苦しむ

今日調子に乗り

・昼食後にブッセとどら焼きを食べ
・夕方、ジャイアントコーンとカリカリ梅を8個食べ
・胃の不快感を覚えたが、それを打ち消すかのように冷えた林檎ジュースを炭酸水で割って飲み干しました。


結果

・もはや恒例の下痢、嘔吐に苦しみ(赤かったから吐血したかと思ったらカリカリ梅でした。汚くてごめん)
・旦那さまは1人で夕食作り、わたしは床の上に倒れた状態で指示。
・旦那さまはタコのチョップドサラダを作り上げ、昨日気まぐれで買っといた小栗旬CMのシュウマイが役に立ちました。美味しかった様子。わたしも食べたかった。
・おやつはフルーツで留めておくのが一番だったな、と反省。
・でも暫く経つと馬鹿みたいに忘れて、また同じ事を繰り返す予感しかしない。
・ありえんくらい汗をかいたのでお風呂入りたい、、、、が余波が来そうだからもう少し待ってみる。

暑くて寝る気も起きない

m暑い夜。
このまま夜の散歩をしたい気分。実家は山の中で近所にお年寄りしか住んでいなかったから、暗くなってから庭に出て星を眺めたりしてた。街灯も何もないので散歩は流石に怖かったからね(猪とか猿とか野犬とかとか)。
またモルディブに行きたいアル、、、。夕食後、旦那さまと一緒にサンチェアー?を海の波が押し寄せる場所まで持っていき、夜空を見上げながらうたた寝するのが最高過ぎた。モルディブは海に囲まれた小さな島だったけれど、潮風でベタベタする事も磯臭かったりなんてのも無く、海は綺麗だし島がリゾートホテルだから変質者も居ないしで安心しきっていた。すぐは無理だろうけど20年後くらいにもう一度行きたいなあ。でもその頃には中国の領土になっていそうでちょっと嫌だな。とりあえず今は想い出で生きていく。

しかしこんなに暑いのに他人と距離なく雑魚寝なんて本当に辛いだろうな、、、。避難所の冷房設備が行き渡れば良いけれど、テレビで見る限りはまだまだ暑そうだった。
これからもこんな風に人が亡くなってしまう災害がたくさんあるんだろうな。今までは大丈夫だったけれど、わたしだって明日は我が身かもしれない。もし生き残ったとしても家族や知人に何かあったら、家が無くなったら、、、その時、わたしはちゃんと動けるのかな?
prev next