昨日
ユーミンがにお泊まりしにきて
同伴も仕事で入っていたのだけど
ユーミンも同伴に連れて行き
店での仕事startをきりました。

同伴時〜
飛ばして呑んでいたユーミンでしたが
その勢いは店に入っても止まらずに
ワイン、日本酒、焼酎と
かなり飲み
結局は
又、に連れて帰るにあたり
かなりの労力を必要としました

姫は
酔っぱらい訳のわからない事を言っているユーミンに対して
面白、可笑しく
返答をしていて

そんな姫をみて
あぁ…
うちの姫はなんて
オモシロイのだろう

かなりの感心を抱き
その1つ1つの
返答や会話で
あたしは爆笑し
随分と助けられました。

今朝
起きて
とても具合が悪い様子のユーミンでしたが
何とか
少し回復して
帰宅いたしました

途中
噴水の如く
吐きました

着替えさせて
拭いてあげて
そこから、又、
ユーミンと話をして
…。

今は
仕方ないのかもね…
なんて
そんな風に思い
又、気持ちを立て直してあげて
バイバイをしました。

ユーミンは
子供が2人います
上の子は
もう成人し
下の娘は
今年、就職をしましたが
娘が物心つかないうちに
離婚をして
親権を旦那さんへあずけました。

離婚の原因は
ユーミンの不倫でした。

今になり
どうして、子供を手放して育児を放棄してしまったのだ…と
自身をせめています。

ですが、
そんな子供2人は
マガル事もなく
立派に育ちました。

たまに
ユーミンのアパートにも
訪れたり
上の子と、その彼女とで
飲みに行ったりもしています。
あたし…
本当に思うんですよ

そんな形で
離れた子供達が
それでも
ユーミンに逢いにきてくれる…
そんな
幸せな事はないって。


大量的に
精神安定薬を服用しているユーミンですが

せめて
自身の現状を決して
不幸等と思わずに
アパートに逢いにきてくれた時位
精一杯の愛情を
子供達に注いであげてほしい…と。

贅沢なものなんかじゃなくていい
高いものなんかじゃなくていい
冷蔵庫にあるもので
ご飯を作って
食べさせあげてほしいと。
子供が来る…となると
ユーミンは
どうしてか
外食をします。

子供に言われたそうです。
母さんの
オムライスが食べたい…と。

作ってあげてほしい
何年間、何十時間の溝は
そんな簡単にうまらないかも知れない。でも
精一杯の愛情を
精一杯
注いであげてほしい

切に願い続けています。