ひとりごとです

私は言葉でしか指導していないのに
何故かあの子たちは信じてついてくるんです。
嬉しそうにいろんな報告をしてくるんです。
可愛すぎてもうなんとも言えない。
全力で叱りますし全力で褒めます。
私は武道の専門だから、その道の専門じゃないので
良いことを教えられてないのに
信じてくれるんです。

あの子達に聞いてみたんですよね
私は一緒に活動してないのに何故そんなに信じるのか
そしたら
心がすごく伝わるんです。響くんです。本当に見てくれているのが分かるし、私たちを信じてくれてるからです。なにより安心する(笑)
って言ってくれたんですよ。
可愛すぎません?反則すぎる(笑)

いやー、この仕事やめらんねーわって思いました。
根本的に子どもは大好きなんですが、
なんというか、やめらんない(笑)
辛いこともめちゃくちゃ多くて
イラつくこともクソほどあるけど、
楽しいって思えるのはあの子達のおかげなんですよね。

なんて、今日ふと思いました。
大人の言葉より、あの子達の言葉の方が
私は心に染みました。
ふつうに照れちゃうわーとか言っちゃって(笑)
たくさんのありがとうでした。

さ、明日も頑張ろう。
とりあえず今日は帰ります。では。

こんばんは
なおさんは隣でスプラトゥーンしてます。
ひゃーひゃー言ってる。
私はごろごろしてます。
明日からまたしんどい日々が待ってる…
昨日今日は、まだ、まだマシでした。

なおさんいい匂いする。
へへ。

セックスレスだけは辛いから
絶対ならないようにしてるけど、
危うくなりかけたから今週こそは
おもいっきり抱こうと思っていますので
なおさん覚悟していてください。

なおさんの腰が砕けるまで抱きてえ〜

仕事してきます。

おはようございます。
はぁー月曜が来ちゃいました。
働きたくねー仕事したくねー

バイオな夢見ました。
私素手でぶん殴って家族守ってるんです。
こういう夢見すぎて、
あーまた夢かーと思いながら戦ってるんですよね。
戦い慣れすぎてて刺激か足りなかったのか、
すごい大きい敵とか出て来ちゃって、
その辺にあったナイフ2本だけで戦いました。

怖いんですけどね、ゲームより怖くないんです。
現実に起きたら速攻死ぬわ。

そんなこんなで、
最近なおさんとあまりセックスを致しておりません。
拒否とまではされないけど、
なんか嫌そうなのが伝わるというか、
私に合わせてるというか。
それで最後までする気になれなくて、
そのまま欲もなくなってきました。

私にとって欲が無くなってきたというのは
どういうことか自分でわかっておりまして。
そういうことか〜と思っています。

なにがこうさせたんだろ
なんでこうなっちゃったんだろう

はぁ
朝からテンション下がる
なにも考えんと仕事のことだけ考えよう
では、いってきます。

はぁ、帰ります。
管理職と熱い人間に挟まれて過ごす日々は
まぁストレスでして。
期待と信頼は嬉しい、もちろんそれに応えたい。
ただその反面、かなりきつい。
自分の考えなんて潰されるだけで。
頑張ってるのは私じゃなくてあの子達なのにね。
はぁ〜なんか、これでいいのかな。
まぁもう戻れないんですけどね。

癒しが足りなさ過ぎて心が無になってきてる。
疲れが全く取れなくて、
憂鬱とか超えてどうでもよくなってる。
自分の仕事もなんとなくでこなして、
褒めてくれるけど、それは私じゃないんだよな。
演技、すべて、演技。
それが仕事なのかな〜。

とにかく休みたい。連休が欲しい。
そんなのないけど。
土曜休みくれないかなー無理かなー
私いなくていいじゃん、たぶん。
いや、いなきゃだわ、あーもう。
ねむい、おなかすいた、幼児退行。

では。
前の記事へ 次の記事へ