どれぐらいの期間、浮気調査にかかるのかというと

どれぐらいの期間、浮気調査にかかるのかというと、平均で3〜4日かかるといわれています。


しかしこれはあくまでも平均がそれぐらいだという話です。


調査の対象者がとても用心深かったりすると、3〜4日では終わらず1週間から1カ月以上かかってしまうことがあり得ます。


逆に、怪しい日が調査員に伝えられていた場合は、一日で調査が終わるなんてこともあります。


浮気の事実を調べる為に調査依頼をする場合、法外に低料金だったり逆に高い料金設定であったりするところではなく、料金設定が細分化されていて追加の調査料を払わなくて済むような探偵社が安心安全です。


また、探偵業の許可を取得しているのか確認が必要です。


違法調査を実施しているところへは依頼は控えた方が良いでしょう。


許しがたい不倫行為を働いたパートナーへの復讐は、社会的生命を奪われかねないストレスを与えることが一番だと思うんです。


だからこそ大事なのが、手堅い証拠なんです。


きちんと裏をとっておけば、もう、思う存分、相手を追い込んでやることができますからね。


中には浮気相手への追及もぬかりなく、職場や家族に知らせて溜飲を下げるという人もいないわけではありません。


職場をかわらざるを得なくなったり、信頼がなくなり、碌なことにならないですよ。


それを分かってて不倫するほうが悪いんです。


弁護士に相談するのがオススメです。


離婚する方向に考えるのか、不倫相手から慰謝料を取る方向に考えるのかを考えてから相談するようにしましょう。


不貞の証拠を掴みたい場合には、探偵や興信所に相談するべきです。


女性の場合、近所の奥さまや友人に相談してしまう人も多くいるのですが、噂されたくない場合には絶対にいけません。


探偵が行う浮気調査でも毎回成功するとは限らないでしょう。


探偵が浮気をはじめとした調査の達人だといっても、予期せぬトラブルに見舞われることがごく稀にあります。


配偶者がいきなり車や電車を使ったり、尾行に気づくこともあるでしょう。


それに、浮気調査実施中に不倫相手と接触しない場合には証拠を入手しようがないです。

食事をした際に店で発行する領収

食事をした際に店で発行する領収証には、飲食時の同席者の人数が推測できてしまうように印字されている事がありますから、浮気と特定する材料となります。


ほかに、クレジットカードで決済した時は月ごとに点検するようにします。


仕事でありながら宿泊先がビジネスホテルでなかったり、一人で宿泊したにしては高い宿泊費だったりしたら浮気相手と宿泊したと推測される場合があるでしょう。


普通の生活では興信所や探偵を使う機会はないものです。


そんなわけで、パートナーの浮気調査をしてほしいと思っても、どこが良いやらピンとこないのが当然とも言えます。


探偵業務を行うには、所轄の公安に届け出を出し、申請が認可されると認可番号が交付されます。


まともに届出を出している会社なのかは、届出番号で判断することができます。


大事なことですので、業者の公式サイトや宣伝広告等に番号があるかどうかはチェックするべきです。


うちは3年前に結婚し、妻は独身時代からの保母の仕事を続けています。


先週末に突然、同僚の男との浮気が判明。


しかし、指摘された妻のほうは逆ギレで、それっきり話もしません。


このままやっていく自信がありません。


悩むだけで健康を損なうことってあるんですね。


このままにしておくつもりはありません。


私にも考えがあります。


よく不毛だと言われる不倫ですが、結末も様々です。


浮気が露見した結果、家庭や交遊関係が滅茶苦茶になったとか、多額の養育費や慰謝料の請求に青息吐息なんて場合も当然あるでしょう。


あるいは双方離婚してくっつく例もないわけではありません。


いずれにせよ、めでたしめでたしと言えるエンディングは、期待するだけ無駄です。


調査レポートとか調査報告書と呼ばれるものは、記載事項はだいだい同じでも形式が定められているわけではありません。


しかし、調停離婚や訴訟の場で使われるなら、やはり証拠として認められるよう、要点を踏まえた質の高い報告書である必要があります。


あとでどういった形で調査報告書を使いたいかを考慮し、探偵社を選ぶようにする必要があるでしょう。

悪質な探偵業者であることを見抜けずに利用すると

悪質な探偵業者であることを見抜けずに利用すると、お金を無駄にするだけで済まないこともあります。


相談に行っただけなのに事務所に足止めし、契約を急いだり、相談者に心理的な重圧をかけてくるところは注意すべきです。


一度断ったのに、しつこい電話勧誘がくるのは、悪質な業者だと思ったほうが良いでしょう。


しっかりした探偵社なら、そんなことはしないはずです。


ほんの出来心でハマってしまい、周囲の信頼を失ってしまう。


そんなに浮気は魅力的なのでしょうか。


仮に夫婦のどちらかが相手のことを嫌っていても、新しい人と再スタートなんていうのは、あからさまに現実逃避が過ぎるのではないでしょうか。


夫婦間の問題は不倫より先に解決策もあったでしょうし、子供の親という立場なら、無責任すぎるように感じます。


冷静になって悔やんでも始まりません。


調査にはどれだけの人数が必要なのかというと、調査によって一定とは限りませんが多くの場合は2人程度で調査しています。


しかしまだ浮気なのかはっきりしていないケースは、浮気が確実かどうかを調査員が1人で大体の場合は行います。


浮気が現実であると判明したら、再度考えて調査の方法や人数などを決定します。


浮気調査を頼んだとして、調査の期間はどれぐらいかというと、平均では一週間以内です。


最初に断わっておきますが、これはあくまでも一般的なケースです。


普段から気づかれないように気を使っているパートナーの調査だと、1週間以上、時には1ヶ月ぐらいかかってしまう場合もあることも覚悟してください。


逆に、浮気する可能性の高い日があらかじめ分かっているなら、調査期間は1日で済むこともあります。


僕の会社の後輩なんですが、奥さんが浮気していて、男の方を相手どって裁判を起こしたいと言っているのです。


でもそうなったら訴訟費用なしにはできないでしょうし、ならいっそ、浮気の歴然とした証拠というのを見せてやって、相手には慰謝料を要求し、奥さんと会うのも連絡とるのもしないと確約させるのはどうかとアドバイスしたんです。


なんだか妙に納得されました。

どれぐらいの期間、浮気調査にかかるのかというと

どれぐらいの期間、浮気調査にかかるのかというと、平均で3〜4日かかるといわれています。


確認しておきますが、これはあくまでも平均がそれぐらいだという話です。


浮気の証拠をなかなか残さないタイプのパートナーだと、1週間から1か月くらいまで期間が延びてしまうことがあります。


一方で、浮気するだろうという日が調査員に伝えられていた場合は、調査期間は1日で済むこともあります。


パートナーが浮気していると分かっても離婚を避けたいのなら浮気相手との逢引現場に向かうのはしないほうがいいでしょう。


浮気が発覚したことで、配偶者が浮気を正当化したり逆上してしまい、別れなければいけなくなってしまうかもしれません。


それだけでなく、あなたのパートナーと通じていた相手と言葉を交わしてしまうと精神的に耐え難い苦痛を味わうこともあります。


尾行代金が時間によって設定されている場合、尾行をする時間が短い方が費用が少なく済みます。


したがって尾行依頼を探偵にするとすれば、日常からパートナーの行動を調べておくことが重要です。


最も疑いのある時間帯や曜日に尾行をお願いすると、探偵のほうも手間が省けお互いにとってメリットのある依頼になります。


人妻って浮気しないものだと思っていたのですが、先日同級生と久々に会ったら、ちょっと前に妻の浮気が判明したので、その浮気相手に対し訴訟を起こしたいと思っているみたいです。


でもそうなったらお金がかかるものですよね。


ちゃんと浮気の証拠を押さえて不倫相手に慰謝料の支払いを求め、今後の接触を禁じるのも一計ではないかと助言しておきました。


レシートとかクレジットカードを見ると、浮気の証拠をおさえる事もできるかもしれません。


まず、いつもなら好んで行くことがないようなよくコンビニエンスストアのレシートを見ることが多くなったら、その近辺に普段から何回も行っている事になります。


そこで逃さず見ていると、浮気の現場を確保できるかもしれません。

今までと違った格好をするようになったら、よくない兆候

今までと違った格好をするようになったら、よくない兆候です。


浮気の相手が好きな格好をしようとしていたり、格好よく見えるよう頑張っていたりすることもありえます。


ある日から、服装が年相応でない色や柄のものをチョイスしてきたら相当に危ない予兆です。


服の中でも、きれいな下着を、身につけるようになったら浮気をしていることがありえます。


自分の配偶者を調査してもらったところ浮気が発覚したならば、別れるべきか否か心が乱れますよね。


そうならないように、浮気調査を依頼してしまうよりも先に自分の気持ちを見つめてみたほうがいいです。


夫婦はお互いに貞操義務が生じると法律に明記されていますから、当然の権利として慰謝料の支払いを求め、離婚という別れを選択するのも一つの方法です。


飲食店を利用した際の領収証には、飲食時の人の数がわかってしまうように印字されている事もあるため、不倫と決定づける参考資料となります。


かつ、クレジットカードを使用した支払いの詳細はしっかり月ごとに見るようにします。


仕事で利用したのにビジネスホテルではなかったり、一人で宿泊したにしては高い宿泊費だったりしたら浮気相手と過ごしていた恐れがあります。


探偵業者と一口に言っても、中には詐欺のようなタチの悪い会社があるので、安易に依頼せずにクチコミなどをみて検討し、堅実な会社に依頼すべきです。


ところで、不倫調査を依頼しても、しっかりした証拠を得るには時間がかかることもあります。


調査費用、所要期間(時間)等については、納得いくまで説明を聞いてから契約を交わすと良いでしょう。


これから探偵を雇うつもりでいたら、標準的な料金に関する知識が不足していると、普通の請求を見て驚いてしまうことでしょう。


時間あたり1万円程度を想定していると妥当だと思います。


行動調査の時間を増やせば、支払い額に確実に影響してきますから、どれだけ費用がかけられるかあらかじめ考えておくようにしましょう。
前の記事へ 次の記事へ