大事な話は海辺がいいね





昨日はとてもかわいいワンピースを着て、神戸までデートをしてきた。このかわいいワンピースは、実は15,000円もする代物である。頭がバグって買ってしまった。完全にバグっている。でも可愛いから自分を許す。

デートは、ジブリの大博覧会へ行き、南京町で食べ歩きをし、メリケンパークで海を眺めた。


彼はそんな最中にも、たまに就活に怯えていた。シビアな時期なのだろうな。わたしは就活をしたことがないから、朝井リョウの何者が就活の全イメージである。もしそのイメージが正しいのだとすれば、就活とは大分と殺伐とした、生死を分ける戦いなのだな、、という感じで、彼にとても同情的な気持ちになった。

海を眺めながら、今後やりたいことや、今考えていることなどの話をした。そういう話をするのは海辺がいいなぁ、とおもった。

まだ付き合って1ヶ月しか経っていないのに、わたしとずっといるためにどうしたらいいのか、なんて考えている彼がとても可愛いなと思った。年の差もあるし、わたしはわりとライトな気持ちで付き合っていたのだけど(傷付くのも怖いし)、彼はちゃんと向き合おうとしてくれているのだなあ、と反省した。







話題:デート



楽なのが色々と一番なので






職場用のだる着だけど、わりと気に入っているパンツ。ニコアンド大好きマンなので、このパンツもニコアンド。くるぶしが見える丈なの超かわ。そして楽。何よりも楽。服を選ぶ上で一番重要視するのが楽さ。デブだから。



そう言えば、以前の更新でハタチの彼と水族館に行くよアピールをしていたのだけど、ちゃんとマジで行ってきました。魚見ました。ジンベイザメってもっと大きいと思っていたのだけど、わりとコンパクトなんだね。

そして何やかんやとあり、正式にお付き合いをする運びとなりました。いいの?いいのか?わたし??という感は否めませんが、好きって言われて、わたしも好きだと思ったし、それ以上でもそれ以下でもない感じで。先のことは分からないけど、損得感情抜きで、この可愛い彼と同じ時を過ごしたいと思った次第でした。


次回、私の歪んだ恋愛観を彼にぶつけ、無事自滅!メンヘラ闇落ち女と化す。





話題:今日の服装

夏何を着ればいいの





ニコアンドの白Tがかわいすぎてヘビロテしている。楽。とても楽。最近は暑すぎてめちゃくちゃ夏服を着ているのだけど、今でこんな感じなら、夏何着ればええんや??という感じである。

私はいつも季節感があまり分からず、冬服になるのも早いし、夏服になるのも早い。私には春と秋が存在しない。ダサイ奴の象徴である。
オシャレになって、インスタグラマーとかになりたい。あ、うそ、別になりたくない。どちらかと言うと、インスタよりもツイッターの方が好きだ。ツイッタラーにはなりたい。恋愛ポエムとかを書きながら生活していきたい。



それはそうと、唐突に話は変わるのだけど、明日(日付が変わったのでもはや今日)は、ハタチの子と水族館へデートへ行く。わたしは一体何をしているのでしょうか。どこへ向かうのでしょうか。よわい25歳になると言うのに、4歳も年下の男の子をたらしこむなんて、、という感じ。





話題:今日の服装



ただの備忘録なので





めちゃくちゃ唐突な話なのですが、いま年下からモテている。どういうことかモテている。

いま、なんとびっくり!ハタチの男の子とそんな感じである。いや、別に付き合ったり変なことはしていないけど。

引かないで聞いて欲しいのだけど、昨日の夜、ひょんなことからその男の子がうちにくることになった。来るにあたっての経緯は面倒なので割愛する。

夜にうちにくるということは、まあ、この年になればそういうことになるのかなぁ、なんて考えてしまいますね。しかしこれは汚れた大人の考えなのです。

彼は日付が変わる前にうちに来て、3時過ぎまでお話をして(マジの他愛もない話)、3時間ほど寝て(マジの睡眠)、朝学校に向かっていった。

それだけで汚れた大人はときめく。なんて素敵な夜。嬉しい。

3時過ぎに寝るまで、彼はめちゃくちゃに眠そうにしていて、私は年上なので、明日も早いし早く寝な、と諭した。しかし彼は「せっかくきたし、○○ちゃんといっぱい話したいから寝たくない」と譲らなかった。なんて可愛いのだ。

朝も、スッピンが可愛いと褒めてくれた。きっと社交辞令であるだろうけど、気遣いのできる良い子だと思った。帰り際に、また遊んでくれる?と聞いてくるのも可愛かった。

駅まで歩く中で、ああ、もう駅に着いちゃう、寂しい。と言ってくるのも可愛かった。可愛い話しかしていない。

そんな彼はマッシュヘアに古着を好むオシャレボーイである。私の好みどストライクである。しかし付き合う???となるとどうなんだ。4つ下はしんどくないか、わたしはもうのんびりしてる歳じゃないんや、、という気持ちになる。

そしてこのときめきは恋なんかじゃないんじゃないか?気の迷いなんじゃないのか?ただの母性なのではないのか???という感じである。

もう恋とか愛とか何もわからない、何が正しいのか分からない!分からないったら分からない!!!







話題:行くあてのない気持ち

ネバーエンディング思春期






今日はハンブレッダーズのワンマンライブへ行ってきました。みなさんご存知ですか、ご存知ではないですか、ハンブレッダーズ。

グイグイきてる、それはもうグイグイきているインディーズバンドなんですけどね、初めてワンマンをすると言うことで、行ってきたんです。

もうめちゃくちゃ良かった。CDで聞くのとは全然違う、CD音源はCD音源でよいのだけど、ライブは全身全霊で音楽を受け止めて、ハンブレッダーズの全てが降り注ぐような、そんな感覚になって、もうね、ほんとにね、激エモだった


ボーカルのムツムロさんが言った、何となく始めた音楽で、何となくが積み重なってできたあの空間が、紛れもない本当だった。あの空間にはハンブレッダーズの音楽しかなかった。

冴えない学生時代を送ってきた、思うようにならない思春期だった、そんなひとに聞いてほしい。ネバーエンディング思春期





話題:ライブ

前の記事へ 次の記事へ