いつの日か



花火大会へ行った。
2人の夏の思い出は一つもないかと思っていたので嬉しかった。



いつからなのかも分からないけど
・会うのは何時か、とか決めないといけないこと以外は何度話しかけても未読無視
(通知センターで見ることもあるだろうけど無視)
・1週間に一度FaceTimeで顔見れたら良し

あまりに放ったらかしにされていると、イライラや寂しさを通り越して何か別のものになれそうな気がしてきた…( ?-? )

もちろん、「おやすみ」もスルー
疲れて寝てしまったり、スマホを触る気力もないのだろうけど、あまりのスルー具合にまるでLINEの公式アカウントに一方的に話しかけているような気分!!

いや、既に公式アカウントに声をかけてると思って過ごしてるファンか





自分がパートナーを視界に入れる余裕がない人を選んでるんだからなあ、と思うけどさすがに吐き出さないと変になるから書いちゃう。

会うと彼は「落ち着く、こんなに癒される人といられるのは幸せだ」と言い安心感から爆睡モードになるから私が嫌いで放ってるわけではないと頭では分かってるけども。




「頑張れば年収◯◯万円いけるんだよ!さらに地位と名誉も得られるなんて最高じゃん」と言う姿はとても彼らしいなと思って。

私は人様の目につく環境にいるほうがしんどいから真逆。
生きて時には贅沢ができたら幸せだね〜くらいのお金があればよくて、お金がたんまりあっても忙しすぎて話す時間がなくて寂しい日を過ごすよりも君と一緒に過ごす時間が欲しいんだよ、と思う

うーん



一人前になるのは並大抵の努力じゃいけない。応援はしていてもこれから先、仕事に対する理解ができるのかも、この状況が続くことが良いのか悪いのかすら分からないな








話は変わって、ここ数日はスマホのホーム画面のアイコン整理が捗ってる!
今まではカテゴリごとに分けていたけど、アプリの数が多すぎて必要なものを探すのに時間がかかっていて。

ある程度カテゴリが近いもの同士で使用頻度の高いアプリとそうでないとのと分けてみたら探す手間が省けてかなり使いやすくなった。

スッキリ大事。

アプリ自体を消せたら絶対量が減って楽なのは確かなんだけど、置いておきたいがまだ強いからまずはやれるところから






図書館も10日〜2週間に一度のペースで行けている。
館内が眩しいのと静かすぎて自分が立てる物音がうるさいとか迷惑な気がしてしまうから、本を5〜10分で選んだら即帰る。

それだけでも肩や背中の筋肉が緊張してこるし、頭痛が起きたりもするからこれで十分。






小路幸也(しょうじ ゆきや)さんという作家の小説?だと分かりやすい文章なのか情景が浮かびやすいので、ちょこちょこ借りて見てる。

図書館へ行き始めてからいつも直感で選ぶ
帰ってから本を開いたときに読みにくいものや感情移入しづらい本はほぼ読まずに返却してる。

全然読む習慣がなかったから(これでいいのか…?)と思ってたけど、こうやって気になる作家さんが出てくるのは意外だった




ここ数日は雨で洗濯乾燥機能が大活躍してる。
色々省略できるのが本当にありがたい…

さて掃除に戻ろう('ω')

0か100か





彼が成績を残せば嬉しい
おめでとう良かったね!!!
だけど残すほどどんどん遠くに行ってしまう気がする

別に私なんかいなくても全然一人で生きていける人だけど「もういいよ」って判子をまた一つ押されたような気がする
何年も中身は変わらず真っ直ぐに自分を好きでいてくれて、どんな人がいようと俺は仕事は仕事で割り切ってる。君といたいと言ってくれるけど

自分は何もなくて
英会話の無料レッスンも意気揚々として始めたものの、感想を数日間毎日送るだけなのに、それすらしんどくって、朝起きてから寝て気を失うまでそればかり考えて「やらなきゃいけない」強迫観念がグイグイグイグイ
「そんなの適当でいいじゃん」と思うだろうけど、私は何も考えずに送ると他の人が遠慮して聞かないことや言わないことまで
質問したり、失礼なことを言ってしまうみたいで、後になって気づいて頭を抱えてしまうから人にメッセージを送るのはとてもエネルギーがいる


「無料レッスンなんでしょ?利害関係ないのにww」
ほんとその通りだけど感想を送らなきゃいけないからやるしかない、になってしまって。
英語を学べることが楽しいという高揚感と、「毎日」欠かさずやらなきゃいけないという苦しい義務感が混ざってハイになってやめられない状態


「苦しいこれはまずい」と気づいてるのに麻痺して「避ける」「逃げる」ができない
レッスンが終わって数日が経った。
昨日の夕方急に気分が沈んで疲労が強すぎて喋れない動けなくなった
また頭の中を重苦しく操作されてる気分
体が重くて床-50cmくらい沈んでるような、張り付いてる感覚

そうなる前にヨガやストレッチ、ちょっとしたダンスの基礎練習して姿勢は正しくなってたのに、今朝起きてたら背中と肩がこって痛みが走る
腕を回すと肩甲骨がバキバキ音を鳴らす
自分のストレッチだけじゃどうにもできなくてまた親に背中をマッサージしてもらう

数年前にアップされていた、多動の子を育てるお母さんが「普段の生活で人より全身の筋肉が緊張しやすくてかたまるから毎日ほぐしてやらないといけない」と大きな体をマッサージする動画を思い返す


私はその子と違ってもう大人なのに親に頼らなきゃいけない不甲斐なさ
でも、きっとその子もそのお母さんも、今も同じように向き合ってるのかもしれないとか考えながら


事務のパートたった4時間で状態が悪化して泣きながら帰ったあの時と同じ
背中と肩周りの血流が悪化して詰まってる
痛い痛い痛い

他の人の大したことのないことが私にはおおごとに聞こえるし見えるしそう感じられる
みんなは気にしないし「気のせい」「考えすぎ」と言われるだけだから黙って我慢する
もう動けなくなるところでようやく爆発して止まれる


彼がおめでたいときに感情が爆発する
「よしよし」
「お疲れさま」

普通に生きたい
普通になりたい
普通がいい

英語





彼「君が英語の勉強をしたら、仕事で海外に行った際の専属通訳として雇えたらと思ってる」と言われたとき、
なにそれやりたい!が第一印象。考えただけでワクワクする。

けど、相変わらずこの人は私が人並みに動けると思って提案してるのかな?本気?冗談?
ぐるぐる〜




まず海外のホテルに着いたら荷下ろしして数十分なり1時間程度休んだら外出しようとするのが健康体の人。

部屋の中の音や光あらゆる刺激を遮断して布団に入り、移動までの刺激によるパニックやフラッシュバックにうなされ苦しむのを耐えて次の日の午後まで使い物にならず休みを必要とするのが私。



これらを考えると現実的ではないと判断して言葉を濁した

英語といえば、何年も前から私の両親が海外旅行に行ったときに一緒に行って通訳できたらいいなと思ってた。
というより、父が「お前が通訳しないなら行かなくていい、2人で行く」とか言うんだもの。こりゃひどい。笑


英語ができて損はないと思いながら何もしてこなかったけど、彼から「勉強したら?」と言われたことが大きなきっかけとなって、英会話ができるようにYouTubeで探したりして発音とか探り探りでやってる。


こういうときに行動力のある人は英語関係なく海外へ飛ぶんだろうなと思って羨ましさを感じたりしただろうけど、
自分は今自分の意思で行動に起こしてるんだから、これでよし。

思ったより平気(^o^)





来月に高校からの友達と1か2年ぶり?に会えることになった!結婚出産をしたということで子供も見られるのが楽しみ。

それぞれ








同じ発達障害でも
対人関係が特に苦手でも外出は大丈夫で疲れやすさはないとか、不注意でいつも探し物してるけど毎日寝不足でも朝早くから夜遅くまで一日中動き回っても全然平気とか全然違う。


光や音、においなんかで数日〜数ヶ月体調を崩してまともにやりたいこともできないって考えたら
疲れやすい体調崩しやすい崩したら治るの数ヶ月単位、それだけで制約が多すぎるよなあ


ほんとは何でも挑戦してみたい→挑戦する環境にたどり着くまでに疲れきる&倒れる→泣く泣く諦める の繰り返し


頭ははっきりしてるし体も動かしたいから余計にもどかしい。





不正出血が1ヶ月以上続いてることもあるのか、毎日疲労感倦怠感ひどくて軽い寝たきりで家事手伝いも疎かに。
何にも知ろうとも聞こうともしないのに「体調不良は貧血のせいじゃない。全くの気のせい」と平然と言ってのける医者はどれだけ自分が勉強不足なのか自ら晒してるようなものやなと思ったり。

貧血とは関係ないと数値だけで判断しても、体調不良がなーーにもかも気のせいなら今すぐ外で働きたいしいくらでも海外旅行や国内旅行に行って世界を楽しんでるはずなんですがね、と言いたかった。

ただ、頑丈な体と精神を持っていてそれが当たり前の世界にいる彼らの場合はそういう人がいることすら知らないのかもしれないよね?
私の強い思い込みが本当に不調を呼んでるのかもしれないし





愚痴を挟んでしまったけど不正出血のたびに婦人科へ行っても何の異常もない。
子宮や卵巣は腫れがなく、ポリープもなかったからそこは良かった。子宮頸がん検査の結果だけ待ちやからドキドキ。

西洋医学で異常がない、数値に現れない=なにもないで突き返されてしまうから、理解されない場所にしか行けてない問題もあるか。
漢方薬局とかでお世話になろうかなと思ってたりもする。実費やから金銭的に長期的なものは難しいかもしれないけど、少しでも楽に生きられるのなら。






あと、まだまだ人を羨んで無い物ねだりするクセは強いなと思うけど、

今なら
私よう生きて頑張ってるわ!
と言える。


最近毎日自分を褒めてるというか、自己肯定感を高めようとするクセづけ?
「私はいい人だ」、「私は素晴らしい人だ」と鏡を見ながら言う。あとは気付いた時につぶやく。

今までは落ち込んだときにいくらポジティブになろうとしても最終的には「できないからだめ」と自分を責める思考がこびりついてた


それの積み重ねでできたものが今の自分だと間違った認識をしてきたから、
「自分がダメなんて絶対にない」その言葉を思い出しては
どん底な気持ちに落ちたとしても寝る前に自分を底上げする言葉をかけてやるだけで気持ちがすっと落ち着くようになった。

これに関してはYouTubeで見かけたクリスさん(「クリスの部屋」)の受け売りね。正直、胡散臭く感じたりしてチャンネル登録したり解除したりしてw






誰かに褒められることを待つでもない
誰かの評価がないと不安になるのをやめる
誰かの評価ですぐ落ち込むのもやめる

自分にだって自信つけられる








私の中で彼のことで締める割合が100%
彼には仕事があって疲れて帰ってきても自分の時間がないとか、私ができないことをやらなきゃフォローしなきゃ大丈夫かな?と不安になったりして頭痛がするし休まらないと。

また追い詰めてた…



俺だったら静かにしておく
と。

誰だって一人でいる時間が必要なのは当然のことだから気をつけよう




貧血と別件でも泣きすぎてボーッとする
早く終わらないかなあ
prev next