スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

ハリウッド界の孫悟空やー

職場のアクション映画仲間から勧められてキャプテン・マーベル観てきました。これ観とかないとエンドゲームわからんよと言われたので。で、じゃあ観とくかー程度に観に行ったのですが、少年ジャンプ的胸アツ展開に思いの外キャッキャしました。もうね、ハリウッド界の孫悟空(ドラゴンボール)でしたわマーベル。あと、確かにこれ観とかないとエンドゲームわからんわ。サンキュー職場の同士よ。他にも、90年代が舞台だったんですが、サミュエル・L・ジャクソンが当時のサミュエルそのまんまで、現代の最新CG技術のクオリティの高さに脱帽しました。

来月のミュージカルがレミゼだけなんで、5月は結構映画を観に行けるかなと思っています。エンドゲームとアラジンは絶対観たいし観に行くし、気分が乗ったら名探偵ピカチュウも観たい。

ダンボ!ダンボ!ダンボ!

本当はダンボが観たいんだわ。でも観たらシャレにならないくらい泣いちゃうってわかってるから、テレビ放送するまで我慢しています。観賞は我慢するけど、辛抱たまらんくて仕事帰りにTOHOシネマズ行ってグッズ買ってきました。小さい頃ダンボが好きだった気持ちが今ならなんとなくわかります。ストーリーは「うちの子になりなよ!ジャンボもダンボもひっくるめてアタシが面倒見てやる!!」ってくらい泣いちゃうやつなんですが、単体で見るとダンボがとにかく可愛いんですよ。表情、フォルム、ひとつひとつの動きの愛らしさが100点満点花丸なんです。

破壊的にかわいかわいそう

映画館で実写版ダンボの予告見て泣いて、家帰ってアニメダンボ見て号泣したんですけど、幼いアラマキはなんでダンボ好きだったんだろうかと不思議に思いました。サディストだったのかしら。だってさ、ダンボかわいいけどすげーかわいそうで、ジャンボと引き離されてめそめそ泣いてるダンボとかもう「こっちおいで!うちの子になりなよ!」って思っちゃう。アニメダンボと実写ダンボは多少設定とか違うと思うんですけど、それでも絶対泣いちゃうから映画館では観れない。上演中ボクシングでもしてた?ってくらい目ぇ腫らしそう、泣きすぎて。実写アラジンは観れるけど実写ダンボは無理だわ。

3も見逃せない。

恩讐の彼方に、を観てきました。噛狡かっこいい!学生時代にブータンをテーマに論文(卒論ではない)を書いたことがある身としては、ちょっと舞台にワクワクしました。あと、エンドロールでガルシアが磯部勉さんでぎゃっ!となりました。
新シリーズで花城フレデリカさんと噛狡出たら嬉しいな〜と思うラストでした。

泣いたしカッコ良かったし

First Guardianっていう響きカッコ良すぎぃぃぃ!とっつぁんありがとう2Dで観れました。2Dでありったけの集中力で観賞できたので、正直ちょっと泣いた。
とっつぁんの渋カッコ良さは周知の事実でありますが、須郷がな、須郷がな、いい奴カッコ良いんですよ。最初から最後までカッコ良いに満ち溢れたカッコ良い話なんですけど、いやもうほんとカッコ良かったんだわ。このパッションをどこで昇華しようかと悶々と一晩明かして観賞翌日、運良くアニメに造詣の深い職場の人に会ったので彼にぶちまけてきました。めっちゃ早口だったと思うし、はなしの10割が支離滅裂だったと思うんですがパッションは伝わったと思ってます。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2019年06月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー