日々の頑張りを
自分で認めてあげようと、思いました。
苦しくなり涙が出るほど、突き詰めたときとか。そうすると不思議に体が軽くなって、じゃあ、もうすこし工夫できるかな、彩りを添えられるのは自分だけなんだろうなあ、とか。新しい、景色がもう目の前に広がってる気がしています。
ちょうど彼と出会った頃の空気。
幸せになりに行こう、と決めたときの、純度。もう、そろそろ今年が終わるなあと気付いたら、今年初めの快晴の青空が忘れられなかったり、忘れたくないと強く願った景色は刻まれていたり。

嬉しい。
なんだか嬉しいです。
そうしていたら新しい口紅が欲しくなる。でも、もう容易には買えないのだ。
ルルル〜、もし買うならCHANEL!やっぱりこのブランドが好き。
と、出勤前に書き留めました。

いつのまにか28歳なんだもの。
歳を重ねる度に、何だかんだ、楽しいです。生きたいと思い続けて、よかった
naka.