不完全のまま生きていく

今日からマックカフェでプレミアムチョコフラッペ等が発売されます。早速、マックカフェに行き、ドライブスルーで「プレミアムチョコフラッペのMサイズを一つ」と言ったら間を置いてからスピーカー越しに「へ?」と返って来ました。へ?へ?!へ?!?!へ?はあかんでしょう!へて何や!友達か!「すみませんが、もう一度お願いします」で御願いしますじゃないと私がビクッてなります。後、私が▲チョコパイを頼み忘れます。頼み忘れました。正直、味は普段のチョコフラッペとあまり変わりないのですが、美味しいです。ホイップが一番美味しい。


OWでアプデが来て新ヒーローのアッシュの追加、マーシー等のヒーローの強化がされました。新キャラアッシュの即ピックフェスティバルの始まります。どちらが上手いアッシュを使える人を引き当てるかガチャ。私はこの祭りに乗らないのですが、練習場で少しだけ触って来ました。連射が出来ず、強制タップ撃ち、リロードは一発一発装填すると言う癖の強さ。リロード中でも装填してる分ならリロキャンで撃てるみたいです。それでも強い癖が。ヘッショしても少し体力が残る位の攻撃力。ULTのボブは突っ込んで止まったその場で範囲内の敵を攻撃する使用です。穴に落ちたらボブは死ぬ。ナノブもかけれるし、回復も出来る。このボブが思ったより固くなく、盾等の安全圏があれば容易く撃破出来ます。ただ、乱戦時に居たら撃破には厳しい体力をしています。使いたいけど癖がストロング。見た目からきつそうな性格してますが、挨拶とかちゃんと出来るそこは御嬢様なギャップがある人。まあ、挨拶出来るとかそんなんリーパーとかもそうなんですが。声も可愛いのですが、39歳とマーシーよりも高いオーバーウォッチクオリティ。でも、ボブに「何とかしな!」とか言う辺りがなんか阿保っぽい。でも、実際は賢い、はず。いつか使えたらと思います。他のオフェンスも碌に使えないくせに。


今更ながらルーシー観ました。リュック・ベッソン監督で面白そうと気になりつつも観る機会を逃していましたが漸く鑑賞しました。?い摘んで言うと人間の脳は10%しか使われてないけど100%だとどうなるかと言うものでマフィアの闇取引に巻き込まれてしまった主人公のルーシーが麻薬の影響で脳が覚醒する話です。予告や粗筋で既に興味をそそられるものだったのですが、思っていたものとは違いました。ラストもバッサリ終わり、時間も短いもので余韻に浸る事もなく呆然としてしまった私は他の方のレビューを読みに行き、賛否両論な事を知りました。一つのレビューに映画についてのテーマと解説があり、良いテーマだし、納得はしたのですが、納得した上でも私は面白かったとは言えないです。テーマの深さや人間離れしていくルーシーは凄いと言うのは解るのですが、決して話は面白いとは思えず、それこそ100%の脳を使っているのを10%では理解出来ない様な置いてけぼりを食らった感じです。感情移入が出来ず、カタルシスを齎す事もなくただ、凄い事が起こってるのを観ていました。面白いと心底称賛してるレビューを読む限り、私には合わなかったとしか言えないです。ただ、映像の美しさやカーチェイスのシーンは良かったです。



(詳録181121)

Excelsior!

アドレナリンを観ました。マフィアに毒を打たれた主人公が毒の効果を遅らせる為にアドレナリンを出し、過激な行動を続けながらも報復する話です。主演はステイサム。正直、話が面白いとは思わなかったですがステイサムが死なない為に無茶苦茶するのは面白かったです。際どい格好でバイクを走らせようとしてるのも面白かったのですが、それを生身で止めようとしてる警官も面白かった。頑張ってた。でも無理だった。オカマが可哀想だった。何も悪くないのに挙げ句、あの扱い。話は面白くなかったけれども最後のあの窮地でどうするかと思ってたらの逆転には驚きました。でも、基本はステイサムが無茶苦茶するのを楽しむ映画でした。


今朝、スタン・リーの訃報を聞きました。ただただ悲しいです。数々の素晴らしい作品を生み出してくれて有難う御座います。今までも好きですし、これからも好きです。ただ、これから映画を観る度、あの姿が見れないのはあまりにも寂しいです。辛い。



(詳録181120)

迫る狂乱

初めて新作大乱闘のCMを観ました。発売まで愈々と言うのが感じられますね。突然の事だったのでちゃんと見れなかったのですが、公式であったのでそちらを拝見。逆再生の映像と通常再生の映像があり、何故二種類あるのかはわからないですが、どちらも楽しめます。全員のファイターが登場している訳ではないですが卿は居ました!卿格好良いですよ卿!!!!


OWで純正コントローラに慣れてきましたけどホリパッドが明日来る。



(詳録181120)

いつかの再会の前に

OWでアッシュが新ヒーローとして発表されたばかりですが、既に今後6人のヒーローの参戦も決まっているそうで、短編アニメーションのREUNIONにも出ていたエコーも参戦するそうです。あの子はやっぱりアテナじゃなかったのですね。どんな子なのかもさっぱりわからないですが、サポートっぽいですよね。マクリーとの関係も気になります。マクリーを人として接してくれるエコーチャン優しい。


久々にルパパトを観たのですが、花家先生みたいな人が出てました。髪にメッシュしてたし、肩に羽織ものしてましたし、武器は銃でしたし。でも、「ガシャット寄越せ」って言ってないから違うかもしれない。


今日も大体寝てました。



(詳録181120)


安全圏は何処にもない

コントローラが慣れない純正コンでOWをやってるのですが、今一やる気が出ない。Amazonで新しいコントローラを注文しました。いつも黒なのですが値段は変わらない様なので青にしてみました。それまでは純正コンと仲良くしないといけません。あっちにそのつもりはない。


妹壱号が借りてきたハウス・シャークを観ました。Z級の鮫映画の中でも初めて観た映画でした。知的風ハットサンの動画でしか観られない類の映画でした。酷い。抑久、予告編の時点で嫌な予感がしてたんだよ私は!これは我々の手には負えないと!歴代の屈強なクソ映画ジャンキーの戦士じゃないと開けられないパンドラの箱だと!まあ、戦士でもないのに観てしまったのですが、これは何の時間だ、私は一体何を見せられているのだと言うのが多いです。最初から割り切って観れば面白い所もあるのですが、心の底から湧き出てくる感情の名前が苦しみと気付かされた時はやっぱりこの映画アカンわと思いました。スタッフロールで途中から怒濤のロン・ボンクが出て来るワスカバジ式を壱号に指摘されたのは面白かったですが、この映画を一度、一人で観てもう一度私と観る壱号を観ていて手の届かない落ちる所まで落ちたのだと切なくなりました。助けるつもりはない。楽しめてる様で何よりですが。一人では観れないこんな拷問。主要人物が和気藹々としてた時は面白かった。フランクは気持ち悪い。因みに主人公。


王國心の最新トレーラー見ました。この前のが最後ってコメントは何やったんや。今回も100エーカーのミニゲームがあるみたいですね。9が喋ってましたね。4と9と言う新鮮な絡み。相変わらずやる気はなさそうですが、彼の目の色ってあれでしたっけ?金色なら敵なのですが。どうなんでしょう。そう言えば3はどうなった。思念がまた寺ノートと戦ってたり、ネオ機関の右側のメンバーの背丈が気になったりと又もや気になるトレーラーでした。これが最後なのでしょうか。


大体寝てた。



(詳録181115)
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2018年11月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アーカイブ