愚痴

誰のせいでこんな遊びまわってると思ってんだよ誰のせいでこんな自分の価値なくしたと思ってんだよ誰のせいでこんな傷だらけになったと思ってんだよみんなみんなお前らのせいじゃねーかよ産まなきゃ良かったんだ生まれなきゃ良かったんだ死にたい、しにたいよもういやだよ助けてよくるしいよわたしなんかわたしなんか、わたしなんてうまれてこなきゃよかったんだ

昨日はKさんと会ってきて今日の朝解散した。
カラオケ行って、覚えてデュエットしようと言われていた曲歌って、ちゅープリ撮りに行って、若いなぁと思い、河原でちょっと話して、Kさんのおごりで居酒屋行って飲まないで食べて、なんか上手い口車に乗せられてホテルに行って、して、私がもともと約束していた仲間うちの飲み会にKさんも参加することになって、遅れて参加して、Kさんめっちゃ飲んで、私は心配だったので控えめに飲んで、そしたらKさんに別室に呼ばれた。
酔っていたせいかKさんは涙を流して、良い仲間たちだね、すごい良い人たちばかりだね、そんな人たちに囲まれてる◯◯ちゃんだからこそ好きになっちまったんだろうね、俺は、大好きな人がこんな良い人たちに恵まれてて本当に嬉しい、と大粒の涙を流した。
今日確信したことがある、◯◯ちゃんは生涯の俺のパートナーになる、俺は◯◯ちゃんを愛してる、とまた大粒の涙を流しながら私を抱き寄せた。
こんなとこ見せる予定じゃなかったのにな、と笑いながら。
私は半信半疑のまま、泣くKさんに抱かれながら頭よしよしした。
こんなに人のこと想って泣く人がこの世にいるんだ、お酒が入ってたとはいえ、こんなに情の熱い人が私のそばでくすぶってていいんだろうか、と困惑した。
朝方、Kさんをうちに帰してひとりで車を走らせてると、ふと、もったいないなーと思った。
私にはもったいない人だな。
Kさんは、私が思ってる以上に私を想ってる。
私は、どうしたらいいのかわからなくて、ただ笑顔でいることしか出来なかった。
<<prev next>>
カレンダー
<< 2014年10月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アーカイブ