興信所と探偵。何か違いがある

興信所と探偵。


何か違いがあるのではと思う人もいるようですが、現代ではその違いは名前だけです。


双方とも探偵の業務を行うという点では変わりないです。


不倫調査という点でいえば、同じと考えて問題はないでしょう。


とはいえ、得意とする分野についてはおのおのの会社で違ってくるので、事前に調べたり質問しておくことが大切です。


よく着る服装が変化してきたら、浮気の恐れがあります。


浮気の相手が好きな格好をしようとしていたり、ちょっとだとしてもセンスの良いところを見せようとしたりしている可能性も高いです。


ある日から、服装が年相応でない色や柄のものを着るようになってきたら相当に危ない予兆です。


とりわけセクシーな下着を、着用しだしたら浮気をしている場合が多くあります。


浮気をしているかどうか確かめたい!そんな時には、調査内容によって変わってくることはありますが2人で調査することが多いようです。


ただ、まだ浮気がシロかクロか不明な場合では、浮気が確実かどうかを調査員が1人で調査することが多いでしょう。


浮気をしていることがはっきりとしたら、再度相談をして浮気の証拠を掴むための調査を行う人数などの調査方針を決めることになります。


最新技術の普及により、GPS機能を使えば、浮気が懸念される人の位置情報を容易に把握できるようになりました。


調べたい相手にGPS搭載のスマホを使用させることにより、ほとんどリアルタイムでどこにいるかを知ることができます。


非合法な方法ではありませんし、探偵等を使わず自分だけで不倫の有無を調べたいときには、これとウェブ上のマップを併用するといいかもしれません。


浮気調査を頼んだとして、調査の期間はどれぐらいかというと、平均では一週間以内です。


しかしこれはあくまでも一般的なケースです。


パートナーがとても慎重な性格だとなかなか証拠がつかめなくて、場合によっては1週間から1か月くらいかかってしまうこともあることも覚悟してください。


それとは逆に、この日は浮気しそうだという日が調査の前に分かっていれば、一日で調査が終わるなんてこともあります。

探偵社に入ってくる事案でもっとも多いのは身辺調査

探偵社に入ってくる事案でもっとも多いのは身辺調査だと思います。


基本は浮気ですね。


奥様の第六感的にあやしいから、浮気しているかどうかだけでも知りたいというものや、裁判で有利になる証拠が欲しいという依頼まで、依頼者のニーズに合わせた調査をしてくれます。


とくに浮気対象に慰謝料の支払いを要求する際は、確実な裏付けが必要ですから、専門のノウハウがある探偵を頼むのが一番だと思います。


夫の浮気って、妻なら日常に気をつけることで防げると思うんです。


たとえば、むこうの言い分や趣味などすべてを受け入れることです。


私だって我侭も言いますが、引き際が肝心。


絶対言ったらダメという一線は超えないようにしていますし、妻として家計管理に気をつけて不足があれば相談し、けして責めることはしません。


家のために働いてくれている男性の気持ちを考え、服装や美容にも気配りを忘れずに、女らしいふるまいを心がければいつまでも仲の良い夫婦でいられる(浮気なんてとんでもない)と考えています。


探偵を雇って行う素行(不倫)調査では、成功報酬制を採用している事業所もあるようです。


こう聞くと、不倫の裏付けがとれなければタダで済んで得だと思う人もいるかもしれません。


しかし、浮気をしている雰囲気がなさそうだったり、長期間にわたる調査が必要な場合はお断りというパターンもあるようです。


当然ながら証拠をゲットする確率も高く、そのときに高額な請求が来ることもあるので注意してください。


成功報酬で料金設定をしている探偵事務所は、調査に成功した場合でないと報酬が得られないという不安があるため、成功した場合に支払う料金は、高くなりがちです。


そのようなケースも勘案した場合、成功報酬であっても浮気調査にかかる費用が必ず安くなるなんてことはありません。


どこまで調査してもらえるのか調査内容などもよく確認して、安心できる料金システムの探偵事務所に依頼することが重要なのです。


不倫の慰謝料請求には期限があります。


誰と不倫していたかがわかってから3年以内か、さもなければ実際に不倫があった時点から計算して20年間が請求期限となります。


時効が迫っているときは訴訟に持ち込めば、期限がリセットされるのです。


期限まで間がないときは、自ら裁判を起こす手を使うほうがいいでしょう。

探偵業者にかかる費用には幅があって、追

探偵業者にかかる費用には幅があって、追加費用を加算したりして高額な請求を行っているケースも見られます。


高ければ高いだけ調査品質が高いかというと、確実にそうだとは言えません。


せっかく時間とお金を費やしておきながら、浮気の証拠はありませんでしたという結果に終わらないよう、費用の相場を、契約を交わす前にチェックしておきましょう。


不倫は家庭も人も壊します。


そのような中で傷ついた人にカウンセリングを実施しているところもあるそうです。


プロですから心理的な負担がかかることはありませんし、精神面の回復を促し、心の健康を取り戻していくことができるはずです。


信頼していた相手に裏切られたことで離婚後も異性を生理的に受け付けなくなるとか、積極的に将来のことを考えられなくなるという相談もしばしば聞かれます。


また、離婚ばかりではなく、配偶者との関係を再構築する際にも、利害の絡まない相談者がいたほうが、うまくいくことが多いです。


探偵業者を選ぶ際は、あとでがっかりしないためにも、地域の専門性で選ぶのも手です。


相手が都内の人ならその区や沿線に事務所のある業者に限定すれば探偵の数も絞れます。


地域のことをよく知っていれば、仕事を有利に進められますし、高精度な報告ができるでしょう。


それに依頼する内容や諸条件によって向き不向きもあるようですし、公式サイトや電話で問い合わせてみるのをおすすめします。


興信所や探偵社で行う浮気調査は、成功報酬プランを設定しているところもあります。


証拠がなければ調査料金の請求もなくて、ラッキーと思うでしょうが、浮気をしている雰囲気がなさそうだったり、普通より調査に時間がかかりそうな場合は断るときもあるそうです。


また逆に成功したときに、高額な請求が来ることもあるので注意してください。


探偵調査を依頼されても、証拠を用意できないことがあります。


たとえば、不倫の証拠集めで相手が(少なくとも調査期間中は)無実だったケースです。


ただ、調査員の調査能力が不足していることにより、結果が出ないこともないわけではありませんから、興信所や探偵会社のクチコミを先に調べておくのが大事です。


また、探偵や相談員とよく話し合うことが結果を左右するのはいうまでもありません。

探偵の浮気調査に支払う費用は「実費」と「時間給

探偵の浮気調査に支払う費用は「実費」と「時間給」の2つに分けることができます。


実費は交通費、写真撮影にかかる費用などですが、張り込み時の食事代が加算される場合も少なくありません。


時間給は、人数×時間で費用を算出します。


短い期間で浮気調査を終えると請求金額も少ないです。


浮気調査はとてもプライベートなことですから、相手が探偵社でも簡単に個人情報を開示するのはイヤというのは珍しいことではありません。


最初の見積りのときはおおまかな情報のみでOKという探偵社が増えていますから安心してください。


しかし、いざ依頼するとなると契約書を交わすことになりますから、必要な個人情報の記入は受容していただくことになります。


浮気の調査を探偵に任せ、どう考えても覆しようのない裏付けが取れれば配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。


心から信用のできない人間と、死ぬまで一緒にいるとなるとかなりの精神的な負担になりますから、慰謝料をもらって離婚することもありかもしれません。


それに、配偶者の浮気相手に慰謝料を求めれば、別れさせることも難しくはありません。


興信所や探偵などの調査業者が提供している浮気の行動探索では、成功報酬制を採用している事業所もあるようです。


それって浮気の証拠を押さえない限りは無料ってことですよね。


得だと思う人もいるかもしれません。


しかし、浮気をしている雰囲気がなさそうだったり、日数の長期化があらかじめわかるケースでは受け付けてもらえないこともあるそうです。


当然ながら証拠をゲットする確率も高く、そのときにかなりの代金を請求されることも多いみたいですから注意が必要です。


興信所に浮気調査を依頼すると、小説やドラマなどに出てくる探偵や刑事みたいな手段で探索を行うこともあります。


追尾調査、張り込みは基本ですし、交友関係を絞っていき、必要があれば周囲に聞き込みなどをすることもあります。


また、社外秘ということでクライアントでさえ知ることができない調査方法も存在するらしいです。

奥さんがだんなさんの浮気に気づいて探

奥さんがだんなさんの浮気に気づいて探偵事務所を訪れるというドラマの展開は、しばしば見かけたりします。


ストーリーの中の探偵さんの仕事を見ていると、自分でもできるような気がしてしまいますが、たとえば警戒している調査相手にわからないように追跡し、バッチリのタイミングで写真を撮るというのは初心者には到底無理です。


調査したい相手に露見するのは不利以外の何物でもありませんし、調査は専門家に依頼するべきだと思います。


ろくでもない探偵を雇ってしまうと、金銭的にも時間的にも大きな犠牲を強いられることがあります。


相談に行っただけなのに事務所に足止めし、碌な説明もなしに契約を促したりする業者は危ないと思ってよいでしょう。


帰宅したあとに、再々電話を繰り返し、相談者の根負けを狙うのは悪質な業者の常套手段といえるでしょう。


普通の営業をしている探偵業者なら、人を不安にさせるようなことはしないはずです。


先日、法事のときに従兄と話していたんですけど、彼の妻が元カレと不倫していて、男の方を相手どって裁判を起こしたいのだそうです。


結構マジメな話です。


わからなくもないですが、それには相応の費用もかかるでしょうし、ちゃんと浮気の証拠を押さえて不倫相手に慰謝料の支払いを求め、今後の接触を禁じるのも一計ではないかと言っておきました。


もし配偶者が不倫している疑いがあり、初めて探偵業者を利用しようというときは、価格の安さが気になりますよね。


とはいえ、安すぎるところは用心にこしたことはありません。


安いけれど調査品質もそれなりだったという例もあるわけですし、契約する前に、その会社の信頼性も調べておくと良いでしょう。


地図上の場所がわかる機械を用いて、毎週のように行っている所を検索して張り込んでいると、待っていればパートナーはそこに行くはずなのですから浮気の証拠をつかむことができると思われます。


懐具合が心もとないときには、GPSで調べるだけでもひとつの方法ではあります。


GPS装置がつけられていることがわかってしまう事もあります。
前の記事へ 次の記事へ