死にたい

やっぱり私が死ねば全部解決するんだ。
レンは親が私とレンを引き裂いてると思い込んでて、公衆電話から父親に電話してきたらしい。
私の口からも、もう信じられないし親は関係なく私の心がそう言ってるんだよ、て言ったのに、何でいつまでも付きまとうの。
だから家族全員で引っ越して私は仕事も変えなきゃいけない。
レンさえ居なければ、私の人生こんなに狂わなかった。
私が弱くなければ、こんな大事に至らなかった。
レンも私も消えればいいのに。

慣れ

そういえばまたキツネ君と会った
キツネ君は決まって車に乗り込んだ瞬間にキスをしてくる、しかもちょっと深いやつ
ホテル行ってしたけど、毎回リードしてくれてしかも優しい
声がなんていうかぼそぼそ喋る感じというか、さりげなく喋る感じでそこが良いと思う
一緒にお風呂入って遊んだというか泡風呂失敗したりお湯が熱すぎたりして笑った
仕事終わりに会ったんだけど、キツネ君昼間で用事済んでたからちょっと待っててもらったんだけど、待つの苦じゃないのかな
キツネ君は車で一時間くらい離れた市に住んでるから毎回会う日は向こうに任せてる
で、こっちに用事がある時はついでに会う、みたいな、都合の良い女です
私はそろそろ慣れてきて飽きるかハマるかするだろうな
キツネ君も飽きたりするだろうな
もっと好みの子みつけてさ、グリーとかで
いや、もうすでに居ると思うけどねー
そろそろ離れるのかな、寂しいな
<<prev next>>
カレンダー
<< 2013年03月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アーカイブ