ヤバい…

女友達と、

最近オープンしたお店で
牡蠣の食べ放題( ´艸`)



とにかくヤバい!




ヤバいのは、

プライスと お腹……



もう、今シーズン牡蠣食べなくてもいいくらい
食べちゃった(^^;)





牡蠣大好きなNさんに画像送ったら、

悶絶してた。笑




次はNさんと一緒に行こう(*^^*)




ぁ、


明日 制服のスカート、大丈夫かな(・∀・;)

Nさんと見るイルミ。

『よし!
そろそろ行こうか(^^)』


駐車場で日が暮れるのを待って、イルミネーションの会場に入った。


Nさんは、ちゃんとしたイルミを見るのは初めてだと、子供のようにワクワクしてる。


実は昼間もこの公園に来て遊歩道を散策した。

池の周りの紅葉がキレイで、
平日の公園はのどかで気持ちよかった。



『昼間と夜と、違う景色が見られるんだね。
すごい!』


『早く点灯しないかなぁ♪』




エントランスの近くで点灯を待ってる時
ちょっと冷えてきたので、
手をこすり合わせていたら、

Nさんが私の指先の冷たいのを確認して、
自分の手で包み込んでくれた。



お姉さんのアナウンスの後 会場が点灯され、
人の波に乗って奥へと進んだ。



広大な公園の敷地は、
たくさんの色のキラキラで埋めつくされてる。




『あそこ、見晴らし良さそうだよ。
登ってみる?』


『え〜っ、ずいぶん急な丘だけど(^^;)』


『オレが手を引くから。』




会場全体が見渡せる丘から
写真を撮った。


『まさかこんな大がかりだとは思わなかったなぁ。 来てよかったよ(*^^*)』

Nさんは上機嫌。

いつも機嫌はいいんだけど…




Nさんは、
写真を撮る時以外はずっと手をつないでくれてた。



ブルーがとてもキレイなエリアに来て、
ステキだね! って眺めてたら


『ちょっとこっち来て!』

Nさんは、イルミをバックに
二人並んだ所を撮ろうとした。



『やだ〜、恥ずかしいよ(;゚д゚)』


ビックリしちゃって後ずさりしてしまった。



結局、目から上だけ入れてツーショットで撮ったんだけど、

せっかく撮ろうって言ってくれてるのに、
ちゃんと撮ればよかったなぁ…(´-ω-`)



だって、
けんちゃんと7年も付き合ったのに、
写真とかプリクラとか1枚も撮ったことないんだもの。

そりゃ面食らうよね。



それに、
Nさんのお子さんたちが 彼のスマホをいじらないとも限らないし。

な〜んて変な心配しちゃった。


バカ……






昨年けんちゃんと見たイルミもキラキラしてた。



今年は〜

表現出来ないけど、


何より 手も心もあったかだったから。





『また来年も来よう!』




うん、


今度こそ、来年があるといいなぁ。

思い出更新

今日は朝からNさんとデート。

またまた美味しいものを食べ過ぎちゃった。


日が落ちて
イルミネーションが点灯されるまで
駐車場で待機。


Nさんは、隣でゲームしてる。
子供みたい(^^)



昨年、
けんちゃんと見た同じ場所のイルミネーション。

最初で最後になっちゃったな。
(昨年12月の記事にあるよ)



今年はどんなふうに見えるんだろ。


昨年よりキラキラして見えるのか、
色褪せて見えるのか。



Nさんは、とっても楽しみにしてるみたい。



ロマンティックな夜に
なりますように…

モーニングバーベキューだって。笑

今日昼から仕事のNさんだけど、



『モーニングバーベキューに誘われたよ。
オレ昼から出勤なのに…

あいつら狂ってる( ̄∇ ̄)』




『あいつら』とは、会社の後輩たち。


朝から肉とは…


モーニングバーベキューとか、
初めて聞いたわよ( ̄∇ ̄)




後輩たちは20代30代。
それに付き合うNさんもさすがだなぁ(^^)

お天気も悪いのに…





明日は、

私とイルミデート。


Nさん、食べ過ぎて体調崩さないでよ( ̄∇ ̄)






私もこれから出勤です。

ブラックフライデーの売り出しとか、
もうフライデーじゃないんだからやらなくていいんじゃない?


忙しいと、文句しか出てこない(^^;)




では、

行ってきまーす!




疑惑

こないだから、
心の端っこに引っかかっていることがある。



離婚してから、お子さんたちと離れて暮らしてるNさん。

でも、
お子さんたちはお父さん大好きっ子だから、
たまに会って食事したり出掛けたり。


最近は、
お嬢さんの彼も交えて会ってるのは知ってた。



つい先日も会いに行ってた。

きっと美味しいものを食べに行ってたんだろうと思って

『その日は何食べたの?』
 って何気に聞いたら、


『どこも行かずにね、あっちの家で食べたよ。』




あっちの… 家?



『うん、
向こうの両親も一緒だったんだけどね。』




つまり、

別れた奥さんの家で、お子さんたちと、別れた奥さんのご両親と食卓を囲んだってこと。

フツーに、家族じゃん。





『それって、 円満離婚じゃない!』


『まぁ〜
憎しみあってとか、奪った奪われた…みたいな話じゃないからね。』





今まで彼から聞いてたことを整理してみた。


そういえば、雨でどこも行けない時は
お子さんたちとゲームして遊んだとか…


そこのお家で遊んでたってことね。



そういう話の時は、
なんとなく『まぁいいじゃん!』みたいに話を逸らされたことがあったな。




そうなると、
よくお友達の家にお泊まりしてるって話。

それはどうなんだろう? ってことになる。





今回のこと、
テキトーに嘘ついてもかまわなかったのに、

正直に話してくれたってことは、

やましいことがない、ってことかな。






疑うとキリがないからこのへんにしとこう。




それ言うと、

私だって元・夫と連絡取ってないわけじゃないし。


娘のことで電話もするし、

先日は母の病気のことで心配して電話くれたし。


実は嫌だと言いながら、

元・舅、姑のお遣いを頼まれたり、
病院に連れてったりもしてる。

もう他人なんだからいいと思うけど…






Nさんは、
離婚してから10数年が経つ。


もしかして いつでも夫婦に戻れるんじゃないかなぁ。




だったら、

私の出る幕はない……






なぁんて 思っちゃった。
前の記事へ 次の記事へ