同性愛者が気持ち悪い人の気持ちが少しわかる話

だって私は異性愛者が気持ち悪い。

といっても
異性愛の概念が気持ち悪いわけではない。

この女とこの男が付き合ってると考えると
ゾッとすような気持ち悪さを感じることがある。

不思議なことだ。
私のセクシャリティの自認はAセクなのに
過去男とも女とも付き合ったことがあり
今の男性のパートナーの子をなして
今子育てしている。

なのに異性愛者を
「まじかよキモい」
と思う瞬間がある。

たぶん同性愛者を
「まじかよキモい」
と思う人と同じだと思う。


まあ、それを声に出して言えちゃうのは
マジョリティ様だからだろうけど。


先日、ひどい奴を見た。
知人を通して仕事を依頼したカメラマンの女。

たまたまその場にいたメンバーで
「LGBT問題につよい弁護士さんがいる」
「ご本人がオープンゲイで」
という話で

そのうちの1人が
「あ、私その人知ってるかも!この人ですか?」
とFacebookを開いた。

「ああ、そうそうこの人!」
「どこで知り合ったの?」
みたいな話の流れのところに

そのカメラマンは
「えっ、プロフィール見せて見せて!」
と割り込んできて

「アイコン見せて」
「どんな顔してるの?」
「あー、ゲイの人っぽーい」
などと知性のかけらもないことを言うので
二度と関わらないことを決めた。

成果物が納品されたら二度と関わらん。

これ書きながら思い出したが、
彼女にはプロフィール写真を依頼したんだが
やたら女っぽいポーズをとらせるので辟易した。

こっちはナメられないような
写真をくれって言ってるのに
ジェンダーロールが強めで無理〜って感じ。


ほんとね、フリーランスとか自営業者とか
吹けば飛ぶような小さい会社の経営者とか
仕事に影響するから
公での発言は気をつけたほうがいいと思うし、
時代の空気くらいは読んだほうがいい。

ていうかあの女はまずその場の空気読め。

家制度なんてくだらない

いやまじでほんとうちの父早めに死なねえかな。

日頃は自室に引きこもってばかりで
話すこともあんまりないっていうのに。

土日外泊したら
「なんで言わなかったんだ」
「一緒に暮らしてるんだから」
「お母さんは知ってたのか」
と不機嫌になるの厄介すぎる。

当然名実ともに生活を共にしてる母には
伝えて行ったのだけど
「お母さんだって何も言わないし」
などと言う。

いや、お前が自分で聞けば良い話では?
「サイカが居ないけど今日は遅い日なのか」
と聞けば済む話では?

なんでぼけっとしてるだけで
欲しい情報が手に入ると思ってるんだ?

なんでこっちばかり
コミュニケーションコストを払わなくてはならないんだ?

そもそもが機能不全家族なのに
ぼんやりしていても
家族が家族らしく振舞ってくれると
思ってるとはおめでたい。


家族が家族らしく振る舞わないことに
うちの父は一番怒る。
じゃあまずお前が父親らしく振る舞えよ。

勝手な想像だけど
私が生まれる前に死んだ父の父は
そういうタイプだったんだと思う。
家父長制の立派な長であったはずだ。

前妻である父の母が父が20歳の時に死んで
割とすぐに後妻である私の祖母を娶っていることや
後妻である私の祖母の発言、
彼らが親をやっていた時代を考えれば
男三兄弟を育て上げた祖父は
さぞかし立派な男だったんだろう。

うちの父の兄(長男)がそのタイプで
親族が集まったときにそれらしく振舞うタイプだから。
きっと彼らの父がロールモデルに違いないと
私は思っている。

そのロールモデルをそのままなぞるためには
父は性格的に難しいし
時代的にも難しくなってから結婚している。


早めに死んで欲しいと思う理由の一つが
墓の問題だ。
父は子供の生まれなかった親戚に
ハタチで養子に出されている。

一番重要なのは墓を守ることらしい。
よく知らないが、
どうやら父とその親戚の仲は良好で
父はいつもノリノリで熊谷の墓へ行く。

墓参りらしい。
気分が乗っていればほとんど毎月行っている。
あんなクソ遠いのに。

私は一人っ子なので
その役割が私に回ってくるだろうし
それを期待されているのだろう。

熊谷に行ったのは記憶にある限りでは
数年前見知らぬ爺さんが死んだ時に
葬式に出た、ただ一度だけなので
ごめんこうむりたい。

たぶんその死んだ爺さんは、
戸籍上の私の祖父なんだろうと思っているけど
詳しいことは知らされていない。
というか興味がないから聞いていない。

知らされているのは
私の大学進学時に金を出してくれた
という情報のみ。

「この爺さんの金で大学に行かせてもらっていたのか、
それでは謹んで葬儀に出席しよう」
とはならない。

「こんなクソ忙しい時に死にやがって、誰だそいつは」
である。

大学費用のことを後出しで知らされても
「はあ、そうですか」
としかならない。

進学時に金の話はほとんどされた記憶はないし
馬鹿だから国公立は無理だったけど
それに関して何か言われてもない。

金に関してはノータッチだったので
このタイミングであれば
私ではなく金を受け取った両親が丁重に葬儀に出れば良いのでは?
としか思わなかったけど連行された。

というか、後からそういうことを言うなら
進学した時点でそれを私に知らせ
私から体調にお礼を言わせるべきだったのでは?

ていうか金を出してくれたってなに?
一部?全部?
それさえ私は知らされていない。

父は私に墓を守らせたいくせに
その努力もしない。

全く熊谷とは縁もゆかりもないので
墓なんて寺にでもやって
無縁仏にでもなんでもすればいいと思っている。

ちなみになぜ全く関わりがないかといえば
私が赤子の頃に連れて行ったら、
父の養母にあたる戸籍上の祖母が母に向かって
「子どもなんてうるさい」
みたいなことを言ってブチ切れさせたため
一度も関わらせていないと聞いている。


全く知らないものを継ごうと思うわけないんだけど
どうやら父方の人間は総じて馬鹿なので
私が継ぐと信じているらしい。
馬鹿だな。

父が死んで慌てふためけばいい。

まあ、爺さんの葬儀に出たときに
若い人は見当たらなかったので
もしかしたら父が死ぬ頃には
全員死んでるかもしれない。

父が死んで熊谷の墓に入るなら
墓参りくらいは行くかもしれないが
母はその墓には入らないだろうし
あんな何もないクソ田舎にわざわざ行きたくない。

子どもの出生届を出したときに
私の戸籍は自動的に分籍しているし、

しかもその際自分の本籍地の住所がわからず
とりあえず熊谷としか伝えなかったため
謎に熊谷市役所が本籍地になっている。
ウケる。

本籍地も熊谷である必要もないし
こっちに本籍を移そうかなと考えている。
書類取るのだるすぎるので。

うち借家だし、
どうせ今後も家は買わないし
住所が市役所でいいなら
地元の市役所の住所がいいんだけどな。


そんなわけで父を始めとした父方の親戚、
二度と私に関わらないでほしい。

いまが産後なの不条理すぎる

胎児が出てきた以上、
母体の状態は産後扱いになるの
マジで納得できない。

子どもがいるって対価がないのに
こんな寒いのに湯船に入れないし
抜け毛と白髪はすごいし
メンタルがたつくし。

クソ忙しいのにやってらんねえ。


昨日くらいから
パートナーを殺してやりたい気持ちがすごい。

あれは基本ポジティブモンスターで単細胞なので、
恐ろしいほど内省しないし
恐ろしいほど対話ができない。

人間は自分が見たいように現実を見るとはいえ
ちびの父親という役割が単なる精子提供によって
もたらされていることを
再三言っても理解できないらしい。

子育ての一部を担うこともなく
(別々に暮らしているから仕方ない)
養育費を払うこともなく
(今年向こうが経済状況終わってた)
てめえ父親面してんじゃねえよ殺すぞ。

くらいには思う。

金銭的時間的リソースが豊富そうだと思ったから
子どもを産んでもいいと思ったのに
まさか妊娠して早々
向こうが納税地獄になるとは思わなかった。


Aセク寄りの人間としては
性愛も情愛も私はいらないので
ほんと金と手だけくれれば文句ないんだけど。

向こうが完全にストレート男性なので
彼は私に性愛と情愛ばかりくれる。

それが愛情だとでもいうかのようだ。
そんなもんは子どもが生まれた時から
いらねえって言ってるのに。

いま私の優先順位は
彼との時間<子どもとの時間<<仕事
なので、

仕事でもなんでもなく彼と会う時間は無意味だと感じるが
彼は情愛と性愛の世界の人なのでそうは思っていないし。

「愛があれば乗り越えられる」
的な価値観も
まずその愛の定義に認識のズレがあるから
ちょっとお前その愛とやらがなんなのか言ってみろって感じだし。

互いの言語能力が違いすぎて話にならん感じはある。


なんでもそうだけど
能力が高い方が低い方に合わせないと
何事も進まないので
こと対話という意味では私が疲れて終わる。

だってあいつバカなんだもん。
なんなん。
なんであんなクソみたいな読解力なん?
しね!刺殺体でメタモアの前で発見されろ!


と、産後メンタル的にはなっている。

普段は
「バカでも愛嬌があって可愛い」
「天は二物を与えないんだな」
で許せることも多いのだけど、

ほんと何もかも許せないので
私のホルモンはもう少し頑張って整ってほしい。

冷静に考えれば
自分ではない他人が自分の思い通りになるわけがないので
他人への期待値が爆上がりしている感はある。

娘のために使いたい

出産育児一時金がおりるらしい。
おかげさまで病院の費用はまかなえたわけだが、
半分以上残っていて、どう使うか困っている。

葬儀のお金にあてようと思ったら
火葬もそんなにお金かからなかったし。

葬儀屋の用意する骨壷も簡易的なものと聞いてたので
じゃあしっかりした骨壷を買おうと思ってたけど
簡易的もころか普通の骨壷だったし。
わざわざ新たに買うまでもないというか。

どうしたものか。
娘のために使いたいんだけどな。
使う相手がいないというのは悲しい。


色々調べてたら遺骨ペンダントなるものがあるらしい。
ペンダントの中に分骨して身につけられるというもの。

あんまり身につけたいようなデザインは少ないんだけど、
私の精神には割と良さそうなので少し検討している。

娘が出てきてしまったときの感覚が
ふと蘇ってしまってすごくつらいときとかに
せめて縋れるものがあると違う気がする。


とはいえ
そんなに高いものを買うつもりもないので
やはりお金は余る。

せめて上の子に使うか。
息子の口座に入れておこうか。

ゆったりとメンタルが削れてきている

あんまり考えないようにしているんだけど
どうしても沈む。

というか、
火葬の日までは割と元気に過ごせたんだけど
その翌日から体調もなんとなく悪いし
精神的にも沈んできている。

火葬の日で供養を一区切りにして
あまりメソメソしたくなかったのだけど。


妊婦という存在が今の私にはしんどいらしくて
先日保育園でちびっこが服の中にボール入れて
「見て見て〜あかちゃーん!」
ってやってきたのが地味にショックだった。

妊婦さんを見るとちょっとショックを受ける。
ショッキングなものを見ている気分になる。
それがどういう感情なのかはまだよくわからない。


ちびすけが最近重たくて
10キロ超えの息子を抱っこしてると
前回の帝王切開の傷が開くんじゃないかと
ヒヤヒヤしてしまう。

婦人科で先生がそれを心配してたので
よけいに心配してしまう。

早産で帝王切開だと子宮破裂のリスクが高いらしい。
ちびが成人するまでは死ねないから
そういうリスクは極力排除していきたい。


精神的に沈んでいると頭もあまり働かない。
ぼーっとしてしまう。
仕事にならない。

納期がやばかったけど
この感じだと絶対無理だから伸ばしてもらおう。
少なく見積もって2週は後ろ倒しにしないと無理だわ。

この納期を伸ばすこと自体も好きじゃないし
そのせいで凹んでるのもある。


来月頭に忘年会という名の友達の結婚祝いがあるから、
それまでにはメンタルを立て直したいんだけどな。
あと10日もあるから立て直せると思いたい。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2019年02月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
アーカイブ
カテゴリー