ワクワク♪

大概のことは、
計画を練ってる段階が一番楽しいと思う。



今月、
Nさんと2泊3日の旅行に行く。


いつも1泊だったから、
3日間も一緒に過ごせることに、

実はドキドキしている。



『でもきっと、
3日間なんてあっという間ね〜。
いつもそうだもん。』



だから、
思い切り楽しまないとね!






ホテルの予約サイトをよ〜く吟味して、
やっと決まった。




観光コースの予定も立てた。



台風が来ないことだけを祈ろう。




こうして計画を練ってる時が、
なんか楽しいんだよね。




そして、

どんな珍道中になるのか…  楽しみ。






明日は、
日帰り温泉を堪能してこよう。



関係

一泊した翌日は 雨だった。



久しぶりに
ゲームやボウリングなどして遊んでから、


ディーラーに行くことにした。



『車、買い替えるの?』



『今すぐじゃないけど、
じっくり考えたいんだよ。

悩んでる時間が楽しいからね(^-^)』





お目当ての車を見せてもらって、
営業マンと話をしながら見積もりを頂く。




『お飲み物は何になさいます?

……奥様は?』




『奥様も、運転されるのですか?』










前日に古い町並みを散策した時に、

民芸品の工房を訪ねた。



『キレイですね〜』

作品に見入っていると、
工房の方がNさんに言った。



『どうぞ、奥様のお写真を撮ってあげてください!』







奥様…


悪くない。





むしろ、
『奥様』にしか見えないだろうから。







ここでNさんが、

『この人、奥さんじゃないんですよ!』


なんて言おうもんなら、

足を踏ん付けてるかな。笑






Nさんの奥さんだったら…


考えないこともない。





でも、今は

このままでいい。



そのうち、
流れが変わることもあるでしょう。



流れのままに…

続・貴方の優しさに溺れる…

車の中にあるであろうスマホを取りに、

Nさんはわざわざ向かってくれた。



その日もう二百q以上走ってるのに、
ずいぶん遠回りして…


本当に申し訳ない気持ちで、

『Nさん、せっかくのお休みだったのに、
ごめんね(´-ω-`)』


謝ると彼は、



『スマホないと、落ち着かないだろ?

それに、お母さんや子供たちから緊急の連絡もないとは限らないしね。


それより、ナビしてもらわないとオレが困る
( ̄∇ ̄)』



Nさんは笑い話にしたけど、
心配してくれてたんだ…



案の定、
スマホは私の車のシートにポツンとあった。



安堵の表情が思い切り顔に出てたらしく、



『なんか、
水を得た魚…的な顔だね( ̄∇ ̄)』



『ありがとう(*^^*)

もう何でも聞いて!
検索するから。』




カジュアルな中華料理店で夕飯を食べて
行きつけのラブホにチェックインした。



たくさん運転して疲れてるはずなのに
Nさんは、

私の体を気遣ってくれたり心配してくれたり…


例えば
愛し合ったあと、

慌てて起き上がろうとすると
『横になってて。
水持ってきてあげる。』




あんまり甘やかすと、

ロクなことにならないかもよ(^^;)




でも、
甘やかしてくれる貴方が好き。








貴方の優しさに溺れる…

丸2日間、
Nさんとお泊まりデート。


昨日は、
ロングドライブをして、
ちょっとした施設で遊ぼうとそこを目指した。




途中、
スマホをチェックしようとバッグに手を入れる。



ん?

スマホ…


あれ?



Nさんちの手前のコンビニから、
『もうすぐ着くよ』のラインをしたから、

家から持って来たのは確か。



Nさんにもコールしてもらったけど、
どこにもない。




『ぁ〜、
きっと車の中に落としてる(´-ω-`)』



『取りに戻ろうか?』



Nさんが言ってくれたけど、
もう高速道路に乗っちゃったし。


『Nさんと一緒だし、別にいいわ。』


助手席でナビゲーターをしたり、
ランチを食べるお店を検索したり、
それが私の役目なのに…

なんか役立たず〜(´-ω-`)




そして、
遊ぶはずだった施設は、
なんとお休み。


下調べでは、『無休』となっていたのに…



私って、
ほんと使えない〜…


落ち込んでたら、
Nさんはそれをイジッて笑い飛ばした。


『面白い!
裏切らないね〜、今回も( ̄∇ ̄)

とりあえず、なんか食べようか。』



彼のスマホでランチを食べるお店を探した。


とてもオシャレで美味しいお店に行き着いたので、
『おかげで美味しいものが食べられた(^^)
じゃ、次はあそこに行ってみよう!』



機転をきかせて、
古い町並みを見に行くことにした。


いつもパシャパシャとスマホで撮影してる私の代わりに、
Nさんはいっぱい写真を撮って、
私のスマホに送ってくれた。



いっこもイヤな顔せずに。




夜、
これから夕飯を食べてラブホに行こう。


としたその前に、Nさんが違う方向に車を走らせた。




『よし、
スマホを取りに行こう!』








連休終盤

長い休みもあと2日。
昨日東京から帰ってまいりました。


何度繰り返しても、
娘と別れる時はお互い寂しい…


『お正月には帰っておいで。』


そう言ってみたけど、どうかな?(^^;)




心も財布もスッカラカンで地元に戻った私。


今日明日は、
『お帰り!』と迎えてくれる人と過ごします。



Nさんと、
2日間まったりと。



でも、

ちょっぴり風邪気味なの(^^;)



Nさんに、
叱られちゃうかな。