あけまして




おめでとうございます。今さらながら

昨年は大変お世話になりました
本年ものんびり仲よくしてやってほちいです

年が明けてから間も無い中、色々とショッキングなニュースが起こってたみたいだね

といっても、テレビを全く観ない生活なのであまり多くは知らないのですが

樹海でメシウマ事件(仮称)、と、無い袖は振れぬ被害(仮称)。くらい

どちらも、聞いた時はえらいビックリしてしまった

当事者でなくても胸が張り裂けそうになる

後者の事件に関しては、自分も過去に振袖を着て式に臨んだのもあり余計に胸に来る

ぶっちゃけね、私自身は成人式も着物もどうでもよかった組なんですね

ただ、私の母上がね、当時なにをトチ狂ったか呉服屋さんに振袖見に行ってどちゃくそお高い振袖を買っちゃったんですよ

きれいな振袖たちを眺めてたら、娘の私より楽しくなっちゃったんでしょうね。レンタルで済ませる筈だったんですけどね

買っちゃった振袖も私が希望していた物ではなく母上の好みでセレクトしましたから。別に何でもよかったけど、ただ娘的にはお値段が胃を痛めつけたよ


今回の事件って確か、お店で購入された方や、自前の振袖を預けていた方も被害に遭われたそうで

もし、当時同じことが起こっていたら

私は何一つダメージ無かった自信ありますが(喜んでスーツで出席したと思います)、母上は発狂していただろうなあ....と寒気がします

もとの持ち主様の所へ、お着物たちが損傷の無いまま帰ってこれますように

そう願わずにはいられません



投稿の仕方まちがえて二回くらい本文の無い日記をあげてしまった

終わりを約束された未来




「コレ私から押したらお付き合いできるんじゃないかな??」

ってな感じの友人がね、いるんですね

以前にうっかり手出しそうになっちゃった御方なんですけどね。実際はおてては繋いだけどそれ以上は鋼の精神で押しとどめたから無問題

改めて自画自賛していいですか。わたしめっちゃ偉くね〜!?よし、満足

近いうちにまた遊びの予定入りそうなので、前回のように密室&深夜&酒&二人きり的なシチュエーションだけは全力回避せねばと心に誓いつつ、とても楽しみにしている

別の好きな子にはキッチリ振られてるし、べつに両者の合意ならば何を気にする事もないんだけどね。その子のこともめっちゃ好きなのは変わらないし

ただ、結局なにが足止めになっているかといえば、やはり未来が無いこと

その夢をわたしは一緒には叶えられない。それがいつの日か終わりの理由になるなら、そもそも何も始まらない方がお互い幸せだよなって

もう要らない、そういう目では見れない、そう思われたらしんどい

今の、友人のようなそれよりほんのちょっぴり近いような。そんな距離感。それが一番良いのかなって

始める気もないのに手だけ出すなんて無理だし、先方に恋人でも出来るまでは会うたびに己との闘いでございます

好意を勿体ぶらずに伝えることなら幾らでも出来るのに。その先は恐ろしくてたまらんわい

偽りであろうとも




一年ほど前に友人から『リリウム〜少女純潔歌劇〜』のDVDをお借りしたままなのですが

最近、久々に観たらなんかどハマリしちゃいまして、ここ数日私の頭の中がすっかりハロプロミュージカル

気づけば劇中歌を脳内再生しながら口ずさみ、仕事中も目の前の上司が居ない時は堂々とイヤホンでサントラ無限リピートする始末

「アイドルが芝居とかwww」的な考えは元々持ってなかったけど、いやホントね、凄いんですよ。何もかも好き

自分用にDVD欲しいんだよなあ。でも今極限に金欠マンだし迷うなあ


っていう近況と、芝居に関して


来年四月末に出演舞台があるんですが、あのその、なんだか物語と告知映像の方向性が迷子すぎて動揺しっぱなしの日々です

あまりに物語と映像とがマッチしてなさすぎて、これは告知映像で興味を持って観に来てくれた人は「告知詐欺かよ!?」とビックリするんじゃないかというような。なんか、そんな感じ

だって告知映像だけ観るとなんかすっごくミュージカルっぽいんだよう....「アレ??今回わたしたち歌ったり踊ったりするのかな??こんなアッパーかつコミカルな内容だったっけかな??」感が凄まじいんだよう....

試行錯誤中なだけかもしれないし、ちと分かりづらいギャグなのかもしれないけど、でも本気なんじゃないかなコレ

主宰さんがどういう舞台を作り上げたいのかどんどん分からなくなってきておる。あかん


っていうのと、ひょんなことで三月にも別舞台に出演させて頂く事になりヒエエエ死ぬうううって気持ち

あそこまでキャスト集めに必死なの見ちゃったらさあ、一度は断っちゃったけど、お助けしたくなっちまうぜ。死ぬなあ、死なないようにがんばろう

.




Twitterで質問箱とかいうのが流行ってるようですが、百合公演でお世話になったキャストさんの質問箱に来てた質問とそれへの回答になんかドキッとしてしもうた

そうか、彼女にとってあの役はそんな感じだったのか

あの役が一番私に近しいし、それは彼女にも話していたから、なんとも気恥かしいような、むずがゆい気持ち

まるで私についての印象でも書かれているかのような心持ち。やだはずかしい

彼女には本当にたくさん苦労かけたな。苦労かけたし、悪いことをした

終わってから二ヶ月経った今でも、それは反省の一つとして私の中に苦く苦く座している

本人にあまり言うのも逆に悪いからもう言わないようにしてるけど、この苦いものは一生口の中に残り続けるんだと思う

それでも、誰に何と言われても、私はあの役が一番いとおしかったし、彼女にやって貰えて幸せだったよ

sexy and I know it



ってようつべで検索してみるときっと世界が平和になるとおもった。ほんとに股間祭りでクソ笑う

切り替え切り替え。切り替えを上手にできるように

スイッチをちゃんと切れるように

前の記事へ 次の記事へ