スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

運命。



ハハハっ(笑)

運命

ウンメイ

うんめい

そんな言葉をかりて
人はよく
言い訳したりする

アホか!!

運命なんてものは
ないんじゃ!ボケ!

だったら

奇跡

キセキ

きせき

の方に賭けろや

この
ボケナスが!

(-_-)

さて!仕事だよ。


2連休終わり
今日から通常営業っす!

生理のせいなのか
食欲なく

つか
アイス二個食ったし(笑)

同伴から
気張りやす☆

今週5日間
華となれ!

来週は
真ん中休んで温泉旅行だからな!

姉様の快気祝いなのじゃ♪
しかし
やっぱ
アイスはウマシ(笑)

カッパ巻き食べたす。。。(・。・)

昔話。『そんなの嘘じゃん!!』の巻。

10代
あたしはバンド組んで歌を唄っていた頃がある。

15からライブハウスに通いつめ
先輩バンドを眺めては
いつかコイツラ抜いてやる!なんて
そんな事ばかり考えていた
そして
メンバーを集め
引き抜きもしたりしながらソノカタチを造り上げた。
地元では
ソコソコ人気が出て
ちょっとしたスター気分を味わい
心の中でガッツポーズなぞきめていた。

そんな時に
お江戸にいる姉様の友達が深夜に放送されていた番組の話を持ってきた。

よくある話。
何週か勝ち抜けばメジャーデビューができるというやつ。

でも
それは…八百長…
所謂
デキレースだという事を聞かされた。

その事実は
未だにアタシだけしかシラナイ。

メンバーはノリノリだった
話をするべきなのか
否か…

しかし
話は着々と色んな方面で進み始めていた

そして
その
デキレースのオーディションに向かう日

アタシは
雲隠れした。

逃げ出したのだ!
当時仲良くしていた男の子の部屋に。

行きたくなかった…
だって…
『そんなの嘘じゃん!!』
って

勝ち抜いて
必ずメジャーデビューしようぜ!!
ってノリノリのメンバー達の事が、顔が、声が
何とも言えない位に
複雑だった。

東京行きのチケットは
無惨にも
あたしの勝手で
ビリビリに破られた…とさ。

後にそのバンドは解散した。
メンバーもバラけた

今だからこそ思う。
他のメンバーの事を思えばアタシの勝手な正義感みたいなものやプライドで
東京行きチケットが無駄になった事

オーディション受けて
レコードの1枚も出させてあげていたら
ソコから本物の芽が出たかもしれない…と。

でもね
アタシは
後悔してないんだよね(笑)
それは
一先ず、秘密です☆
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2015年09月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
アーカイブ