足音消える







忙しいのが当たり前でそれが平気な体力
人に構ってる暇はないと疲れたらすぐに寝る

「別にトークに写真や動画を送ってもいいけどそれは忙しくて見ない」
良いっていう割に見てないんかい。
「既読表示だけがあっても可哀想かなと思って見てない」

何様だ。
それなら送るなと言われたほうがまだいいのかもしれない。入力してて少し腹が立つ


「見てくれるかも」「聞いてくれるかも」
期待するところに嬉しくなって飛びついてきたけど、一方通行が続くと幸せな感情がわかない。
交換日記してるのにまるで一方通行みたいな感じ







忙しくなるよ、と言われて
それが自分にはまったく想像できなくて、そうなんだと返事をしてから久しい
「忙しいが100%なら今はいくつ」と聞けば
「今は50%、普通」と答えた


え?
50%でこの扱いなら、70%や80%
100%になったら私はただの塵みたいな存在で気づかれもしないんじゃないかと思った。



良いとか悪いとかそういう話でなく、
この先に交わることなんてない気がする

根本的に違うのか、それともみんなそれが当たり前なのか

放置というか、
関わりを放棄してない?


少しばかり距離があるから会いに来れないのはわかる。忙しいから。

ただ、トークの既読もしない
返事もしない
電話もしない


私が出向けば、相手にするけど自分から声をかけなければ自然消滅レベルなのでは?



一緒ってなんだ
結婚ってなんだ


自分の状況が改善して少しばかりの収入の見込みができても、安定したとしても根本は同じなわけで
全然前が見えない



おかしいのかな。

メモ 体調



2週間前くらいの、布団から出られないだるさから解放されたという点では体調が良くなってきている。

それでもお皿洗いをする余裕はなかったり、洗濯物もまちまちで掃除機もかけられないままだったり。

めちゃくちゃ悪くはないけど、良くもないといった感じ。



尊敬





母が「本当は家を建てるときに天井に物干し竿を吊るして洗濯物を干せるようにしたかった」と言っていて
家を建てたのは随分前の話だけど「こうしたい」という想いが叶わないと心残りになるよなーと思って。

それを昼ごはん中に父に話したら、、ホームセンターで買い物、夕方には電動器具を使って完成させていた。

やると決めたらフットワークが軽い、器用な父はすごい

仕組みを理解するのにかなりの時間を要するようなこともサッと頭の中で処理して設計図も作らずに実物を完成させられる。



要望を実現する優しさが嬉しい
元気でいてほしい。

タイトルなし




昼ごはん食べたあとからさっきまで頭痛だった。夕方に2時間くらい、何度も目が覚めては強い眠気で寝落ちを繰り返し。

カプセルだから開けて量減らしたら副作用出ないかな…




彼と先週の日曜日に会って、今週の金曜日ぶり(話したのは5〜6分)に顔見たけど、もうちょっと顔見せてと言ったら「疲れてるだけなのに、何でそんなにめんどくさいのー?」と言われた。


会いたいけどそんなすぐ行くことにならないし、忙しいけどその中で少しでも顔見て話したい、そんなに考えちゃ悪いかよ

自分が家にいすぎるから依存になるんだと思って間違ってない。と自覚あるから強く言えない。ただモヤモヤ



「忙しくてあなたの面倒は見れないから」はよく聞くセリフで、
面倒ってなんだろう
世話ってなんだろう
自分は一体何してるんだろうと思う

実は全部思い込みで違うとか?

自分が好きなことやって頑張れた時は彼に依存しにくくて、いい意味で存在があろうがなかろうがどうでもいいと思えた

でもそれって一時の幸せで戻れる気配がない

前向きとか、がんばろうとか
歩いてる途中に置いてきてしまったみたい

そんな状態の自分と何年も別れないだけ彼はすごいのか?

生きるだけでしんどいのに
外へ出て何かするという動きがしんどい
すべてが重労働に感じる

分からない







頭痛でヨガやエクササイズ?を中断したから夜に後半をやろうと思ってたのに、ズルズルしてしまった。
体が柔らかくなって、できるポーズを増やすのが理想だからマイペースにやろうかなと思ってやってる。
地味に楽しい
少しずつ、少しずつ

手袋やカレーの話




昨日今日寒すぎるるる
動けない時間が多くてここ数年で一番のしもやけ!寒がりとか誰得なんだ、甲状腺そろそろ正常に戻って〜



手袋の話。

彼の家へ行くまえに店へ寄り手袋を買う。
5年は使ったモッフモフあったか紳士手袋(デザイン性皆無)、
2年ほど前から荒れた押し入れの中で片方を紛失、見つけたころには置いていたはずの片方がなくなるを何度も繰り返して未だに揃ってない

今年は特に寒い日が多くて通院やちょっとした移動に素手は寒すぎるってことで購入に至る。


彼よりあるんちゃうかってくらい手と指に厚みがあるもんだから細身でシュッとした街中歩いてもカッコつくような手袋は入らない。
本当はどんな場面でも恥ずかしくない手袋を選ぶのが理想的なんだけど、しっくりくるものがずっとなかった。

最終的に選んだのは数ある手袋で唯一指が入ってしっかり曲げ伸ばしができる手袋。

服を選ぶ質感と茶色だから、今年の冬こそはお気に入り見つけられたらいいなぁ






購入したあとはダウンする前に急いで彼の家へ。
ほぼ1週間はFaceTimeで顔を見てなかったしチャットもしてなかったから一緒にいられる時間を堪能しておいた


きな粉餅食べようとしたら醤油を忘れてて
砂糖入りきな粉でしのぐ
水分が残っていれば意外といける!



彼の家で何も作らなくていいように「豚肉ひよこ豆の有機スパイスカレー」を作って持ってきた。
はじめてひよこ豆を使ったけど、しっかり茹で切らないとグリーンピースと同じようなカシカシ食感。
それでも「何だこれめっちゃ美味しい…」って何度も言いながら食べるくらいカレーが美味しかった(スパイスすごい)

一種類ずつ入ったスパイスを揃えて自分で調合したものを食べられるようになるのが理想





久々だしこれから先2週間は確実に忙しいからお風呂は一緒に入ろうと思ったけどここで気力がないタイムの始まり

1時間動けず

・お風呂掃除
・ベッドメイク
・皿洗い

を彼に全部を託す


嫌な顔一つせずやってくれた
ありがたや……

これが続けば放り出されそうだから健康って大事




家に帰るにしても

顔を洗う気力…
prev next