象る親愛を誤る

御昼休みにホットケーキを拵えて食べながら二度目のスコーンを拵えたのですが、二回目にして失敗しました。あまりにも簡単だったので、レシピも覚えていたつもりだったのですが、一纏めにした生地をオーブンで焼く前に切るのを忘れて焼いてしまい、約20cmの生焼けスコーンが出来ました。あんなにイージーなのに調子乗ったからに!所詮、私は怠慢が服を着て歩いてる様な存在!誰も御前を愛さない。でも、生焼けでしたが、それはそれで美味しかったです。そもそも、生地の時点で美味しいですよね。ハイ。だからこうなる。添付は既に半分食べた生スコーンと妹壱号作の御菓子。


冬アニメが始まって暫く経ちますが、今季はポプテピ、ダリフラ、CC、自動手記人形、弱虫、刀剣、F/E、大罪、I7を観ています。今の所、ポプテピ、ダリフラ、CC、自動手記人形、弱虫、大罪が面白いです。一番はダリフラかもしれないです。ポプテピは面白いと言って良いのか良く解らなく時があります。自動手記人形は話が良い。CC、弱虫、大罪は言わずもがな。


ノルウェーのカーリングのトマス選手がイケおじ。



(詳録180218)

消滅と顕在

D23 Expo Japan 2018で公開された王國心の最新トレーラーを観ました!以下に感想を書いてるので気になる方は先にトレーラーを観て下さい!是非!







ま さ か の 丸 サ ン ! 生きとったんかワレ!消滅した無体が人間に戻るなら生きてるのでしょうが、まさか復活するとは思わなかった。そしてネオ機関メンバー。また乗っ取るつもりなのですか。いやー、吃驚した。他のメンバーももしかして可能性はあるのでしょうか?気になります。スマホのゲームで丸サンが人間だった頃らしきキャラが居るそうですね。初めて知りました。新しいワールドはリークされてしまっていた化物会社が来ましたね。空達も化物の姿になりますよ。玩具話でも薄々勘付いていましたが、やはり、中の人は違う様ですね。残念です。マイクワゾースキー。今更ですが、本当に五人で戦えるのですか?凄い。髪長姫もガッツリ戦闘に出ていて負ける気がしない。フリンが樽に乗って通りすがったの面白かったですよ。君も戦うのか。馬の方が強そうですよ。寧ろ、髪長姫が居たら十分ですよ。人魚は召喚枠になってしまったかもしれないです。召喚か解らないですが、ドリームイーターが出て来ました!可愛い!また逢えるのが嬉しいです!そして、最後の最後に驚いたのが兎が出て来ました。生きとったんかワレ!いや、もうどう言う事よ!嬉しいけど!そんなこんなで新しいトレーラーを観る度に泣きそうになります。以遠ツォを一目見たい。早くプレイしたい。年末でしょうね。遅れて来年になる可能性もあると思ってます。リクが15の王子みたいに見えて来た。


父が時系列は過去の話を描く龍が如くの番外編を始めたのですが、今まで通り絡まれる中で、足が臭いと言われて絡まれてるのを見て吃驚しました。足が臭い。見ていてムカつくとか、気に入らないとか、親父狩りとか理不尽でも解るのですが足臭いて。嗅いだのか。足を。嗅いだのか。若しくは余程、臭いのか。いやでも、足が臭いて。衝撃的な絡まれ方。足が臭いて。


妹壱号が教習所に通い始めました。ガンバルンバ。



(詳録180216)

散らす壊残

スコーンを拵えました。ホットケーキミックスを使った、他には牛乳とバターと板チョコだけと言う材料が少なく簡単且つ美味しいスコーンが作れるレシピがある、そうそれがクックパッド。怠慢が服を着て歩く様なこんな私でもスコーンが拵えられるそれがクックパッド。有難う御座います。


最近のOWで豚とかメイとかゴリラを使う様になりましたが、当然ですが、模索、練習中なので、無理そうだったら流石に変えます。本当はオフェンスも練習したいのですが、やらかしそうなので他のから。メイチャンを使った時に偶々ですが、トレーサーを二回ヘッショで倒せたのが嬉しかったです。偶々ですけどね。メイチャンの氷柱は速射じゃないのですが、あれはあれでやり易い時がある。モイラがウィドウとマクリーと話してるのを生で聞けたのですが、人選が解らない。もっとタロンとタロンタロンしても良いのですよモイモイ。マクリーの伝統が当たりまして、着てはいますがイベントが終わったら脱ぎます。


父と妹弐号が共有なのかPS4を購入した様です。当面、弐号が使うみたいですが。思ったより早かった。サプライズ。



(詳録180214)

常軌に会稽に暗闇に

今回のビルドの粗筋がスタークおじサンだったのですが、スタークおじサンしててニマニマしました。スタークおじサン良いですよスタークおじサン。メタ発言もさらっとしちゃう茶目っ気あるおじサン好き。西都のライダーも格好良かった。始まってしまった戦争が中々終わらない。


プリズナーズ観ました。二組の家族が一緒に感謝祭を過ごしていたその日に各々の家族の少女が二人失踪してしまい、直ぐに警察が動き容疑者を捕まえるも証拠不十分で釈放されるが、少女の父親の一人が容疑者が犯人だと確信し、娘助けたいが為に一線を越えたある行動に出てしまうと言う話です。正統派なサスペンスであり、ミステリーだと感じました。他人事ではない内容で自分ならどうすると考えさせられる映画です。父親がやった事は正しい事ではないのでしょうが、皮肉な事に父親が何もしなければ本当に何も解らなかったのではないのでしょうか。そう思うと何が正しかったとか間違いだったとか解らなくなってしまいますね。ただ、とある人物はただただ不憫で仕方がないのですが。真相を知り、最後まで見終わったら思わず深く息を吐く思いになります。


OWイベントは既に始まってますが、二日振りのヒーローです。二日間のブランクだけでただでさえガバガバなエイムが虚空を掴む。



(詳録180214)

相違センシビリティ

吹替え版の海底47mを観させてもらいました。最寄りの御店ではレンタルがなく蔦谷だけの様ですね。劇場では字幕でした。何となく雰囲気が違った気がします。何となく。二回観ても面白いですねやはり。初見での暗闇の海中でいつ鮫が来るやもしれないドキドキはもう味わえないけど、良作の鮫映画なのでこれからも何度も観れそうです。発煙筒のシーンは御気に入り。落ちは抜きにして本当に発煙筒が効くのか気になる。


カルボナーラを作ったのに味はパーフェクトにグラタンでした。あんなのカルボナーラじゃない。カルボナーラじゃない。


ヒロアカと東京喰種の新刊買いました。



(詳録180213)
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2018年02月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
アーカイブ