○○始め


話題:ほんのりえっちなお話。



Nさんの仕事終わりを待って、
約1週間ぶりに会うことが出来た。



いつもの場所で、
いつものように彼の車の中でお喋りを始めた。



Nさんは年明けの休みに
兄弟や親類と集まってご馳走を食べたこと、

後輩たちとスノボに行ったこと。



私は、
娘と出掛けたあれこれ。

ふたりのボケボケ話なんか…



『相変わらず面白い母娘だね!(^◇^;)』

Nさんはまた爆笑してる。




ひと通り話し終えるとNさんは、

『会いたかった…』

私を抱き締めてくれた。



だんだん体が密着してって、


『そうだ!
新年明けて初めて会ったし、
ちゃんと挨拶しとかないとね。』



『挨拶?(。・・)』



『明けましておめでとうございます!』


そう言って私の胸もとに侵入してきた。笑



挨拶とか、余計なことをするから、


今年初めてのアレが、
まさかの車の中…



もぉ〜(´-ω-`)




『オレは11日までガマンするって言ってんのに、ぷくぷくさんが無理だって言うから(^^;)』




やだ、私のせい?




帰る前に、
もう一度私を抱き締めて、


『今年もよろしくね!』


『はい。こちらこそ(^^)』


『いっぱい行きたい所もあるし、
老体にムチ打って全力で遊ぶよ!』



『かしこまり〜(´▽`)ノ』








もうすぐNさんの誕生日。


次のデートは、
Nさんのお誕生祝いだね。



ふたりで、まったり過ごそ!

子離れ

先ほど
娘を見送った。


一緒に食べて、寝て、
お風呂に入って。




アイスクリームを買ったのに、

ふたりとも冷凍庫に入れるのを忘れてて、大惨事になるところだった。


一緒に笑い転げた。




今夜からまた ひとりかぁ。


学生生活最後の冬休み。



こんなにたくさんの時間を過ごすことは
もうないんだろうな〜。



泣きそうなくらい寂しい。



でも、

子供が成長するって そういうこと。







1週間ぶりに、

Nさんに会いに行こう。



前の記事へ 次の記事へ