閉店セール

けんちゃんの夢をみた。

今頃になって、
何故出てきたの?



って、 私が勝手にみた夢か。




けんちゃんは、

そこそこ部屋は片付けている人だ。

久々に訪れた彼の部屋は、
足の踏み場もないくらい散らかっていて、


『けんちゃん!
どうしたの? こんな散らかしちゃって。』


そう話し掛けたら、

彼が覆い被さってきた。




『けんちゃん… 誰か来る!』

『いいんです。』






このあたりで、

夢は終わった気がする。




変な夢( ̄。 ̄;)





私は、
排卵の頃に必ず変な夢をみる。



とっても長かったり、
妙に現実っぽかったり、
 
夢の中でとても忙しくしてて


起きるとぐったりする。






ん?

まだ排卵があるのか、って言った?




あるんですな( ̄∇ ̄)






そうよね。

もうこんな変な夢をみるのも、
そろそろ終わりかな? 





卵屋さんも、

間もなく閉店でしょう。(笑)









年齢不詳

Nさんから、動画が送られてきた。


ぁ…
後輩たちと、スノボに行くって言ってたっけ。


上手に滑ってる男性の動画。




『誰?』


『オレ!』


『うそっ!
カッコいいやん(≧∇≦)』



Nさんが滑ってる後ろを、

後輩くんがスマホで撮りながら滑ってきたとか。




みんな、帽子やマスク、ゴーグルなどで隠してるから、
どれが誰だかわかんない。




『顔隠してたら
オジさんだってわかんないよ。

若いコかと思った( ̄∇ ̄)』



『だろ? 笑』




それより、すごく上手なのにビックリした。




一緒に滑りに行った後輩たちは
みんなアラサーぐらいなのに、


中にひとりアラフィフが混じってるとは思えない。




『今度は一緒に行こうよ!』



毎回誘ってくれるから、
一度くらい行ってみようかな。



『じゃあ、来シーズンに連れてって。

私も、顔隠して厚着してたら
若い女の子に見えるかしら?』




『それはどうかな…( ̄∇ ̄)』











前の記事へ 次の記事へ