スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

無理だと分かっていても...

無理だと思う
3度付き合ってもダメだったから
告白なんてしてもふられるだろうって
それ以上に何か言われるかもしれない
あんなことがあったから

でも、LINEでも話せてるだけで心が軽くなった
あんなことを言ったのはきっと
もう、他に大事な人が居るんだろうと思ったから
自分に嘘をついて誤魔化すために言った言葉だった

でも、本心は違ってた
心は嘘はつかない
連絡しても返ってこない返事
送りすぎてもいけないと思って返事が来るのを待ってた
会いに来ると言われた時、凄く嬉しかった
会いに来てくれるんだ!って

あの時、駄々を捏ねた子供のようになれば君は会いに来てくれましたか?
会うって約束したじゃん!って言えばよかったの?

直ぐにでも会いに行ける距離ではない
文字だけでは伝わらないこともある
でも、それでも君と繋がっていたくて
小さなことでもいいから話題にしてみた
返ってくる言葉は単調なもので
どうしたらいいか分からなくなった
俺と話したくないんだろうなって思ってしまってた

でも、やっぱり君がいないと
君と会話してないと俺は1人では立っていられない
唯一の支えだったことに気が付いた



仕方ないと分かりつつ

結構、楽しみにしてたから
無理になったってのが結構ショックがでかくて
そのせいもあってかお腹の調子が悪くなってきた
すぐに体に異変として出てくるのは辛いな
分かりやすいけどさ

いや、でも仕方ないじゃん
また、ほかの時にでもいいわけだし...

ここ最近

ここ最近、中途覚醒のような早朝覚醒のようなことが出てくるようになった

目覚めるのは大体、決まって3時代

その前にうっすらと起きてるのか
何かをしていたと言う記憶があったりなかったり

そのあと目を覚ますのだが
眠気はなくスッキリとした目覚め
だが、そのあとが体的にしんどい
夜明け前だから、寝ようとしてはいるのだが眠れなく
結局、ずっと起きてる

結果、心身ともに、しんどくなり
昼間にベッドに横になってしまう

自分自身の見解では早朝覚醒だと思っているが
1度起きてまた寝てたこたともふまえると
中途覚醒とも考えてしまう

睡眠時間的には充分

朝の憂鬱さは相変わらず
それに加えて早朝に起きるもんだから
頭も体もボーッとした感じ
しばらくは動けず

ベッドから出てからも
椅子に座ったままボーッとしていて
動く気力がなく
動くのはトイレのときと猫の餌やりのとき
それだけで疲れきってしまう

通院日やなんかのいつもの生活プラス何かがあるときは心身ともに疲れきってしまう

食欲は殆んど無く
食べれそうなときはなるべく食べるようにしてるが
無理なときは薬だけ飲んだり
ウィダーinゼリーを摂るようにしてる

早朝の目覚めに関しては
次の通院日で相談せねば

調子のいいときは外に出るようにとは言われているが
出る気力がなく
散歩すらしない

正直、なにもしたくないのが現状
人と話してるときは人にもよるのだろうが
安心する
現状、引きこもりみたいな状態だから
通話でもいいから人の声を聞くと少し気持ちが楽になるようだ

昨日

昨日、通院してきました
本来なら来月の3日に通院する予定でしたが
ここ最近の気分の落ち込みが激しく
精神的に不安定なため
通院日を早めてもらいました

診察を受け
主治医の「どうしましたか?」との問に
ただ一言「しんどいです」とだけ言いました

「気分が落ち込まないように点滴1本受けていきますか」
ということだったので
打ってから3日はもつという点滴をしてもらい
そうすると主治医は「診断書、書くから休みますか、1ヶ月ほど」と言われ
会計の時に診断書を貰って帰りました

診断書を書き終わった主治医に
自分のみのタイムラインに綴ってあること
を見てもらいました
主治医は「鬱の症状ですよこれは」
俺が「電車が通ると飛び込みたくなる」と言うと深刻な顔になり「危ないですね...」と言っていました

手首を切ったことを伝えると
「死にたくなったの?」と言われたので
「分からない、ただ無心で切っていた」と伝えました

会計が終わりが終わってから
追加で出されたリフレックス半錠6日分を貰いに処方せん薬局に

そこから直で職場に向かい
主任に診断書を渡しました
主任はそれを見て「こういう風に書かれているので休むしかないでしょう」ということで
昨日から1ヶ月仕事を休むことになりました
人がいないなかで申し訳なく思う
でも、仕事は辞めたいとは思いません
仕事は続けたいと思ってるので

と、まあ、とりあえず1ヶ月ゆっくり休ませてもらいます

...

久々に切りまくった
無心で切ってた

仕事柄うでまくりすることもあるから
したくはなかったんだけど

何でかな
気が付いたらカッター片手に
ほんとに無心で切ってた
何度も何度も

そのあとの処置も慣れたもんだよね
もう、何年もしてなかったのに

何かね、少しだけ気持ちが落ち着いた
前の記事へ 次の記事へ