死ぬときは何も持っていけない

めっちゃ収集してる人を見て羨ましいけどどうせ死ぬのに物いらんわ、と一時考えていた。でも、どうせ死ぬんだから生きてる間は好きなものを手元に置きたいという考えもあるわな、と最近思う。

下半身、なくていいじゃん

みんなハメてると思うと

長年ハメてない自分

人間失格

もしくは

宇宙人だよね〜

…もうどうでもいい

今夜

ホワイト・アルバム

全部聴けそうかも(((((゜゜;)

おかしいな

眠る要素はそろってるんすがね…


昨夜は夢で明石家さんまが延々と

好きでもないのになあ

死んだりしないでね〜

チャイルディッシュ殺戮

ケロヨンのCD聴いてる

寝れるのか?


可愛いもの

幼児的なものが好きな反面


皆殺しだという考えもある

これは昔から

すべて過ぎ去っていった

もはや燃えカス

まあ燃えただけよしとする

悪い燃えかたもしたけどね

若干サイケデリックな

音楽を聴いていると

あの地下のバー

教えてくれた人

思い出す

今はどこでどうしているのかなあ

もう二度と会うことはないだろう

あの夜は幻、否

でも25年もたてば

ほとんどのことが幻

ああよくあれから

あれからずっと生きてきたなあ

モッズコートにくるまって寝た日もあった

不適切な関係だったんだろう

たぶん今は幸せだと思う

いやあのときも幸せだったんだろうけどね

二人ともちょっとさびしかっただけだよ

ありがちな…

そうありがちなお話
前の記事へ 次の記事へ