米寿も近い母だが最近



「ばあちゃんは今、どの部屋に寝てるんだい?」



と聞いてくる



もう20年ほど前に亡くなった祖母がまだ家にいると思うようになったのである



「天国で寝てるよ」



「天国って」



「もうだいぶ前に死んじゃったからね」



驚く母



「葬式もしないで?」



まだ納得出来てない母に



「ちゃんと終わったよ。親戚もみんな来たし。こないだ一緒に墓参りも行ったじゃん」



「そうだったね。花もあげて来たね」



よしよし、ようやく20年の歳月を先月まで引き戻せたぞぉ、と安心したところへもってしばらくすると



「で、ばあちゃんはどこにいるんだい?」



ふりだしに戻るのである

デロリアン

デロリアンも遂に50号



そしてやっとのドライバーズシート



ちなみに座席は金属のベースにシリコンのシートを被せぶたもの



クルマらしくなりました



来週は助手席です

それは今朝の出来事



「あなた、大変よ。すぐ来て!」



「何?。今、ご飯介助中なんだけど」



「いいから2階に、早く早くっ!」



「どうしたんだよ」



「すごい事になってるの!」



「うん、分かった分かった」



で、2階に上がると、、



「うわ!、何だコレ、スゲー」



「でしょ?。私こんなの初めて見たわ。地震の前触れかも。怖いわぁ」



〜で、これがその画像。実は鹿児島でロケット打ち上げがあり、その雲が上空を漂ううちに変形したらしいです。謎は解明。虹色で不思議に綺麗でした。正式名は『夜光雲(やこううん)』〜

次女

平成六年一月十八日、ゆん家の次女として誕生



長女とは2つ違い(共に一月生まれ)



一歳の誕生日の前日が阪神淡路大震災だった



長女を慕い、姉の姿を見て成長するも



徐々に自我が表れる



わがまま、自由行動、対人恐怖症、加えて勉強嫌いでピアノも塾も続かず



もしかしたらこの子はLDではないかと心配した日も多々



そんな娘



小3から剣道を始め、中学で2段取得



高校は地元の公立校に



本人は友達の行く私立も選択肢に入れていたようだが、当時は私立に補助も無く私達が勧める公立高校に入学となる



高校一年の冬、娘が自転車下校中、交通事故に遭い救急搬送される



頭部打撲で集中治療室から出るまでは生きた心地がしなかったなぁ



更にその後高校を転学、私立に中途入学、辛うじて高校卒業



保育士目指して短大入学



したまでは良かったがここも半年続かず中退



バイトを転々とする内に今の職場に着地



一人暮らしを始めたり、また戻ったりで現在に至る



めでたく保育士試験も合格



いろいろあったが



いや、これからもいろいろあるだろうが



元気でいてくれたらいい



誕生日おめでとう

次女

本日、次女に




保育士合格の通知




おめでとう


〜給料も上がるね〜
前の記事へ 次の記事へ