スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

That's why I couldn't write anything.


みなさまお久しぶりです野々村です。

きっとワタシがここに記事を更新しない間も、偶然に来てくれた人やこっそり見に来てくれた方がいるかもしれませんね。

もしかしたら、携帯を機種変してメールよりもラインの方がメジャーになって、いつしか届かなくなった購読通知も忘れたりして。
そうやって去年記事を書いた時から何カ月も経ってしまいました。

留学も三年目、それももう終わりに近づき、このセメスターが終わって夏休みが来たら、その次はもう四年生です。

更新出来なかった理由というのは、主に勉学です。
こっちに来た始めは頃は探り探りで、日々起こる新鮮なことに目をとめて、「あ、このことブログに書こう」っていつも思ってました。

でもどんどん毎日が追われるように忙しくなって、今日しなきゃいけないことだけでは無くて、一週間後または一カ月先にある課題やプレゼンにも気を配らなければいけなくなっていきました。

それが嫌なことっていうわけじゃないですよ!(常々クラスはキャンセルになれと思ってますけどね!←)

何枚もペーパーが出た時は一日中うんうん唸って考えたり、文学のなんとかかんとかはチンプンカンプンだったり←
忙しくて、面倒くさい課題が目の前にいっぱいあっても、ワタシはいつも充実しています。

日本じゃきっとしなかったこと、勉強にしろ生活にしろ、色んな面で変わりました。
でもその変わっていく日々の中で、自分がしなきゃいけないことの方が多くなって、みなさんに伝えたいことがいっぱいいっぱい増えていく一方で時間が無くなっているのが事実です。

なのでこのブログはひとまず更新をストップしようと思います。

もともと有名人でもなんでもないのですが、購読をしてくれてる方が少なからずいたこと、コメントや拍手をたくさん頂いていたことを踏まえてお伝えさせて頂きます。

代わりにツイッターで色々呟こうと思っているので、もし興味があればそちらを覗いてみてください。
しょうもないことですが、色々呟いております。写真を気軽にアップできるのも良いところ。
鍵アカにしてるのですが、気軽にフォローしてください。というか鍵外そうかな。
ゆるーく絡んでいただければゆるーく絡み返しますので(^O^)

@y_no20xx17

是非是非どうぞ。



福岡の旅1


こんにちは野々村です。更新のしなさはもはやご愛嬌といったところでしょうか。
すみません、顔はやめてください、せめてボディーにしてください…!!

とにもかくにも毎日暇でビックリです。
ちょくちょく予定が入るのは入るのだけども、それを記事にするかどうか悩んでいると日にちが経っているんですよね…。

あっという間に夏休みです。蝉がミンミン鳴いています。

野々村母は蝉の音にとても苛立っている様子で、一匹一匹撃ち殺してやりたいと昨年と同じことを言っておりますが、手間がかかるのでやめて欲しい。殺虫剤の発想はいずこへ…。


とりあえず、先週の14日から19日まで福岡の博多さんのところまでお邪魔してきたので、旅行記を書こうかな。


今回どうやって福岡まで行こうか悩んだんですが、夜行バスと飛行機でもんもんとした結果、飛行機にしました。

Jetstarの初の国内線。他の航空会社と比べても安かったです。

そして関空出発しまして福岡へ。

空港ついて、日本へ帰国してしまった博多さんががっつり待っておられましたので抱擁。

ちなみにこの6月に博多さんはアメリカ生活を終えて福岡へ帰ってきていらっしゃいます。

野々村母&ムーミンからは「一週間近くもお邪魔するなんて!」 と若干のお叱りを受けながらの旅だったのですが、もう空港からのタクシーの中、喋る喋る!!

ていうかこの旅行中、一回も会話途切れないってヤバくないですか。←


そして、博多旅行会社一日目のプランは…もつ鍋!!

福岡滞在中に山笠というお祭り(行事?)の最終日と重なっていて、2日目の朝4時には出発とのこと。
なので1日目の夜はパッと食べて帰って時間をつぶしましょうということでした。

その地元のもつ鍋屋さんにつきまして、外で待ってること数分…
見知らぬおばちゃんが扉の前をウロウロ。

おばちゃん
「ねぇ知ってる?」

博多さん&野々村
「なんですか??」

おばちゃん
「今、このお店に高橋克実が来てるんよ~!!おばちゃんまっとうとよ〜!」

高橋克実…?あの御髪が残念に少量な方だったあの?←
確かに有名な人だけど、そんな盛り上がるおばちゃんが可愛い。博多弁可愛い。

そしてなんやかんやで、高橋克実さんでは無く、高橋克典さんだったことが判明!!
この克実と克典での扱いの違いよ!!!←

博多さんとワクワクしながら待っていると、まずは外から中に入って待てと中に通されまして、階段を背にして待つことに。

に、2階で、高橋克典がもつ鍋を…!食しているだなんて…!

すると背後でとても渋い声が…。(野々村は大変地獄耳。)

そしたら!そしたらああ!
高橋克典さん降りてきはったーーーー!!

博多さんとテンションマックス。しかし失礼にならないように握手などは求めずにじーーっと見つめるだけにしておきました。それもまた問題なような気もしますけどね…。

テンションあがりまくったので母にラインでその旨をつたえたところ、

「高橋克典ってだれ?」
と来たので、画像とともに
「お母さん好きな人やんか!今見てんで!めっちゃ近かった!!」
と返しましたところ、

「あーっ、男前!」
とだけ来ました…なんだこいつ…。なんだよそれ、感想じゃねえか。

そして美味しいもつ鍋を食べまして、お家へ帰ってテレビを見ながらお喋り。
ひたすらお喋り…。

朝の電車の時間まで起きて居ようとなったのですが、もう野々村は半分意識を失っていましたね…。

では2日目に続く!



紫陽花


こんばんは野々村です、近況報告をば…。


間があいてしまって申し訳ない、ジョセフィンが帰ったらいったんまとめ記事を書こうかと思ってたんですけれども…。

元々の予定では今月の15日に台湾へ帰るつもりだったジョセフィンなのですが、実は先月の終わりに、お父さんが交通事故で重体という連絡を受けて急きょ台湾へ帰ってしまったんです。

29日の夜中、野々村が髪を乾かしていたところ、泣きながらジョセフィンが状況説明しに来まして、慌てて次の日のフライトを取りました。

ぶるぶる震えて泣いてるのを見るのはなんとも心が痛かったです…。

とりあえず次の日になって、空港まで見送りに行ったんですが、空港で泣きました(笑)

それから連絡を取り合っているんですが、お父さんは頭がい骨骨折…だったんですが、なぜかもう退院して自宅で療養されてるみたいです。

でも頭を強く打って、脳の中に血の塊が出来てるせいで、5歳児みたいな行動をするみたい。
階段をひたすら上がったり下りたり…犬と喋ったり…エアコンをつけたり消したり…
かわいいお父さん…

とりあえず一カ月くらい経てば、その塊もだんだん溶けて無くなるらしいので、一安心。
十分な回復を願っております。

ジョセフィンが帰った後は、野々村は野々村で色んなとこに行ったり色んなことをしてたんですが、 やっぱりなんだかつまらなかったし、記事を書こうという気にもならなくて…すみません(泣)

でもお父さんも回復してきてるし、ワタシはワタシでちゃんと楽しまなければと思って、ちゃんとブログ書いて行こうと思います(^O^)


最近では、母とムーミンが携帯をなんとギャラクシーS5に変えまして、羨ましさで胸がいっぱいです。ギギギ。

しかし歳が歳なので、使いこなせるには時間がかかるみたいです。

ドコモに変えたんですけど、画面にヒツジが出るんですよ。コンシェルジュのヒツジ…。
そのヒツジ、指でタッチしてそのまま引っ張ると場所を移動することができるんですが、移動させた後、口から息を吐くんですよね。

そしたら母が


「クルクルクル〜〜〜〜〜……パッッ!!!」

とヒツジをフル回転させ


「ゲロゲロゲロゲロ〜〜〜〜」

と吐かせています。頭がおかしいのは元からです。

ヒツジが不憫すぎる…。


ではジョセフィンと行ったところとかちゃんと書こうかな〜

アディオス!





33 Hours


こんばんは野々村です。簡潔に近況報告させて頂くと、日本に降臨しました(黙れ)

拍手下さった方ありがとう!
そして新しい購読者さんいらっしゃい!これからどうぞよろしくお願いしますね(^O^)

さぁ17日の土曜日に日本に着いてから最早三日が経ったわけですけれども、もう既に日本を満喫しております。

みなさん待望のジョセフィンさんも一緒です!

タイトルにある通り、出発してから33時間もかかって日本に帰ってきました。
帰ってくる途中でもうアメリカに帰りたかったよね!逆にね!←

カンザスシティを出発してロスまで飛び、ロスで約8時間ほど待って11時間のフライト。
羽田で一夜を過ごし、朝の伊丹へいざ行かん…という空と空港を大満喫の旅でした。

今回日本までのフライトはデルタ航空だったのですが、ちゃんと個別にモニターがあって映画も見れたし、それは嬉しかったな!

アメリカに初めて行くときもデルタだったんですが、その時はモニターが無くて、とっても暇だったんですよね…。

それにジョセフィンさんも居たし、いつもより全然余裕だった(^O^)


着いたその日に髪の毛をバッサリ切りました。10pくらい切ったかな。
もう傷みまくってて、

髪の毛の傷み
「(笑)」

くらいの感じだったんで、バッサリいかせて頂きました。
ボブより長いけど、前からしたかった髪型になったからいい感じ〜。
来月あたりにまた短くしにいこうかな。

ジョセフィンさんも同じとこで切ってもらったんですけど、いい感じに仕上がってました(^▽^)


そしてその夜はフグ食べました。もう日本でのやることほとんど果たしたな。←


日曜日はおばあちゃんに挨拶に行ったり、おばあちゃんがジョセフィンに日本語でめちゃくちゃ話しかけて困惑させたり、串カツ食べたりで満喫してたし、

100均であれやこれや物色したり、ショッピングモールでなんやかんやしたりで、

日本楽しんでおります(笑)


まだまだ行かなきゃいけないところいっぱいあるので、体調には気をつけないとなー!
とか言いながら、右耳の奥が今めっちゃ痛い。中耳炎になっちゃったかな?
明日病院行こうかな…。


みなさんも、街中でだっさい女がいたら野々村だと思ってください。

ではみなさんアデュー!


Let's survive!


こんにちは野々村です。テスト勉強してました!!こらそこ!珍しくなんてありませんよ!←

拍手とコメントくださった方ありがとうございます!追記でコメ返です。


火曜日1つ、水曜日2つ、木曜日1つでファイナルがあります!
明日から生き延びるぞぉ〜〜〜。 
そして再来週は台湾の愉快な仲間たちと博多さんでキャンプに行ってきます。
久しぶりの野外活動…いかにワタシが引きこもってるかがわかるぜぇ〜。


さて、先ほどまでテスト勉強をしていたのですが、今回はこちらのテストのことについて話そうと思います。

日本の大学とさほど変わらないかもしれませんが、何か違ったものを感じていただければ幸いといった感じです!


テストのスタイルは先生によって異なります。
選択問題が好きな人、オンラインで指定時間までにやればOK☆な人、がっつり書かせる人…多種多様…。

でも、どの先生も必ずしてくれるのが「プレビュー」

学期はじめには必ずシラバスというものが配られ、その中には学期全体のクラスのスケジュールが組まれています。
そしてテストの前日には「プレビュー」の時間が入ってることが多いです。

ではプレビューではどんなことをするかと言うと、簡単に言えばテストの範囲をみんなで復習するという感じですね!

事前に先生は「これを出します」と具体的な質問や語彙、全てをワタシ達に提示してくれます。
それはスタディガイドというものであったり、口頭であったり様々ですが、テスト範囲だけではなく、明確なポイントを出してきてくれます。

ワタシの取っていたクラスで例を挙げるなら、Study guideが一番やりやすい!

出てくる語句、人物の名前、具体的な質問などなど…そんなのが簡単に書かれているものなのですが、ワタシ的にはそれを復習しとけば大体安心できるので好きです(笑)

日本の高校とかは範囲はくれるけど、その範囲から何が出るのかが分からないので、いっぱい勉強するじゃないですか…それなのになぜか全く違うとこから問題が出てきたりするじゃないですか…多分これ野々村だけですね(白目)

そうではなく、具体的に質問を与えてくれるので予想しやすいし楽ちんなので助かります!


ただ、今セメとったアメリカ文学は少々難しかったですね…。
ワタシは文学系が苦手なので、読んでもチンプンカンプンな節があるのですよね…(完全終了)
とりあえずこのクラスの先生は結構お年を召していて、クラス終了の間際に、

「今からじゃあ範囲を言います!あれとこれとそれと…」

「えええええええ」

って感じなので、テストは完全に死亡です。
というよりも、50分の間にエッセイ5個はきついですわ…。

さっきまでやっていた勉強というのも、このクラスのものなのですが、
水曜日のファイナルに、一つエッセイを提出しなければいけないのです。
そんなに難しいものではないのでよかったのですが、とりあえず終わって良かった(歓喜の涙)


逆に好きな先生はイギリス女性文学のクラス。
このクラスの先生は、テストの形式をワタシ達に決めさせてくれるので好き!
どういうテストがいいか、どこを出してほしいか、などなど。
もちろん難しいんですけど、自分たちで決めてる分やりやすさを感じます。


まぁざっとこんな感じですね〜。
あまり日本と変わっていなかったら申し訳ない!


明日からファイナル頑張りまーす(^O^)





more...!
prev next
プロフィール
野々村さんのプロフィール
性 別 女性
年 齢 25
系 統 普通系
職 業 大学生
カレンダー
<< 2018年08月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
自由入力