終結?




おはようございますー
気持ちの整理のためにブログを使います。

元彼と会ってきました。
いつぞやのコニーと名付けていた人です。笑


話題:いままで と これから。



もはや彼にとっては付き合っていたのかも謎なのかなと今になっては思います。←
というより私がもうそう思いたくないのかもしれない。
元彼…ともだち?や、知り合い?


私も忘れかけてたくらいには仕事が充実している自信はありましたし、電話で和解したとはいえ喧嘩別れのようなものだったので一度はちゃんと会おうと思っていて。



昨日も仕事終わりになんとなくラーメンに誘って、なにかとタイミングが悪いはずの彼が乗ってきて、でもどうせドタキャンの王である彼のことだから(ひどい)最後まで油断できないと思ったら来て。←



久しぶりに会ってラーメンを食べてきました。
お互いの今の仕事の話をしたりしました。


付き合ってた(はず?)頃の話は私も振らなかったし彼からも言ってこなかったことに何故か安堵していました。
話すとまた泣いてしまいそうな気がして←



ラーメンを食べ終えたあとに飲み足りないという意見が合致して二軒目へ。

タイミングよく彼の親友から電話がかかってきて何故か3人で飲むことに。笑


実はその親友とは話は聞いていたものの会うのは初めてでした。別れてからはじめまして、ってちゃんちゃらおかしいですよね。
彼は親友に何度か私の話をしてたことがあったから名前は知ってたらしい。
が、関係は知らなかった?らしく。

「どんな関係?」って言われて言葉に詰まりました。笑
彼は「前に付き合ってた人」と言ったので、なんとなく不思議な気持ちになりました。


や、私たちもう別れてしまったんダヨネ…とかそういうセンチメンタルなものではなく、彼にまず付き合っているという認識があったんだということ。

そして久しぶりに会ったときもあまりにもお互いに普段どおりすぎて、「そうか、前に付き合ってたのか。」と。


それからポロポロと話をして解散しました。





会わなかった方が良かったとは思わないしタイミングも早すぎることもなかったと思う。一度でも会えて元気にしてるのを見れたことに後悔はないです。

ただやっぱり私に彼氏ができてからの方が彼も安心でしょうし、その方が良かったのかもと少し思ったり。


またいつか会おうなんて言われましたが、おそらくもう会うことはないでしょう。わかりませんが。

とりあえず、ここらでようやく彼との関係、彼に対しての私の気持ちが終結したと言えます。



終結したかはわからないけれど。前にも言ってたように、きっと次の恋をはじめるまでにある程度のつっかかりは感じるのだろうな。
まあでも、ひとつの区切りにはなりました。



帰り道はお酒の力でなんとなく寂しくなって誰かに甘えたくなって、兄さんに連絡をしてしまいました。


こちらもこちらで少しややこしいのですがね。

彼が私のものになることは一生ないですし、次会うことがあるのかさえ不明確です。

が、私が喜ぶ言葉をたくさん出してくれるから、連絡してよかったなんて思ったり。そういうところが大人だなと思う。


私のやってることがずるいというのは自覚していますが。




ふーーーーーーー。

別れてから今日に至るまでたまーーーに夢に出てきていたので、昨日のこともまるで夢のよう。
そのまま消えてしまえばいいのに。←

とりあえず元彼のことはもう記憶から抹消したいレベルにまで思ってます。←
もし元彼が兄さんだったなら本当に上手くやってくれて友達に戻れていたかもしれませんが、元彼も私もそこまで器用ではないから、口では言ってもやはり無理なのだと思う。



今月はお金ピンチ!なので悩んだものの、今日は社会人サークルのはじめましてな人々とご飯へいってきます。

暇を持て余すのもなと思い、時間があるうちに好きなことしとこうと。


昨日の余韻を下手に残さずに予定をこん詰めたこと、今は良かったと思います。

新しく楽しい場所になるといいなぁ。




無意識の恐ろしさ




こんばんはー。
前回の記事、新年初の投稿だったにもかかわらず新年の挨拶一切なしに書いてしまってました。

あけましておめでとうございます!(今更)
新年早々そんなテンションではなかったということで許してください←




というのも、実は先日に母が緊急入院をしまして。

専門的なことはよくわかりません。
手術レベルの大きなものではなかったものの、検査結果ではもう少しで死ぬレベルの異常数値だったそうです。


即入院が決まった当初は実感がなかったのですが、じわじわと現実味がわいてきて。


我が家の太陽のような存在で、いつも元気な母。

体調が悪い時も、働き者で明るくふるまう母に甘えてしまっていたことに後悔しました。



年末年始の出勤やらいろんなことが積もっていて気分が沈んでいた私でしたが、さらにどんよりさせる出来事。

家事を家族でやるという。(笑)


母が旅行に行ってた時はお休みの日などで大体は私がやっていたので、今回も洗濯などは私がやっていて。

幸いなことにここ数日はシフトも午後勤務が多くて朝は動けたので。


ただ、出勤の日もお休みの日も、毎日毎日家事に追われるというのが慣れてなくて、日が経つにつれ本当に今日まで参ってました。(笑)



いつのまにか家族は私が家事をやるものと思っていたりする節があって、平気で食器や洗濯物をそのままにされていて。

まぁずっとやってたらその人頼りになるのは当然なんですよね。それが特別じゃなくなる。


「なんで私ばっかり!」と思っていましたが、よくよく考えたら朝ご飯のパンを買ってくれていたのは父で、ゴミ捨てに行ってくれてたのは姉で、結局私だってそんな家族に無意識に頼っていたのだなと思いました。なんて滑稽な話。



そしてそれを全ていつもしてくれていたのは母なんだと、今更ながらに思いました。



時間がなくてもご飯を作ってくれているし、寒い中で洗濯物を干してくれている。

なのに平気でご飯作った後にいらないって言ったり洗濯干してる時も寒いって文句言ったり、最低だな私。



自分が元気に暮らしていけてたのは、母の時間や手間が犠牲にされてたおかげなのだとようやく気付けました。

犠牲という言葉を使うには違和感が少しありますが。



とにかくちゃんとそういうのも感謝せねばです。
当然と思ってたら駄目ですね。

しばらくしたらまた忘れかける気持ちかもしれないけど、節々で思い出していかねば。



明日にようやく母が退院します。

今回のことはショックが大きかったものの、学んだことは沢山ありました。

退院するとはいえ本調子になるまでまだ時間がかかると思うので、このまま元気になってくれることを願うばかりです。







はい。

余談ですが、今日は早番だったので先輩にマッサージをしてもらったのですが首が笑われるくらいガチガチに硬かったようです。

私としては肩甲骨の方がキテるものと思ってましたが…無意識・無自覚とは恐ろしい。




紙の月




半年くらい前に買った本をようやく読了しました。
(若干ネタバレしてますのでご注意ください。)



話題:本の感想



映画の予告で観たときからずっと気になっていました。

結局映画は観てないのですが、偶然古本屋さんで見つけたので買ってみたのです。




主婦で銀行の契約社員である主人公が、ある日年下の男の子と出会うことで恋に落ちて、その子のために顧客のお金をどんどん横領していく…というのが簡単な内容です。



読み終わった後にうーん、と考え込んでしまいました。


私は主人公の梨花と似ている節が少しあるかもしれない。

時折プレゼントをすることや奢るのだって、相手が求めずとも自分がしたいからする。
金額も自分が納得するものであれば多少は上限はつけない。恋人であれ友人であれ、好きな人のためならある程度の出費や時間や苦労も厭わない。


違う点は、私は他人のために借金は絶対に肩代わりしないことと、貯金額を含めた今自分にある持ち金の範囲でしかお金は原則使わないと決めていることですが。




この小説では主人公の視点がメインではあるものの、他にも主人公とかつて関係があった人達のことも登場します。


異様なほどに節約をする主婦、
昔は裕福だったのにと現状を嘆く妻と不倫相手がいるサラリーマン、
見栄のために買い物中毒になるバツイチの女性。



この本を読み終えて考えたのは「お金の使い方」についてでした。


みんなそれぞれが自分の経験や考えを通して、現在のお金の使い方をしていて。

結論を言えばこの小説の中で幸せな結末を迎えた人は誰もいません。



幸せなお金の使い方って何なんでしょう。
どうしたら幸せを継続した使い方ができるのでしょう。

自分のために出すことも、相手への好意を示すためにも、それはそれで大切なことだと思います。



主人公の梨花がしたことは、全てがその男の子・光太のための行動でした。
でもそれは、光太を縛るものに過ぎなくなっていて。光太からは一度たりとも求めていないもので。結局はお金でしか光太を繋ぎとめられなくなってしまっていました。

そして彼女が光太へ与えていた代わりに得たものは「自己満足」だけでした。



なんだか難しい。語彙力が無すぎて表現しがたいこのモヤモヤ。←


お金を支配して、いつしか支配される側になっていて、それが他者に影響を及ぼすこともあって。


お金って恐ろしい。

使い過ぎても不幸、使わな過ぎても不幸、

お金でこの世の中にある大抵の問題は解決できるかもしれないですが、お金に支配されずにそれ以外の愛とか、そういったところを基盤に置いてあることを見失わずに生きていければ本物の幸せにいきつけるのかもしれませんね。







的外れな見解に見られたらすみません。
昨日から風邪で寒気と鼻水が物凄いですが、明日からはまた連勤なので頑張ります。
病院で薬も貰いに行かねばー



黒み




カットとカラー!


話題:美容院



12月の頭にハイライトを入れたのですが、やはり色が抜けてヤンキーみたいになってきたので行ってきました。
明日は職場にお偉いさんが来るし整えねばとも思ったので←



カットは枝毛など毛先を少し切る程度、眉上な前髪も更に少し切ってもらい、カラーは赤みの強い私の髪に対抗するように寒色系を入れてもらいました。

今の林檎さんの髪色に近い色をしたモデルさんを見せましたフフフ。






髪型自体はいつもの美容院でやってもらったので大満足なのですが、問題は美容院の対応。


どうやらこの時期の美容院も物凄く忙しかったようで、放置がちょこちょことあったり。(雑誌持ってきてくれたのは良かったけど、何も言わずに私のそばにあったカルテ?をバン!と持ってかれたりカラー確認で急に髪を触られたりしたのはえええっとなってしまった)

それは全然いいのだけど、カラー中飲み物を出し忘れられていて(隣のお客さんは同じタイミングでカラーが始まったのに飲み物も出てて確認に来たのも誘導もすぐでした)、お客さんがたくさんいる中室内の空気もこもっていたのでもうすこしで倒れそうになりました←


スタッフさんもバタバタして常に他のお客さんと話してるから呼ばないし。

結局別のスタッフさんがカラーの確認にきたタイミングでお水を持ってきてもらって事なきを得ましたが、シャンプー台に行く時もいつもならシャンプー台へ誘導するスタッフさんが「お疲れ様でしたー」と言ったら他の方からも返事がくるけれど全員無視。笑




忙しいのは分かるのだけど、お客さん側からしたらそれは知ったこっちゃねぇな感じなのだなと同じ接客業の人間として学びました。


自分の接客はともかく、私は自分がお客さんとして行くお店ではそういう些細なことが気になってしまったりします。(本当に嫌な客だなとは自覚しています。笑)


でもきっと、私のようにそういう見方をしてお店の判断をする方もいるのでしょうね。

店のレベルとしてできることが限られてしまうことはどうしてもあるけれど、それでも一人ももれなくその都度ベストな接客ができるようにしたいというのは綺麗事でしょうか?

でもそれを目標にはしないといけないなとは思うのです。





そういう意味でも今日美容院へ行って良かったのかもしれません。(と言ったらその美容院はたまったもんじゃないかもしれませんが)

今度はもっと空いてそうなときに行こうと決めたのでした。笑



さ、明日は正念場です。
がんばります!!!!





そわそわしちゃう。




こんばんはー。
お正月休暇が始まり出した世間ですが、私は年末年始連勤です。


話題:仕事の話




年末年始連勤は悲しいのだけど、それは置いといて。


明日はお偉いさんがお店にやってきます。
スタッフとして入って、お店の接客などの内情を見られるらしいです。



…そんな日に限って、早出勤務のため約10時間はお店にいる私。(笑)


本当にこわい。

こないだお店でベテランと評価されている先輩も散々に指摘されたと聞きました。

その先輩の接客は丁寧かつ迅速で、私も先輩みたいな接客ができたらと思っていたので本当に驚いた。



そのことがあったからではないですが、最近自分の接客も「これで大丈夫なのか?」という不安も出てきているので尚更心配です。



しかし先程確認したら明日は指名のお客様で夜まで予約が埋まっていました。

初めての方に入るよりはまだマシなのかもしれない。
部屋に入ればカーテンを閉めるし、お偉いさんの目に触れる機会が少なくできるから←



てゆうか私いつのまにかこんなけ指名をいただけるようになったのかと純粋に嬉しく思います。


そういえば今年もあと2日で終わるのだなぁ。
前のアルバイトを辞めて新しく今の職場に入って、大きな変化のあった1年ですがそれでもなんやかんやで頑張れている。


苦手な接客はまだまだ人見知り発動しかけたり困ることもありますが、「この人のために何ができるか」を考えられるようになったり。

技術だって一度交代があってから尚更トラウマ気味になって今もまだまだ奮闘中ですが、ある程度筋肉が和らげるようになったり。



最初のスタートラインから見ればとんでもなく成長してるのでは、なんて。





話が逸れましたが、明日がピークな忙しい日だと思っています。

そんな日に限って、なことが相次ぎますが、いつも以上に気を引き締めて、今年をバチッと終えられるように。(といっても私はラストもお正月も仕事ですが)


がんばろう。
帰ったら私お疲れ!って心で叫ぶのだ。





はい。

今日はお休みだったのですが、実は美容院も行ってきたのでそのこともあとで記事上げます。


前の記事へ 次の記事へ