大発見

わたしの場合、自分が嫌だと感じる感情や経験や過去を覆い消す為に、食べ物を口に入れ胃袋に詰め込むという作業をしているのではないか、という事に午前中気付いたのです。お昼前の仕事時間、お腹はぺこぺこ、頭の中では過去の忘れたい記憶を思い出していました。過去のわたしがした最低な行動、発言があの時あの子を傷つけたのかもしれない、、、なんてことを考えていると、どうしようもなく恥ずかしく、胸が詰まるような感覚に襲われるのです。そんな時にわたしは「お腹空いた」と咄嗟に言ってしまうのだと気付きました。何か別のもので胸をいっぱいにしたくて仕方がない。だから食べてしまうのかと。
そう考えてから、次は楽しく幸せな思い出に耽ってみることに。一等なのは、旦那さまとの初めての旅行、南の島で過ごした11日間です。綺麗な海と色んな国籍に向けた毎食の美味しいご飯 、気の利く大らかなウエイター、開放的なトイレなどなど。何を思い出しても幸せになれるのです。
で、気づくとさっきまでグーグーなっていたお腹も、食べたいという強い欲求もすっかり無くなっているわけです!凄い、凄いぞ!と旦那さまに力説しました。忘れたい思い出ばかり思い出すのは自分への戒めにも、今後の教訓にもなるけれど、前向きになることだって必要なのかもしれないな。

苦行

胃袋を休ませる、、、、もはや苦行でしかない。
空腹を感じたらピザのチラシを見るようにしています。次はこれ食べるんだー!と、希望が湧いて来るような気がするのです。お腹空いた、、、、、、。全然満たされないけれど、朝食を少量のお粥にすると胃袋が疲れない感じはあります。全然満たされないけれど。
お昼前に仕事をしながら「お腹空いたお腹空いた」とぶつくさ言っておりましたら、旦那さまが「これには先があるんだよ」と。「ピザパーティ、甘いものパーティの時に罪悪感なく食べられるんだよ」と。
ピザパーティ、、、、甘いものパーティ、、、、、素敵な響き、、、、、!
今日も1日耐え抜こうではないか!ファイティン!(韓国ドラマにて、嫌なこと・面倒くさいことを押し付ける場面でよく聞く台詞)

お腹空いた

旦那さまから食事制限を強いられ(強いられ≠ニ思うこと自体が駄目とな)、味覚も胃袋も物足りなさマックスであります、、、、。焼き海苔にマヨネーズを塗って食べたい、とにかく大盛りのご飯が食べたい、あれ食べたいこれ食べたいの欲望が頭の中を支配する。辛いぜ。
こっそり食べようにも、カロリーを摂ると顔が赤くなるらしく直ぐにバレてしまうのですよーーー。ポテチがパンケーキがゴボウの金平が、わたしを呼んでいる気がするの、、、(´;Д;`)
朝はお粥をちょびっとだし、お昼も苺を出したら「そういうのが駄目なんだって」と言われるしさー。旦那さまはよく我慢が出来るなあ。胃袋を休ませるのって大変。はあ、、、
暫くはこんな更新が増えると思うので、うざったく感じる方は購読解除をお勧めします。こうやって気持ちを書き出していると、欲も少しはマシになる気がするのです。ほら、今だってもう落ち着いてきた。凄い。

思えば喧嘩はいつもそう

旦那さまとプチ喧嘩中なうなのです。


原因はわたしがお昼ご飯を食べすぎていること、、、、(笑)
旦那さまとの喧嘩の原因は、いつだってわたしが食べすぎてしまうことから始まるのです。
でもさ、でもさ、、聞いておくれよ。食べすぎって言っても、おにぎり2つと手のひらサイズのパンを1つだけなのですよ。これが食べすぎって言わなくなーーーーーい?(半ギレ)もっと食べたいし、本当はパンだって甘いものを選びたかったのを我慢したのにさ、それでチクチク言われるんだから本当に頭にきちゃうわ。もう。
旦那さまって素晴らしい人だけど、カロリーが高いものに対して小五月蝿いのが欠点だなあと思いました。いっぱい食べる君が好き、とか言っておけばいいのに。

夕食記録

◎ニンニクの芽と砂ずりの炒め

◎ごぼうサラダ

◎切っただけのきゅうり

◎厚揚げの南蛮漬け

◎焼き鮭(旦那さまの)


久しぶり〜〜〜の夕食記録です。
直売コーナーにてニンニクの芽を発見したのであります!売ってあるのは中国産ばかりだから嬉しい、、、!中国だから駄目とは決めつけてはいかんよな、と思いながらもついつい避けてしまう、、、。新婚旅行の飛行機の中で中国が如何に広いかを知ったので(ずーーーーっと中国の上空を飛んでいましたもん。ビックリしました!)、自然いっぱいで空気が綺麗な場所の方が多いんだろうなあ、とは思うのですが、思うのですが、、、、完全なる偏見ですよね。洋服はメイドインチャイナでも気にならないのに。
前の記事へ 次の記事へ