感のある戦闘シーンがお気に入り。
主人公の冴羽リョウがどうピンチを切り抜けていくのか、ついつい見いってしまった。
ところで、何となく戦闘シーンに既視感があると思ったら、攻殻機動隊っぽいんじゃない?という事で相方と意見が合致した。
それでもってネタバレになるのであまり詳しく書かないが、劇中に出てくるテクノロジーの諸々が何というか今風だなと思った。
テレパシーがどうのとか、戦闘兵器のドローンがどうとか。

ところで、キャッツアイのマスターの海坊主っておじさんキャラが気に入ったので、そう相方に伝えたら『ああ…』との返事。
攻殻のバトーが好きな時点で察してもらえると思うのだが、ああいうおじさん結構好きなんだよね。
厳つい見た目によらず、涙脆かったりするギャップが堪らない。


この映画でアニメに興味が湧いたので、暇な時にでも見てみようと思う。



苺のブリュレパフェ


話題:デザート


腐れ縁の五人で集まって、ロイヤルホストの苺のブリュレパフェを食べてきた。

みずみずしい苺たっぷりで甘みと酸味が爽やか。見た目によらずあっさりしてて美味かった。

そして甘いものは別腹というのを改めて実感した。

この苺のブリュレパフェの他にストロベリー&ショコラというのがあったので次は此方を食べてみたい。



<<prev next>>
カレンダー
<< 2019年02月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
フリーページリスト
HP LINK