スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

一回忌




回想の余談だと
思って下さい


姉貴の一回忌の日
ネバで姉貴の旦那様より
通信を頂きました


姉貴の一回忌だと
いう事を覚えて居てくれてて…
嬉しかった…


そして…
去年の今頃
悲しくて泣いてしまったと…
これも…
嬉しかった…


ネットの世界では
人の死って
伝わり難いんじゃないかって思ってた…


死んだ?嘘だろ?


何時かの自分の様に…
泣いてくれた人が居た…


一年経つとね…
忘れちゃう人が
多いはず…
この世界から消えたら…
どれくらいの人が…・・・
覚えててくれるのか…


1人居たよ


姉貴…
良かったね


貴女の身近に居た人は
貴女を忘れて無かったよ…


良かった…


ネバ旦那様だけに…
伝えれば良かったと
今ちょっと後悔してる…
某チムペのテロップにて
流された情報…
貼られたままの
プロフィール…
怒りが沸々と…・・・


まだキャラが残ってますが…
消す術が無い訳でもないけど
残して置く事にしました
旦那様も残して欲しいと
言ってくれました


実際は
姉貴の携帯を
形見として
貰い承けた父殿が
姉貴が契約してた
サイト等を 退会せずに
自分の使ってた番号に
変えてしまったのが
原因
ボクはショックでしたよ…


姉貴のサブと
自分のサブを
ネバ婚させて
離れないようにしようって…


父殿には呆れてしまった…
ボクも迂闊だった…
早めに手続きしとくんだった
今となれば…
後の祭りだけど…
なんか引っかかってて…


あのキャラはもう二度と
動かせないもんだろうか…?


なんて考える様に
なっちゃいました
一つ考えがあるんだけど…
無理でしょうね


あぁ…
半分くらい
愚痴になりましたがι
兎に角…
嬉しかったんです


姉貴
本当に良かったね


そして
少し寂しくなっちゃいました…


出来ればずっと
覚えてて欲しい…


姉貴の事を…


さらば友よ…




知らない内に本家の
友人2人が…
ネバを辞めてしまってた…


毎朝ログしてるけど…
時間など合う訳も無く…
通信をちゃんと
見とくんだったなぁ…


兄さん…
大好きだったさ…
あの頃は毎日楽しかったもん
最強のメンバーで
思いっ切り騒いで
笑い合った日が
懐かしい…
最後の通くらい…
名前入れてけよ
バカ…
なんか要らへんのに…
もっとあん時
喋っとくべきだったなぁ…


兄さん…
末永く幸せに



がぉ…
お前も居なく
なっちゃったんだな…
住宅街で日記書いてると
回復の嵐
狩り場まで追っかけて来て
回復のしあいっこ
妙だったけど…
楽しかったぁ…
最後の通…
心に響きました…
ボクも会いたかったよ
御免な…


かぉ…
海の上で頑張ってな





出会い

別れ


何時になっても
なれないね…


なれるもんでも
ないけどね…


2人の先に幸あれ…


Σ眼球火傷




今朝聞いてビックリしました


昨日の出来事らしいんですが
ハンダを目に飛ばし
目に入った挙げ句に
病院行きだったそうです
いゃ…
Tさんやるなぁ…


ハンダってのは…
熱を加えて
フニャ〜となるやつです
えぇ
高温な為
火傷や水膨れなんて…(泣)


しかし…
目に入れるなんて…
ボクも入れそうに
なった事ありますね


だからTさんの姿が
見当たらないのかぁ…
って思ったら本人登場
ボクを見てニヤと笑って
普通に挨拶して来た
見た所…何ともなさげで
本人は至って元気でした


昼に話を聞きました


左目の黒い瞳を避けて
茶色の部分に
火傷をしたそうです
いゃ…瞳に直撃してたら…


医者にこう言われたそうな


初めて眼球を
火傷した人を
診ましたと…


爆笑してしまいました


取り敢えず大丈夫そうで
一安心


後は自然に治るのを
待つだけでしょうね


皆様
目を大切にしましょう


明け過ぎまして




本年も末永く
宜しくお願い
申し上げます
m(_ _)m


今年も
迷惑かけます(笑)


(嫌とは言わせないぜ?)


やっとこさ新年の
挨拶に到達
喪が明けましたのでね


昨日
お寺さんに行って
お経を上げてもらい
ひっそりした
一回忌をして来ました


1年の報告から…
取り敢えず
兄貴を宜しくな
と言って来ました…


兄貴が今一番
心配なんだよなぁ…


ヘルニアっぽいかもと…ι


ん゛ん〜
違います様に


回想9




1月23日


喪服に身を包み
寒さに震えた
風が強く
よく晴れた日でした


葬儀と言うものとは
言い難い形で
姉貴は棺に詰められた…


そこに居た全員
全員っても10人にも
満たない人数で
姉貴の全身を
覆う様に
花で敷き詰め
使われて居た物
好きだった物
寒くない様に
愛用して居たコート
親友からの手紙
少しのお札


ボクはずっと姉貴の
青白い顔を見てた
花に埋もれる事なんて
こんな時くらいなんだね…
額に触れてみた
ブヨAしてた
姿変わらず
中身が変わってしまったらしかった…
温もりが無かった…


棺に蓋をした


霊柩車に乗せられ皆で見送り
後を追った


出棺場は山の近くにあった


ビュンA風が吹いてた…


中に入ると…
此処って何の施設?
って思うくらいだった…


綺麗にされてたから
尚更思った…


火葬場は
酷く熱っぽかった


出棺される前に
最後のお別れに
時間くれるなんて
言ってたくせに
そんな時間無かった


母殿達には
あったみたいだけど…
勝手に運ばれっちゃった…


綺麗に焼かれるまで
1時間くらいかかる
と言う事で
テーブルの並んだ広い所で
家族4人と1人で待った


この1時間が永く
感じたんだ…


放送で呼ばれて
火葬場の隣へ


姉貴の影も形も無く
骨だけが綺麗に残って
運ばれて来た


木の箸で
骨をつつき
骨を入れ物へ…


足の骨から順に
入れてった…


初めて骨を見て
骨を拾った…
手が震えてたなぁ…


身体に一つしかない骨
喉仏
その人を表す所
それは男へ…


頭の骨を入れて
蓋を閉めた…


ボクは欲張りだから…
骨一つ残らず欲しかった…


遺骨を貰い
火葬場を後にした


相変わらず
風が強く
青空が眩しかった…


風の強さで
天にちゃんと
昇れただろうかって
空を車の中から眺めてた…


全てが終わり
男の家に向かい
遺品の整理なんだけど
欲しいと思った物を
その場で貰い
後は任せると言って
ボク等は家に帰った…


多分今でも整理…
終わってないんじゃ
ないかなぁ…


心残りがやっぱりあってね…


その後一週間休みを貰い
ボッケェーと過ごしてた


その一週間少しが
姉貴の誕生日だった…
なんとも悲しい出来事だった…


去年のこれが
ショック過ぎて
おかしな一年になりました
「死」と言う言葉が
最初に思い付く様な
出来事ばっかりでした


どうぞ皆さん
大切な人の為に
一番自分を大事にして下さい


まだ
書き足らないですが
これにて
回想終わりです


カレンダー
<< 2008年01月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アーカイブ