タイトルなし

絶叫系制覇!!!

何一つ欠けてない


学校の皆さんと会話することに苦痛を感じるようになってきた。
元々一人でも楽しく過ごせてしまう性分なので、尚更怠い。振り返ってみると完全に一人の方が充実できてる。

最近ではかなり前に買ったアルジャーノンに花束をという小説に感銘を受け、何回も読み返してます。翻訳が面白いんです。
凡人の私が結果を残すには地道な努力を積み重ねていくしかなくて、そしてそれができるのはとても幸福なことなんだなと思いました。
さてここからが勝負時。私は自分の十代が無駄じゃなかったという証明がしたい。

前の記事へ 次の記事へ