しょりしょり。




風呂上がり、無性にこれを書きたくなって過集中モード…
入力してたら髪の毛びっしょりのまま放置。
(さむいさむいでも書きたい)貫いたら風邪ひきそう。笑
これからの時期は危険w






長文。
ほんとは分けたい
とりあえずぶっこんどく






1.使わないものたちの行方
2.昔からの葛藤
3.小さな変化









【1.使わないものたちの行方】

・兄弟に着ない服や使わない毛糸をあげる。
昔服をもらったけどサイズが合わなくて放置、数年越しに本人の手に戻るというのもチラホラ。

・消すためだけに存在するメルマガやLINEの通知の停止
どこかのブログに「見もしないメールを消す作業に1日10分程度、1週間で1時間以上も時間を使っていることになる」とあって速攻で停止処理
これだけで随分煩わしさが減った!


・使うアプリを厳選してまとめて画面をスッキリ
写真編集アプリやランニング記録アプリとか、なかなか使わないけど置いておきたいものもあったりでちょっと手間取ってる。
時間をかけて減らしていこうかなと。


・写真フォルダのスクリーンショットだけで1万4千枚あって、そこから2千枚は減らしたところ。
写真や映像で8割容量を食ってる。これが半分に減ればレスポンススピードがグンと上がること間違いなしw

どうしても発達障害関連のツイートやpic、ブログ記事なんかをスクショしてしまうんだけど、厳選していかなきゃな。



・重曹水で鏡やプラスチック製品を磨く
スプレーを持っていないので作業時間がかかる。でも手垢や埃でヌメッとした感触をしていたのがすっきりして気分が良い



・数年前に通販で購入したウルグアイの段染め毛糸で編んだ帽子、とても暖かいし色が可愛くて好き。
が、サイズが合わなくて重い。

家族が使うことに。ゴミ袋に入れているところに声をかけられたので渋々渡した。
「ちょっとでも使わない、放っておくようなら即捨てるからね。物は増やしたくない」と釘を刺した。



ゴソゴソ袋に詰めていると
母が「昔の人たちは〜」とか
「せっかくー」と言ってきて。


「家の中を満足し終わった物で溢れさせても仕方ないでしょ。
私はその時の自分が(必要で欲しい)と思ったから買って使う。満足したり、自分に合わなくなれば使わなくなる

母さんからすればそれがもったいないにつながってて(買ってはすぐ使わなくなって捨てている)と思うんだろうけどね。
なにも考えずに衝動買いすることって少ないよ。
物を減らしてスッキリした後も、私があり得ないほど散財するのなら注意されてもおかしくないと思う。
けど、『物がもったいない』と言うのはまず家の中を綺麗にしてから言ってください」


と。


あまり反論されなかった。
めんどくさそうな顔してたしな






【2.昔からの葛藤】
物を一つ一つ大事にできているのかといえばそうじゃない。
今までずっと(もったいない、思い入れがあったから、大切な人から貰ったから)と足元に置いておいた。山積み、埃まみれになっても捨てられないって。

捨てたい、今の自分には必要なかったり全然興味がないのに"置いておかなきゃいけない"


「あー、今も物たちが段ボールに眠ってるね。どんな物かも忘れたけど置いとかなきゃいけない物たち。
誰にも使われず寂しいよーって。何でこんな扱いされてまでここにいなきゃいけないんだろうーって思ってるはずだよ。
捨てないといけない時だけちょっと思い出される存在。また箱に戻される存在。って

自分は酷いことをしている」


"使わずに放っておく"ことに罪悪感やストレスを感じ続けてきたからもうやめたい。




部屋の物が徐々に減ったことで、思い出の物も見えるようになったのだけどなかなか進まない




「捨てなきゃよかった」
今後は手に入らないから後悔をするかも
恐怖心

「本当は手放せたらいいのに」
モヤモヤ

「死んだら連れていけない
要らない物に囲まれて幸せ?
ねえ、どうするの?」
葛藤が多い










【3.小さな変化】

悩んだり考えたくなくて置いてるけど、まだまだ手放したい物はある。
それでも良かったことがある!実感!


・床の余白面積がちょっとずつ広くなって、物を探す時間がグンと減った。

目の前にある目的物を手に取ればいいだけ。
当たり前にしたかったことが部屋の中でできるようになってきた。




今までは押入れの中は肌着、下着、靴下、タイツ、タンクトップごちゃ混ぜ山盛りミックス!



「もったいない」
「まだ使える」
「けどクタクタになってイライラするから新しいの買った」


それを繰り返すから1種類につき10個も15個もある。
狭い箱の中で綺麗に分けることができても、ギチギチだから一個引っこ抜くと雪崩発生。

汚部屋あるある?
疲れた時にしまうのはしんどくてとにかく押入れにポイッ。肌着のコーナーに靴下が混ざる。


次見たら「別の物同士が重なってる、せっかく綺麗にしたのに」

「とにかく押入れに入れたら頑張ったほうだよー」
ぽいっ、ぽいっ、


そうこう繰り返すうちに
カテゴリ分けしたのは遠い昔のよう。



「この前靴下を肌着の乗せたのはしっかり覚えてるのに!どこにいったか分からない」

2分、3分と探し物の時間にとられる

「もうーーー、これしかないの?!
イライラするーー、もうこれでいい!!」
だった。



けど、

(下着は1週間に◯着あれば生きていける。
靴下は伸びたものや好みじゃない柄はよけて大丈夫。今はこれだけしか使ってないんだから。やっていける。大丈夫、今使ってる物だけを選ぼう)
と何度も奮い立たせて2種類だけでも減らしてみた。


すると物自体が減ったから一個抜いたあとに雪崩が起きない。
洗濯して戻ってきたらそのすき間に収納できる。


2週間ほどだった今も綺麗に並んでる(^o^)!!

すこい。物を減らしたらこんなにラクなんだなって。

(雪崩は起きない)と分かっているから
洗濯物をその場に戻す気にもなれるし。


ちょっとずつ成果が出てる、かな?

一気に冷える






なんで数日前まで半袖でも「蒸し暑い」とか言ってたのに、あっという間に薄手の長袖でも寒いくらいになっちゃうんだーー

寒い。泣

晴れてる日に収納されっぱなしだった厚手の服を洗濯しないとな〜







わたなべぽん さんの部屋をキレイにする内容のコミックを読んでいて
(洗面台の下の収納スペースにシャンプーやコンタクトレンズの洗浄液や保存液のストックを入れられるじゃん)、と思って急いで十数年間放置されてた場所を掃除した。


夕飯の準備前に衝動でやるっていう。



収納スペースは学生時代の兄弟がメインで使っていた当時のまま。

よく分からない物も含めて全部ゴミ袋に仕分け!
収納の扉が細かな仕切りに分かれていて掃除しにくいのなんの。
そんな埃が積もっているところは放っておきたかったけど、全部が中途半端になるから使わなくなった靴下で水拭き。

なんとか部屋に置いていた物を移動できたので多少はスッキリしたかな





  


数時間前にムロツヨシと戸田恵梨香出演のドラマ「大恋愛。」を見ていて、ドラマだから楽しいところもあるけど自分の婚約者が別の人といたら?と思うと「おえっ」と吐きそうになる


InstagramでよくエッセイでDVや浮気、不倫をされたみたいな経験談を見かける。
もちろん、一部は2ちゃんのような盛大な釣りかもしれないけど、実際に浮気や不倫をされた側の人やその周りの家族が傷つけられ心臓をえぐられたかのような辛い気持ちを知ると、「ドラマだから何でもいいじゃん」と笑ったり他人事のように見るのって厳しくなる。

自分もいつそうなるか分からないのも理由にあるけど。





たまに糸くんがゲーム仲間とのチャットを見せてくれることがある。

そういうことがあるから気軽にどんな話をしているのか気になって「これ見てもいい?」と聞いたら「勝手に見ないで」と怒り気味に言われて。

(やましいことでもあるの?いいじゃん、ムッ)という気持ちと(細部まで見られて気分いい人ばかりじゃないよな)という気持ちと…ぐるぐる。



「分かった」と言ってやめたけど、彼にとっての踏み込んじゃいけないラインなんだろうなーと。


自分はスマホの中をすべて見せろと言われたら見せられる。浮気も何もしてないし。
ただし、いつもメモ感覚の日記アプリは汚い言葉遣いだらけで本音しかないからドン引き要素満載、彼に対しての不満だってぶちまけてるからそれでもいいならって思ってる


本音はめっちゃ見たい。見たい。
けど、自分はスマホを見せてもいいからと言って相手もいいなんて話にはならないw







話が飛び飛びになる
結局浮気されても分かんないよな〜って。

信じるしかないけど、それって相当難しい

大昔に「やめてくれ」と言ったタバコをストレスから隠れて吸ってたことに気づけなかったんだ。すぐやめてくれたけど、そうやって彼本人が口から言わずに隠そうと思えば全然隠せちゃうんだ

彼が他の人を好きになったり遊んでいるのを、なにも知らないでのうのうと生きてしまうかもしれない。
もし他の人が知ってるのに自分だけ知らなかったとかプライドが高いのか、気づけないバカさ加減と恥ずかしさでズタズタになると思う




と、またしょうもないことを考えてしまった。

脳内が多動気味だったりすると寝起きの朝ヨガ、寝る前のストレッチでも全然集中できない

(吸ってー吐いてーー)と思っててもずっと考え事。







彼が仕事で女性に紳士的な対応をしたって話をしていたのを聞いて、頭の中でいろいろ巡らせたわけで。

私が「君が将来のビジネスパートナーに同じようなことしてると思ったらギェェエエってなる!!うわぁああああまじで無理だ!!」
と汗をかくくらい本気で拒否反応を示していたら、


彼に「wwwwwwwwwww」
大爆笑された。

想像力の豊かさを別のことに生かしたいよ





相変わらず。
でもいつも通り

物の価値







部屋の物をちまちまと断捨離中。



なかなか減らせないけどw

今回大きかったのは1玉弱の毛糸や
段染めが可愛いくて余った毛糸を組み合わせてなにかを編めば使えるけど、「それを自分で使いたいか?」と言われたら全然そんなことない毛糸とか。


購入したときの自分が欲しかったものであって今持っていても嬉しいわけじゃない。
周りに編み物が好きな人がいない、いても好みが違うこともあって処分することにした。

いつも使わないのに目につく場所にあるもんだから罪悪感というか。捨てることも罪悪感あるけど、ずっとそれを引きずる時間がもったいないかなと。








物を分別しているとはじめて(捨てているこの作業時間は正直無駄。
これ捨てようか、もったいないからやめよう。と悩む時間や、罪悪感で気持ちがチクチクする時間とか。これからの人生をその時間にばかり費やしたくないな)と思った。


簡単に全部すっきり、とはいかない
疲れもするからゆるくゆるく片付けてこう

石けんメモやら










今回は
1.石けんの感想や比較
2.シャンプー探し





シャボン玉石けんの手洗い石けん
バブルガード泡タイプ

市販のその辺に売っている安いものと比べて
・汚れ落ちよし
・一番泡ぎれが早い ほんとにラク。
・大事!!香りが臭くないから辛くない 
・手荒れしない

といいこと尽くめで何度も買いに行くのはしんどいので通販で2.1L詰め替え用を買った。便利






私の今知る限りでのざっくり比較。
(上とは違う、皿洗い用石けん)





【1】
ミヨシ石鹸とシャボン玉石けんの比較メモ



<皿洗い用石けんに共通>
・油汚れが移るので一枚ずつ洗い流す必要があり、時間と水道代がかかる。時間がかかるという点で、面倒くさがりや忙しい人には難しいかも。兄弟はどちらにも当てはまったので合成洗剤に戻った
・合成洗剤の膜のようなものが張らないのでスッキリする。これは気持ちがいい
・合成洗剤ほど手がピリピリしない!大事


【ミヨシ石鹸】
・液体と泡スプレータイプがある
・液体容器は穴に石けんが固まり、かなり詰まりやすい。放置し続けるとあらぬ方向に飛ぶようになる。
爪楊枝で掘りだす手間が必要。私はこの作業がめんどくさいと感じるので、ちまちました(失礼)作業が気にならない人向け
・洗い流した後、シャボン玉石けんよりお皿がキュッキュッと鳴る、洗浄力が強いと感じる。
・そのため手の油分が減って乾燥しやすい。保湿の必要性を感じる。
(これはミヨシ石鹸のシャンプーやボディソープにも言えるかも)

・泡タイプスプレー
レバーを押せばすぐに洗い始められるという大変便利なもの。液体の容器ほど「詰まって出ない!」ということが少なくなり画期的。
これのおかげで皿洗いが楽しくなった、やる気が出た勢いで洗えるようになった言っても過言ではないw
だけど、こちらも残った泡を放置すると固まって穴が狭くなり、泡でなく液体で出るようになるので本末転倒。定期的に掃除する必要がある。
・比較的すぐつぎ足しをしなくてはならない。でも液体から泡を作る手間を考えたらマシ!



【シャボン玉石けん】
・液体のみ
・ミヨシ石鹸より石鹸独特の匂いが強い。そのためギブアップしようかと思うくらい不思議な匂いだけど、1週間くらいしたら慣れた。
今もスポンジにつけた洗剤に鼻を近づけると「フゥゥ」とはなる。
・素手で洗っても突っ張りにくく、自分の肌に合っていて優しい気がするのはこっち。保湿しなくてもいけるかな?
・ミヨシ石鹸の液体、泡タイプスプレーどちらと比べても泡持ちがいい。これがつぎ足しする回数が減って楽になったのでこちらを使う理由になっている。



ミヨシ石鹸の泡タイプスプレーに戻るだろうと思ってたから、意外な結果。


今調べたら、ミヨシ石鹸で個人情報流出があったみたいで今年の3月に通販サイトが閉鎖されてしまったみたい。残念。
こちらが合う人はドラッグストアが一番手に入れやすいかも。










【2】シャンプー探し

現在はiHerbで買ったオーガニックシャンプーやコンディショナー以外にアルガンオイルも使ってる。
ありがたいことにシャンプーとコンディショナーは安くて済んでいるし、フケが出ないけど何せゴワゴワする
毛先が傷んでいることもあって絡まりやすいので困ってる。



自分には何が合ってるんだ〜?!!
迷子迷子。

現在洗顔、ボディソープとして使ってる「アレッポの石鹸」は髪の毛も使える。
けど、髪の毛キッシキシのゴッワゴワで櫛も通らなくなって厳しすぎた。

石けんはいいという声もあれば、ゴワゴワのままで無理という声もあるように自分も挫折w
髪の状態が良くなるまでに半年くらいかかるのかな〜?もう少し耐えればよかった?

「シャボン玉石けん」の泡シャンプー、液体リンスを買ってみたのでマシになればいいなと。
ぼちぼち様子を見ながら使っていく予定




話がまぜこぜだー
寝る準備しよう

そろそろ

 




あまりの放置され具合に様々な思いを巡らせる〜。安定の悲劇のヒロイン〜☆






あまり綺麗な話がない。
基本的にきたない話おっぴろげ注意…



今回は
1.勢いで外食した話
2.手に届かないケーキの話
3.放置されすぎ問題の話
   の3つ。長い。








【1】
9月半ば、彼から電話で突然の外食のお誘いがきた!!!

仕事の都合で私の家の近くまで来ていたそう
(これはすでに書いたかもしれない。記憶力の低下が著しい。)


彼「時間がないから、今すぐ行ける?」
私「珍しく化粧してる!いけるーっ」
彼「化粧してなくてもいいんだよ」
私「ほほーい」

(外出時に想像する自分の姿とお店のガラスなんかに反射する自分の現実の姿のギャップにキレそうになる。
そんな顔を人様に晒すわけにはいかない、という気持ちと若干の強迫観念?的なもので化粧や身だしなみを異様に気にする。人が気にする条件と自分が気にしすぎる条件にもズレがあるみたいなので治したいところ)




1時間弱という短い時間ではあったけど、会えたのが2週間ぶりとかだったから話せてよかった。

田舎なのでちょうど準備中であいているお店が少なく、駆け込んだお店が外食あるあるの色んな添加物の味が苦しくてあまり進まなかった…。
結局、添加物は一切気にしない、気にならないお腹の減った彼に食べてもらった。

自分に体力や調理力があれば近所に化学調味料を使わないご飯とか、有機農法の野菜やお菓子を出せるお店を出したりしたいよなと思う











外食から約10日後、
4週間ぶりくらいに彼の家にお泊まり。



【2】
彼の誕生日プレゼントがちょうど泊まりの日に届いて楽しくわいのわいの、手紙も渡してわいのわいの。

7月にあった8年記念日に約束していた美味しいケーキ屋さんのケーキも、今回の誕生日も一緒に食べたかった分もまだなので随分と先延ばしになっている。
そのケーキ屋さんは彼に連れて行ってもらわなきゃいけなくて、自分の足で簡単にいけないのが辛い。泣

家まで配達はないだろうし、あったとしても会える日が直前まで決まらないので難しい。


私「もう我慢できない!
まとめてホールケーキ2個買うしかない」
彼「無駄に大きくても食べれないでしょうが!」
私「いや食べる。チョコレートケーキならいくらでも食べられるわ!」
彼「また今度ね」


いつになることか…!!!!食べたいっっ
この流れだと半年分のイベントケーキを一度に食べることになりそう。血糖値。












【3】
連絡してもスルーされすぎ問題について。

寝る前に布団で腕枕をされながら話をしたら号泣、涙がダラダラと流れて彼の首元大惨事。

よしよし、と強く抱きしめられた結果、なんとか耐えていた鼻水までつけることになって謝りながら拭くことに。

私「あのね、」
彼「なに?」
私「涙だけやなくてな、
鼻水も…ついた!まじでごめんww」
彼「ひえーwww
しゃあない、いつものことやー」
私「ごめんね、話聞いてくれてありがとう」




いつもだけど
「もさちゃんのものなら汚くない
全部愛せる!!全然大丈夫だよ〜」
とか言って怒らないの強すぎる。

寛容なのか、変態なのか、
どうでもいいのか?


自分なら「つけたなーー!!うわーっ」とギャーギャー言いながら彼になすりつけ返したり速攻で洗いに行くという狭い心しかないから
すごいな〜…という変な尊敬。






彼「前に"トークは全部無視してくれていいからね"って言われたから、通知画面できたことを確認するだけで(何も返さなくていいんだな!)と思ってたよ〜」
私「あなたが忙しいから一方的に送ることが多い。けど、見るだけはしてほしいと確かに言ったよ。
けど、"返事を一切しなくていい"なんてひとっ言も言ってないからね!?」
彼「えーそうなのー?」
私「都合の良い解釈しおったな」
彼「ふふー
放置してごめんね」
私「うむ」





いや、こう思い返したら「返事しなくていい」と言ってるように聞こえなくもないか…

日本語難しい…




それからは返事がまた来るようになって、
「今ジムだよー」とか
できる範囲であっちから送って…くれる…

奇跡か…嬉しい…!!!って舞い上がってる。
それだけで気持ちが安定する依存しい


今打ち込んでいて要求が多すぎなのかな、と思ったけどね、相手が送ることに苦痛でないのならそうしてもらえばいいや!という。



それでも浮かれすぎずに生きてこう、と考えているところ。
prev next